食器収納の定番の収納法は?ニトリ・無印・100均を使ったアイデアまとめ

無印食器収納アイデアアクリル仕切棚


毎日使う食器は、使いやすくスッキリと収納したいですよね。

食器は割れやすく場所をとるので、収納方法に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

食器収納に便利なニトリ・無印良品・100均の定番人気アイテムを紹介します。


ニトリの食器収納を使った収納アイデアは?

好きな場所だけ2段に!収納アップ雑貨

食器収納でおすすめのニトリのアイテムが、こちらのコの字ラックです。

棚の空間を上下に区切って使うことができます。

棚板の増設と違って、好きな場所だけを2段にできるのがポイントです。

背の低い食器は2段で、背の高い食器は1段でと調整できます。

効率よく収納力をアップできるアイテムです。

吊り下げワイヤーバスケットも使いやすい

こちらも食器棚の空間を上手に使えるアイテムです。

棚板に吊り下げられるワイヤーバスケットを取り付けています。

深さがあるので、お椀やどんぶりのように高さのある食器におすすめです。

食器を積み重ねると、下にある物ほど取りにくくなってしまいます。

このように区切って収納すれば、出し入れが簡単です。

積み重ねできるディッシュラック

こちらは食器を積み重ねできるディッシュラックです。

このように2台重ねれば、3段に積み重ねることができます。

重ねるときは専用のジョイントパーツで連結できるので、ズレて倒れる心配がありません。

1段目と2段目は高さが限られているので、平皿の収納におすすめです。

マグカップやボウルなど高さのあるものは、最上段に置くとよいでしょう。

たてて収納できるプレートスタンド

重ねて収納しがちな平皿におすすめなのが、こちらのプレートスタンドです。

平皿を立てて収納できるので、使いたい皿をすぐに取り出すことができます。

重ねるよりも食器が見やすいので、手持ちの食器の把握にも役立つのではないでしょうか。

プレートスタンドには大皿用と小皿用があるので、サイズに合わせて組み合わせられます。

シンク下用の収納棚で空間を無駄なく使い切る

シンク下用の収納棚を使えば、このようにシンク下にも食器を収納できます。

高さに余裕のあるシンク下では、収納棚を重ねればスペースが無駄になりません。

重く割れやすい食器は下に置き、軽く割れにくい食器を上に置くと安定します。

一人暮らしにも ステンレスのシンク上ラック

こちらはステンレスのシンク上ラックです。

ディッシュスタンドやグラススタンドなど、パーツを組み合わせてカスタマイズできます。

水切りカゴとして使えるアイテムですが、1人暮らしの食器収納にもおすすめです。

使う食器は限られているのに、いつのまにか数が増えていませんか。

見える収納にすると、食器の増えすぎ防止にも役立ちます。

細かいカトラリーは仕切り付きの収納を使おう

細かいカトラリーは仕切り付きの収納を使うと便利です。

こちらのトレーは縦横に伸縮するので、引き出しにピッタリ収まります。

箸やティースプーンなど、サイズに合わせてスペースを作ることができる収納です。

余計なスペースを作らずに、収納スペースをフル活用できます。

よく使うマグカップは木製マグツリーで見せる収納を

こちらはニトリの木製マグツリーです。

見せる収納としてマグカップを飾ることができます。

おしゃれな柄のマグカップを飾れば、海外風のおしゃれな雰囲気です。

よく使うマグカップなら、取り出しやすくて使い勝手がよくなります。

置く場所や目的で使い分けてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 

無印の食器収納を使った収納アイデアは?

