子供服収納はグッズ使い×年齢別で変えよう!収納上手な実例アイデアまとめ


ニトリのカラーボックス(カラボ)を使った子供服の収納例

子ども服ってたくさん増えてきて片付けるのが大変。

  • いつも汚して帰ってくるし…
  • 大きくなると着れなくなるし…
  • 収納場所もないし…

 

そう!子ども服は「子どもの急成長=服の種類も数も早いペースで変わる」んですよね。

部屋をスッキリさせたいなら、子どもの成長に合わせて収納スペースを変える必要があります。

そこで私がイチオシでおすすめしたいのが「ニトリのカラーボックス カラボ」!!

 

子どもの成長に合わせて使いやすいようにカスタマイズできるので便利なんですよー。

 

今回は、年齢に合わせた収納グッズの使い方やアイデアの実例を紹介します。

 


0歳の新生児期~ねんね期の子ども服収納のコツ

赤ちゃんや0才のねんね期は、夜もほとんど眠れないほどお世話で大変な時期!

とにかく、親の手の届きやすい場所に着替えやおむつが取れるようにしておきましょう。

特に紙おむつは1日何回も交換する必要がありますよね。

おむつのストックは、小さな箱ではなく、大きめの箱に入れて、補充する手間を省きましょう。

 

このカラーボックスの画像でいうと、一番下の収納箱ぐらいの大きさだと大量におむつが入るのでおすすめです。

こんな感じにキャスターを付けて収納するのもいいですね。

 

体力的にもハードなこの時期は、とにかく自分の負担を軽くすることがベストです。

また、肌着類は、ひと目で分かるよう、肌着、おむつ、タイツ…などと、区切って収納するのがおすすめです。

クリップでどんなアイテムが入っているか止めておくアイデアはいいですね!

 

旦那さんや家族にも、どこにあるかが一目で分かるのがいいです。

こちらは、かけるハンガー収納で区切って見やすくした例ですね。

 

クリアファイルを切り抜いて仕切りにしているようです。

洗濯後、服をたたまずそのまましまうことができるので楽ですね!

可愛いお洋服なら壁に掛ける収納にしてもおしゃれです。

 

すぐにサイズアウトしてしまう赤ちゃんの服は、サイズと種類別に押し入れにしまっておきましょう。

 

そのまま廃品回収に持っていったり、人にあげる時にもそのまま渡せます。

 

100均ダイソーの仕切り収納ケースはおすすめ!

子供服収納におすすめな100均の仕切り収納ケース

小さくて、しまいにくい赤ちゃんの肌着はたたんでも崩れてバラバラになりやすいです。

それを解消するのにオススメなのが、100円ショップでも買える仕切り収納ケースです。

仕切り収納ケースを選ぶポイントとしては、

 

  • 仕切りや布が動くものではなくプラスチック製!
  • 積み重ねできるもののほうが服が増えても使いやすい!

 

こういった仕切り収納ケースは、買っておくべきかなと思います。

 

100均ダイソーの仕切り収納ケースは積み重ねもできる

上段は半袖の肌着、下段は長袖の肌着などと分けておくと探しやすいです。

衣替えも上下を入れ替えたり、ケースごと他の場所に移動させるだけ。

 

ダイソー仕切り収納ケースはカラーボックスのサイズにピッタリ

ダイソーの仕切り収納ケースはカラーボックスのサイズにピッタリで使いやすいです。

仕切りが布じゃなくてプラスチック製という部分は結構重要ですよ!

服を詰め込んだりした場合、仕切りが動いて服がばらばらになる確率が高いです。

子どもがひとりでお着替えをする時期になったときにも、仕切りが動かないほうが子どもも収納しやすそうでした。

服がバラバラにならないように、こんなアイデアもおすすめです。

 

このファイルケースが赤ちゃんの服のサイズにピッタリです!

洗濯が終わった服は上に積み重ね、下から順番に服を取っていけば、しまいっぱなしの服がなくなりますね。

 

スポンサーリンク

0歳後半~はいはい期の子ども服収納のコツ

この時期になると、行動範囲が広がり好奇心が出てきます。

ティッシュを散らかしたり、たたんだ服をぐちゃぐちゃにしたりと部屋が急激に汚くなります。

なんとしても、ひっぱりだし→片付け→ひっぱりだし…のループを防ぎたい!!

