赤ちゃんのサークル(ベビーサークル)センスありで使えるおすすめ商品6選

スポンサーリンク

日々成長する赤ちゃん、少しつかまり立ちを始めると、赤ちゃんサークルを買った方がいいんじゃないか?と思うようになりますよね。
結論から言うと、ベビーサークルは買った方が良いです。

私の体験からその理由をまとめてみましたので良ければ参考にしてみて下さいね。

赤ちゃんサークル(ベビーサークル)は必要?いつから使う?

赤ちゃんを育ててみて思ったのが、「本当に育児って大変!」っていうことでした。
とにかく寝たい、食べたい、自由が欲しい!(もちろんすごく可愛いんですがσ(^_^;))という感じで、部屋のインテリアはもちろん、掃除も十分にできないこともありました。
そんな時期こそベビーサークルは本当に必需品でした。

部屋が余計散らかるのを防ぐ


出典:http://roomclip.jp

赤ちゃんがつかまり立ちをはじめると、いろいろなものに興味が出てきていろいろ手に取ったり、口の中に入れてみたりし始めます。ベビーサークルがあれば、赤ちゃんがいろんな場所を触って部屋を散らかすことが減り、口の中にものを入れてしまうといった誤飲を防ぐことができます。

掃除の手間が省けるのは本当に大事です。親のストレス軽減と子供にとって安全な環境を確保できます。

スポンサーリンク

いつぐらいから使うといい?

赤ちゃんの発育は人それぞれ違うので何ヶ月までに買うと良いとは断言できないんですか、はいはいが始まった頃やつかまり立ちを始めた頃から使うといいと思います。
我が家はサークルを早めに買ったおかげか、つかまり立ちの練習になり、かなり役に立った気がします。

買うのもったいない…diyや代用はできる?

赤ちゃんがすでにつかまり立ちを初めてベビーサークルが無いと困る!という時期に、一時的にやっていたのが、カラーボックスを横置きにして部屋を仕切るという方法です。
ベビーサークルがなくて家事がはかどらない時の一時しのぎとして使っていました。ただこれから成長していくとよじ登ったり押したりし始めるので一時しのぎだと考えておいた方が良いと思います。


出典:http://roomclip.jp/

一時しのぎであれば、ビニールプールを使うのもいい手ですよね!
少し大きくなると簡単に乗り越えることが出来るので、完全に柵として使えるわけではないですが、ボールプールにしたりして遊ばせるのも楽しそうです。

はじめはベビーサークルっておくのが嫌だったんですよねσ(^_^;)
部屋がどんどんダサくなる…っていう感じで、、

部屋にあったものがみつからなくてDIYしたいとも考えましたが、作るのも大変だし安全性を考えた結果、やっぱりちゃんとしたものを買うのがベストだと思いました。※現在ではお気に入りのサークルが見つかりました。

赤ちゃんサークルのレンタルを考える方もいらっしゃるかと思いますが、うちの場合はつかまり立ちを始めてから一年以上必要でした。※現在1歳7ヶ月ですが、ないと生活が成り立ちません。意外と長く使うものなのでレンタルよりちゃんとしたものを買った方が結果的に良かったと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんサークル(ベビーサークル)おすすめ6選

せっかく可愛い写真を撮ってSNSやネットで公開しようと思ったのに写りこんでしまう部屋の背景が残念!というのは悲しいですよね。
長く使うものになるので、出来れば部屋のインテリアにあったものにしたいものです。そこで厳選してベビーサークルを選んでみました。

私が買ったベビーサークル

この赤ちゃんサークルは本当に使い勝手が良いです!

赤ちゃんサークルは小さめのものよりも大きいものを買った方が良いです。
なぜなら少し成長するとサークルから抜け出したがってサークルから身を乗り出して泣き叫び、結局サークルの外で遊んでいる…という事になってしまうからです。

赤ちゃんをサークルの中で遊ばせるというより、触ってほしくないテレビやパソコン・暖房器具・ゴミ箱などを囲っておくほうが私の場合は良かったです。
たとえば、こんな感じです。

出典:roomclip

こちらのサークルは形が自由に変えられるんです。
ゆっくりご飯を食べたい時は、私がこのサークルの中に入って食べていました(笑)
あと、これを選んだ一番の理由ですが、シンプルな白のサークルがほしかったんですよね。
長く使うものなので、子供っぽいものではなく部屋に馴染むようなシンプルなものが個人的には気にいっています。

こちらも形が変えられるという点でオススメです。

このベビーサークルは折りたたみもできます!私的には白や茶色のサークルがあればなぁと思ったりしますが、折りたたみしたい方にはこちらが良さそうです。
こちらも自由に形が変えられるようです。


出典:https://item.rakuten.co.jp/

こちらは自立する木製のパーティションです。

間仕切りとして使えるので、部屋によってはこういうタイプを選んだほうが使い勝手がいい場合もあります。
ちょっとお値段が高いのが気になるところですが…^^:

スポンサーリンク
可愛らしいデザインのベビーサークルでおすすめなのが、こちらです

こちらは可愛らしいデザインだけでなく、パネルを組み合わせて自由に形を変えられるところが良いですね!


出典:https://item.rakuten.co.jp

このベビーサークルは今まで紹介した中でも1番自由に形が変えられるのではないでしょうか?
成長に合わせてサークルのサイズを変えたり出来るのはなかなか使い勝手が良さそうです。

こちらは、ベッドマットにもなり、赤ちゃんサークルにもなるという優れものです。

こちらも似たような機能ですがデザインが違います。

大きくなって歩けるようになった頃にサークルとして使うのは難しいかもしれませんが、マットは大きくなってもずっと使えるので良いですよね!

私も一番上で紹介したこのサークルと別にこのサイズピッタリのマットを購入していますが、これも買ってよかったものの1つです。

部屋によってはジョイントマットのほうが使い勝手がいい方もいらっしゃると思いますが、掃除したりする時に簡単に動かせたりするところがすごく良かったです。
はいはいの時から、今現在の1歳半までかなり役に立ちましたし、まだまだこれからもお世話になると思います。

※↑現在売り切れ中みたいです!現在3歳になる娘もまだまだ現役で使っています。
最近いいなと思うのが、こちらの折り畳めるマット!
白一色のマットもあります。

なにより値段の安さも大事でした^^10,000円以内はベビーサークルではお手頃価格だと思います。

ベビーサークルを選ぶポイントとは?

意外と長く使うものなので、成長に合わせてサイズを変更できるものがおすすめです!
インテリア好きにの私にとっては子供っぽいカラフルなものよりもインテリアに合った白や茶色、黒などのシンプルなものがもっと増えてほしいなと思います。

スポンサーリンク