ピンク×グレーのインテリアコーディネート!大人っぽいorガーリーな部屋の実例24選

スポンサーリンク

ピンク色が大好きという人が結構いるのではないでしょうか?
しかし、ピンク色は好きだけど、インテリアのコーディネートとなると派手になりすぎたり上手くまとまらなかったりしますよね。

今回は大人っぽい部屋からガーリーな部屋まで、様々なピンク色の部屋のコーディネートの実例を紹介します。

ピンク色は差し色をグレーにすると大人女子風に変化する!

pink-interior_001
出典:trendenser.se

 

 

ピンクはピンクでも少し甘すぎる…と言う方へおすすめです。
グレーと掛け合わせることで、ピンクの可愛らしさにスタイリッシュな都会感をプラスできます。

ピンク色が目立つお部屋ですが、実はメインの色は灰色が多くなっています。
派手さを抑えるにはピンクの部分を少しにしたほうが大人っぽい部屋になって落ち着ける雰囲気になりますね。

pink-interior_009
出典:www.shewandersshefinds.com

 

 

こちらもピンク✕グレーの配色でまとめたコーディネートです。
こちらの写真のほうがピンクの分量が多い気もしますが、差し色程度で、全体の分量からみると実はグレーの色のほうが多くなっています。

pink-interior_010
出典:www.digsdigs.com

 

 

 

ベッドカバーをピンク✕グレーにしたコーディネートですが、ピンクの分量が多くても淡い色を使っているので、くどい感じが無いですね。

pink-interior_011
出典:www.thedecorista.com

 

 

こちらのインテリアはほぼ灰色がメインカラーの部屋になっています。
ラグマットがピンク色なだけでモノクロな印象の部屋に温かみが出るのがピンクのすごいところですよね。
グレーと白を大量に使用し、ピンクを少量取り入れ、黒はスパイス程度な分量にすると引き締まる感じがしますね。

スポンサーリンク
pink-interior_012
出典:www.flipandstyle.com

 

 

こちらのインテリアもクッションにピンクを取り入れただけの部屋ですが柔らかい雰囲気になっていますね。

 

pink-interior_006
出典:laurenconrad.com

 

 

可愛らしいピンクは印象を柔らかくすることができるので、部屋に凹凸がある場合は、一部分の壁にピンクをつかうことで重圧感がなくなります。
部屋のワンポイントとしても丁度良いですね。

 

pink-interior_013
出典:www.apartmenttherapy.com

 

 

 

こちらはソファーにピンク色を取り入れていますね。
ランプやテーブルを無機質感のある素材にしていて可愛い雰囲気の中に大人っぽさが混じってバランスの良いインテリアになっています。
ポイントに花瓶の花がピンク色であるのも効果的です。

pink-interior_014
出典:www.stylemepretty.com

 

 

こちらはカーテンにピンクを取り入れたインテリアです。
白色を多く取り入れて、さわやかな雰囲気になっていますね。

テーブルの花のピンク色でバランスをとっている気がするので、花の代わりにピンク色の小物をテーブルに置いても雰囲気がまとまりそうです。

スポンサーリンク

薄ピンクでガーリーな部屋にするポイントは?

pink-interior_019
出典:irisandcompany.net

 

 

沢山の部分にピンクを使うならものすごく淡いピンクを使えば派手になりすぎずかわいい雰囲気になります。
金の鏡を取り入れていますが、ワンポイントとして少量の金色を取り入れているので派手にならず、ゴージャスな感じになっていますね。

 

pink-interior_018
出典:blog.styleestate.com

 

 

白とピンクで可愛らしくまとめられた部屋です。
可愛くなっているポイントとして、家具が女性らしいロココ調やエレガントなデザインの物を取り入れていることが挙げられます。

 

pink-interior_020
出典:projectnursery.com

 

 

部屋自体は濃いブラウンの床にグレーの壁、白の家具、カーテンでまとめられていますが、小物にピンクを取り入れているインテリアです。
ピンクに挑戦するのが不安な人は、小物から取り入れるのも良さそうです。

 

pink-interior_015
出典:www.interiorsbycolor.com

 

 

少し濃い目のピンクですが、ベッドの上のファーがふんわりと優しい雰囲気になっていますね。
サテン生地のクッションもガーリーな感じになるので、素材感を大事にしてインテリアに取り入れるのも良さそうです。