子ども服は子どもの手が届かない場所や子どもが開けられない場所に収納することをおすすめします。

引き出しを開けられないようにするための、引き出しロックを購入するのもおすすめですが、ニトリのカラーボックス・カラボでも十分対応できます。

 

子どもが服を散らかし始める時期が来たら、カラーボックスを縦置きにします。

子どもの手が届かない高い位置に洋服を入れておくことで、服が散らかることがなくなりました。

そして、この時期の赤ちゃんは、なんでも口の中に入れます。

コップが入ったお茶なども平気で倒します。

そういった触ってほしくないものを一時的に緊急避難させる場所を確保できたのも良かったです。

結果的に高い場所を確保できたことで、子どもの誤飲を防ぐことにもなりました。

ニトリのカラーボックス「カラボ」の最大の特徴…

棚の位置をすきな位置に変えることが出来るというメリット!

 

カラボは収納以降も十分戦力になるアイテムです

追加板を買えば、机としても使えます。

棚の位置が調節できるメリットは他にもあります。

 

少し背の高いゴミ箱や生活用品も置けるんです。

このカスタム機能が、赤ちゃんの時期だけでなく、これからも子どものグッズ収納で大活躍なんです。

カラーボックスを買うのであればカラボのような棚の位置が移動できるカラーボックスをおすすめします。

ニトリのカラーボックス・カラボには扉が付けられるタイプのものもあります。

そのうち、扉も開けられてしまいますが、収納を隠したい場合は扉付きもおすすめです。

 

扉付きでなくても、DIYで扉をつけることもできます。

 

すごく開けて中を確認してみたくなるのは私だけでしょうか?

扉プラス、足もつけていて、とてもカラボには見えません。とても魅力的です。

 

2才後半~幼児期の子ども服収納のコツ

服を引っ張り出してぐちゃぐちゃにする時期が過ぎたら、「なんでも自分でやりたい!」といった時期がきます。

そういった時期に合わせて、今度は子どもの手に届く位置に子ども服を収納するのがおすすめです。

 

縦置きのカラーボックスなら下段の方に服を収納してみてください。

横置きにして使うのもおすすめです。

また、子どもが分かりやすいようにアイテム別に分けておくとよいですよ。

アイテムが入った箱には、分かりやすいようにラベルを付けておくのがベストです。

★12個セット★【送料無料】SQB-M【収納ケース】INBOX(インボックス) M squ+ スキュウプラス コンテナ キッチン おしゃれ おもちゃ収納 靴下 コスメ 化粧品 タオル 調味料 調味料入れ 小物入れ ランドリー 収納ボックス 収納ケース プラスチック

 

この時期に、100均で買った仕切りの動かない仕切り収納ケースが活躍します。

まだ、この時期は力の加減が調節しにくいので、動かない仕切りだと子どもが自分でやりやすいようです。

保育園や幼稚園に通っているのであれば、通園カバンなども一緒にまとめてあげると良いと思います。

 

スポンサーリンク

小学生低学年~高学年の子ども服収納のコツ

小学生になると、ランドセルを買ったり、子どもの雑貨や服が増えてきます。

しかし、お友達との約束や塾などに追われて、お片付けが適当になってしまいがちです。

そこでまずは、自分で管理する場所という意識を持ってもらいましょう。

この場所にはこれを片付ける、この場所にはランドセルを置くといった感じです。

一緒に置き場所を決めてあげると効果的ですよ。

 

まだ、小学生低学年だと、身支度は家族の共有スペースで行うことも多いと思います。

どの場所にお着替えコーナーがあったらスムーズかという、動線も考えてあげるとよいですね。

カラーボックスであれば、どんな部屋にも簡単に移動させることができます。

高学年になって収納が増えても、カラーボックスであれば、持っているものの分だけ収納を増やせます。

 

収納場所が足りなくなって、形も色もバラバラの家具になり、部屋がまとまらないといった悩みもなくなります。

中学生になっても、カラーボックスは自由度が高いので好きにカスタマイズする事ができます。

服ではなく、参考書や本棚として使うこともできますよね。

シンプルだけど高性能なカラーボックスは成長に合わせて長く使えます。

子どもや部屋に合わせて変化させることが出来るので、子ども部屋の収納はニトリのカラーボックスがイチオシです。

 

まとめ

子ども服の収納のコツは、成長に合わせて変化させることができるカラーボックスがベスト!

ニトリのカラボは棚の位置が移動できるから、複数個をつなげたり横にしたりカスタマイズできる!

成長に合わせて使い勝手を良くすることができるのでおすすめです。

また、服を散らかりにくくするための仕切りグッズも長期間使えるので、同じものを複数個まとめて買っておくことをおすすめします。