テレビを壁面収納するデメリットはある?DIYやオーダーのおすすめ実例集    


テレビは、テレビ台などを置くことでリビングの中でも結構スペースを取るものです。

テレビを壁面収納することでスペース的にも無駄がなくなり、またテレビ下や上を有効に使うことができるようになります。

また、壁面収納することでおしゃれになりますよね。照明などを工夫することもできます。

そんなテレビの壁面収納のおしゃれなオーダーやDIYの例をまとめました。デメリットも理解しながら挑戦してみませんか。

 


テレビの壁面収納をおしゃれにオーダーしたおすすめ実例は?

 

空間から自由になって壁に浮くテレビ台

テレビボードは、壁に取り付け、その下のテレビ台も浮いた構造となっているのがとてもおしゃれです。

部屋を広々と見せます。ウォールナットの4mの大きなテレビ台を設置しています。

壁に取り付ける飾り棚も金具が見えないように工夫して設定しているのですっきりとした空間を作っています。

浮いたテレビ台は空間の広がりを見せるおすすめの例です。このようにこだわってオーダーしてみるのもおすすめです。

 

間接照明にもこだわる壁面収納

造作テレビボードをオーダーして、壁面の間接照明にこだわってもるのもおしゃれです。

壁にテレビを取り付け、その下のテレビボードも宙に浮かせることで下に間接照明を付けています。

こんなテレビの壁面収納をおしゃれに演出する照明も素敵ですね。

 

木製スクリーンでテレビや壁面収納を全部隠す方法もオーダー可能

リビングのテレビ周りは生活感が出やすいためデメリットを感じる人も多いのではないでしょうか。

テレビを壁側に付け、壁面に収納の沢山取り付けていますが、それを木製のスクリーン状のもので覆うことで生活感が見えないようにしています。

こんなオーダーをすることでテレビを見たい時だけこのスクリーンをあければいいものになっています。

 

壁付けのテレビはインテリアの一部に、棚も自由に設置可能に

壁付けのテレビはインテリアの一部に、棚も自由に設置可能に

出典:https://folk-media.com

テレビを壁付けにすることでその下をどのように使おうと自由になります。

この例のように棚を付けてテーブルのように使うこともでき、収納を設置する場合も自由な形で設置できるようになります。

テレビがインテリアのように飾られている例ではないでしょうか。

 

テレビを壁面収納した場合のデメリットとは?DIYする方法は?

 

ディアウォールを使って自由な壁面収納!デメリットを克服?

ディアウォールでテレビ台をDIYしています。

ディアウォールでまず柱を立ててそこに棚を作ることであまり奥行きを取らずにテレビ台を設置することができます。

ディアウォールで柱を3本立てあえて左側のスペースは余裕の空間にし、自由な台に使っている例です。

上の棚にハンガーを掛けるようなスペースにも使えるようになっています。

どうしてもテレビの壁面収納と言うと、壁一面を覆ってしまいがちですが、こうした遊びの空間も大事ですよね。壁面をすっきり見せますし、自由な感じを演出できおすすめです。

テレビの壁面収納の場合は、デメリットとして、壁面一面を収納で覆ってしまう圧迫感やゴチャゴチャした感じが出てくることもあります。

また、テレビの大きさが変わることによって壁面収納に入りきれなかったりサイズ感が合わなくなることも生じます。

オーダーする場合でも自分でDIYする場合でもテレビのスペースは余裕を持って作ることが大事です。

 

スポンサーリンク

簡単組み立てでもデメリットになりがちな壁面固定の方法とは?

こちらも壁面に合うテレビボードがなく簡単DIYをしています。

材料は全てネット注文でカット済の物を納品してもらうことで組み立てるだけのDIYとなっています。2時間ぐらいで完成した壁面収納となっています。

DIYする場合は壁面収納を壁にどう固定するのかと言った面が難しいと言ったデメリットもあるでしょう。こちらではLアングルの金物をつけて固定するなどがなされています。

固定にはあくまでも十分な注意を払うことデメリットを解決したいものですね。   

 

まとめ

テレビ壁面収納の例やメリットなどを紹介しました。

見ていくと壁や壁枠に収めることで、どれも整理されてます。

テレビの高さを変えるだけでスペースの確保もできます。

自分なりのテレビ壁収納に挑戦してみましょう。