スポンサーリンク
pink-interior_016
出典:casavogue.globo.com

 

 

 

天井や壁がエメラルドグリーン色になっていて、ポップな雰囲気のインテリアです。
カラフルになりすぎず明るい感じにするには2色までを限度に広い面積に使うのも良さそうです。

pink-interior_017
出典:www.bloglovin.com

 

 

 

白を基調にして、ラグやベッドヘットにピンクを取り入れています。
フリルの付いた枕カバーを取り入れるだけで女性らしい部屋の雰囲気に変わりますね。
フリルを入れる量を調節することで、可愛くなり過ぎない部屋になります。

 

pink-interior_021
出典:www.instagram.com

 

 

 

グレー、白、金のベッドでまとめていますが、子供部屋っぽくなるポイントは、星やぬいぐるみなどの可愛い雑貨を取り入れているからです。
子供部屋でも少し大人びた雰囲気になりますよね。

 

pink-interior_022
出典:eslamoda.com

 

 

 

お嬢様っぽい雰囲気のインテリアにしたいのなら、フリルやシャンデリアを取り入れると雰囲気がまとまります。
この場合も薄いピンクを使うと上品なイメージになります。

スポンサーリンク

黒✕ピンクインテリアでちょっぴり辛口なスタイル

pink-interior_023
出典:www.bloglovin.com

 

 

 

ピンクを使いたくてもテレビや家具が黒色だということがありますよね。
それでも色の分量に気をつければ、フェミニンな雰囲気の部屋にすることが出来ます。
黒を控えめに使うことで、ちょっぴり辛口の甘すぎないインテリアにすることが可能です。

 

pink-interior_024
出典:www.bloglovin.com

 

 

 

シンプルなモノクロの中にピンク色のクッションとソファーが映えるインテリアです。
ピンク色は目立つ色なので、モノクロの部屋の中に1ヶ所ピンクの家具を加えるだけでちょうどよいバランスになりますね。

 

pink-interior_025
出典:www.vogue.com.au/

 

 

 

手前の部屋がピンクの壁、奥の部屋がモノクロの部屋になっていて、全体で見た時にピンクと黒が混ざるような光景になっています。
部屋ごとに色を変えてコーディネートしてあると思うのですが、両方の部屋が見えた時もおしゃれになっていますね。

 

pink-interior_026
出典:www.allthingsbigandsmallblog.com

 

床が黒色ですが、壁がピンク色なので可愛らしいスタイルに仕上がっていますね。
小物類を白にして、こだわった雑貨にすることで大人っぽいインテリアになっています。

スポンサーリンク
pink-interior_027
出典:www.seikatsuzacca.com

 

 

 

ベッドカバーをピンクと黒の可愛らしい物に変えただけで部屋の印象がぐっとフェミニンなイメージになりますよね。
部屋がシンプルすぎるときはベッドカバーなど広い部分を変えるだけで部屋の印象がかなり変わります。

pink-interior_028
出典:www.decorfacil.com/

 

 

 

壁紙を部分的に変えることでぐっと大人可愛いインテリアになっています。
最近流行りの黒板塗料で壁を塗ってみるのも良さそうです。

参考リンク:100均でも買える黒板塗料DIY!塗り方やインテリアの実例13例

 

pink-interior_029
出典:smilerforstyler.blogspot.jp

 

 

ピンクのインテリアの中に黒のラインが入るだけで少し大人っぽいインテリアになっています。
可愛らしいだけでは物足りない時に小物に黒を入れることで子供っぽいイメージを変えることが出来ます。

pink-interior_030
出典:daniellefigueiredo.com.br

 

 

 

家具やクッションなどかなりこだわって組み合わせてあるインテリアです。
一つ一つの雑貨や家具が個性的ですが、色のバランスや分量を考えて丁度いいスタイルに仕上がっていますね。

まとめ

いかがだったでしょうか?
ピンクの部屋のインテリアと言っても、ピンクの分量や差し色の違いで、大人っぽくなったり子供っぽい雰囲気に変えることが出来ます。

ゴージャスな感じにしたいときは家具をロココ調やエレガントな物を使用するとお好みのスタイルになりそうです。

家具と色のバランスを調節してピンクの部屋のインテリアに挑戦してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク