ディアウォールで本棚やテレビ、キッチンが激変!DIYで失敗しないために大切なこととは?




スポンサードリンク

dirwarl_05

出典:https://roomclip.jp/

「ディアウォール」というのを知っていますか?
簡単に壁に棚を自分で作ってしまう方法です。
「ディアウォール」のセットが売ってあり、これに2×4材の木を2本買ってくれば上下のパットで抑えて柱が簡単にできます。

考え方は突っ張り棒の考え方です。
そこに渡す棚の棚受けも付いていて1.000円程度で買えます。
これなら賃貸でも壁に傷を付けず棚が好きな所にDIYでき、マンションの固い壁にも棚が作れます。

〈 目次 〉

  1. ディアウォールをDIYする際に失敗しないために注意する点とは
  2. 本棚・テレビ・キッチンでの素敵なDIY実例
スポンサードリンク

ディアウォールをDIYする際に失敗しないために注意する点とは

どこにでも柱が作れて棚が作れるのが「ディアウォール」のいい点です。しかも安くて簡単にできます。多くの人達がこれを活用してDIYしていますが、工夫したことや失敗したことから注意点を最初にご紹介します。

女性で、3LDK、家族住まいの賃貸でも諦めない!/賃貸DIY/テレビ/フォトフレーム/100均/IKEA…などについてのインテリア実例を紹介。

出典:https://roomclip.jp

注意点

2×4材の角材を買う際の長さの採寸を慎重にすること(天井までの高さが高いために垂直にきちんと測ること)

・そこから40mmを引いた長さの角材を購入する(パッドに入れるので長さを控えること)

・天井までにディアウォールを付けた角材を押し込むときに天井の壁を傷つけないように押し込むこと

・木材カットもできればホームセンターなどの木材カットサービスできちんとまっすぐに切ること

・ディアウォールを立てる床はしっかりしたものであること(クッションフロアなどであまりしっかりした床でない場合は注意する)

このような注意点が挙げられます。つまり、角材の長さがぴったりでしっかりはまっていて床から支えられているかどうかが大事で、状態が悪いと数か月で柱が倒れるということもおきますので注意です。

まずは柱だけ立てた状態でしっかりしているか確認してみましょう。

≪実例が凄い!本棚・テレビ・キッチンでのディアウォール≫は次ページへ




スポンサードリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です