出典:http://www.qumania.com/

赤は色として元気をもらう色ですよね。赤を部屋に上手に使ったコーディネート例をまとめてみました。
また、赤による風水の意味や心理的効果をまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてほしいと思います。

〈 目次 〉

  1. 赤の風水としての意味合いや心理的効果は?
  2. 赤を多用するならばエスニックな雰囲気やスタイリッシュに演出するのがおすすめ
スポンサードリンク

赤の風水としての意味合いや心理的効果は?

赤は風水では「火の気」を象徴する色で結構強い色彩です。方角は南に使うのが良く、魅力や人気運を高めたい場合は南に赤いものを取り入れるといいようです。

強い色ですので、ワンポイントで赤を使うのもおすすめです。心理的にはやる気を起こさせる、パワーの源になる色と言われています。

部屋のドアや時計に赤を使うのもおすすめ

女性で、Otherのインダストリアル/インダストリアルインテリア/時計/赤のドア/赤…などについてのインテリア実例を紹介。

出典:https://roomclip.jp

ブラウンやダークブラウンをメインにした部屋に赤いドアを設置すると素敵です。海外のような明るい雰囲気の部屋にしてくれますよね。

壁に飾られた赤の時計もアクセントになっていて存在感をアピールしています。赤い時計を見つけるのはいいアイデアですよね。


出典:http://pin.it/lFMK0jB

モロッコ調のお部屋です。
ベッドカバーやクッション、カーテンをレッドで統一し、ほかの家具をアイアン製のもので揃えています。
銅のアイテムとも相性バツグンです。あたたかみがあり、エキゾチックな雰囲気になっていますね。


出典:http://pin.it/qCKRdVY

ブルーとレッドの組み合わせの一例です。
ブルーを基調としたアラベスク柄の壁紙に、レッドのソファを主役にしています。
エキゾチックな雰囲気ながらも、ブルーとホワイトの組み合わせのおかげでややモダンでさわやかな印象になっています。


出典:http://photonet.info

臙脂色の壁紙の寝室です。
カーテンは臙脂色になっていて、ほかの色合いをバーミリオン(朱色)に統一しています。
ウッド調の家具と相まってあたたかみのあるモダンなお部屋になっています。
間接照明が印象的に枕元を照らしているのも素敵です。

スポンサードリンク


出典:http://www.qumania.com/

赤を基調とし、他を白で統一したダイニングは、クリスマスパーティーの時に参考になりそうです。
赤の壁紙に、星型のモチーフを天井から吊り下げて、わくわくする大人っぽいパーティールームの完成です。
食器やナプキンも赤で揃えると統一感が出ますね。

デザイン性の高い赤の照明が素敵

女性で、Otherのフロアランプ/油画/アート作品/キリム/アート/犬…などについてのインテリア実例を紹介。

出典:https://roomclip.jp

こちらも照明に赤のデザイン性の高い照明を取り入れています。ダークブラウンで重厚な部屋に赤の照明がアクセントになっていてとてもおしゃれです。ヴィンテージ感のある部屋に赤を取り入れるのは素敵ですね。

赤いじゅうたんやチェアをアクセントに

女性で、2LDKのかっこいい/おしゃれ/デザイン/インテリア/ファブリック/ラグ…などについてのインテリア実例を紹介。

出典:https://roomclip.jp

こちらは、じゅうたんにワインレッドの色の物を敷き、ダイニングテーブルにも赤のチェアをセットしています。アクセント的に赤のチェアを置くのはおしゃれでいいですね。

赤のチェアなどを一つ置くだけでとても印象的な部屋になります。

北欧風の部屋に優しくて温かな色合いの赤のソファを

女性で、の赤/北欧/Moomin/アクセントクロス/赤いソファー/リビング…などについてのインテリア実例を紹介。

出典:https://roomclip.jp

北欧風の部屋にもこんな赤のソファならば優しくて温かい雰囲気になり合います。白を基調に明るいイエロー系と赤の色合いが北欧の雰囲気を作り上げている素敵な部屋ですよね。

≪赤を多用するならばエスニックな雰囲気やスタイリッシュに演出するのがおすすめ≫は次ページへ