ユニットシェルフで収納をひとまとめに

無印良品のユニットシェルフは、食器棚にピッタリです。

こちらは上段に食器を収納して、下の段はゴミ箱スペースにしています。

このようにラックで種類ごとに仕切っておくと、使いやすいです。

片付けるときに、ラックごと引き出しで使うこともできます。

無印のアクリル仕切りスタンドは食器たてにも

アクリル仕切りスタンドは、食器収納に便利なアイテムです。

置くだけで皿を立ててスッキリと収納することができます。

無印良品のスタンドは奥行きが20cmほどあるのがポイントです。

仕切りの面積が広いので、小皿でも大皿でも安定します。

コの字型のアクリル仕切棚も見やすく使いやすい

こちらのコの字型のアクリル仕切棚も、食器収納に人気のアイテムです。

食器棚の中を上下で仕切って使うことができます。

透明なので下に置いている食器が見やすいです。

大と小の2サイズあるので、スペースに合わせて食器を整理できます。

ボックスタイプのアクリルスタンドは小物収納に

ボックスタイプのアクリルスタンドは、引き出しをスッキリと整理するのに役立ちます。

カトラリーは寝かせて収納することが多いのではないでしょうか。

ティースプーンなどの細かいカトラリーは、立てた方が取り出しやすくなります。

アクリルスタンドは高さが必要なので、深い引き出しで使うのがおすすめです。

PP整理ボックスは使いやすい収納アイテム

浅型の引き出しにカトラリーを収納するなら、PP整理ボックスがおすすめです。

箸やナイフなど、長い物でもスッポリと収まります。

程よい高さがあるので、隣のケースの中身と混ざる心配がありません。

種類ごとに複数を使い分けて整理すると、引き出しの中がスッキリします。

PP整理ボックスは奥の食器まで取り出しやすい

PP整理ボックスは食器棚の仕切りとしても大活躍です。

サイズが色々あるので、このようにグラスやお椀もケースの中に収まります。

ケースごと引き出せば、高い所や奥の食器まで取り出しやすいです。

種類ごとにまとめておけば、入れ替えも簡単ですね。

A4のファイルはお皿が転がって落ちる心配なし

食器収納用だけでなく、他にも便利なアイテムがあります。

こちらのスタンドファイルボックスは、A4のファイルがスッポリ入るサイズです。

奥行きがあるので、小皿だけでなく大皿でも立てて収納することができます。

ボックスになっているので、皿が手前に転がって落ちる心配もありません。

幅が15cmのワイドタイプもあるので、食器が多くても安心です。

スポンサーリンク

 

100均の食器収納を使った収納アイデアは?

100均のカラトリーケースはサイズ展開が豊富!

100均の食器収納アイテムで人気なのが、カトラリーケースです。

サイズ展開が豊富なので、引き出しのサイズに合わせやすいのではないでしょうか。

手頃な価格でたくさん買えるのも嬉しいですね。

収納アイテムごとにカラトリーケースで仕切って

こちらも100均のカトラリーケースを組み合わせています。

引き出しの難点は、開け閉めしたときにガチャガチャとカトラリーが動くことです。

できるだけカトラリーや引き出しのサイズに合ったケースを使うと、動きにくくなります。

小さいサイズのケースを組み合わせると、引き出しに隙間ができにくいでしょう。

滑り止めシートでお皿のズレを防止

引き出しに食器を収納するときにおすすめなのが、滑り止めシートです。

敷くだけで、引き出しの中で食器が動くのを防いでくれます。

つい勢いよく開け閉めしたときに、食器が転がって割れてしまう心配がありません。

直接食器を置くだけでなく、カトラリーケースなどの下に敷いてもズレを防止できます。

100均のラックは軽いものがおすすめ

高さのある食器棚やシンク下には、積み重ねラックを使うとスペースを有効活用できます。

100均のラックは軽いので、重い食器を載せるのは避けましょう。

ラックが歪んでしまって壊れたり、食器が落ちてしまう場合があります。

上の段には小鉢や小皿など、軽くて小さい食器を少量置くのがおすすめです。

1ヶ所に重さが集中しないように、バランス良く並べると安定します。

100均の収納を組み合わせてオリジナルに

100均のステーショナリー収納も、上手に使えば食器収納として活躍します。

何と言ってもサイズと種類が豊富なのが、100均のアイテムの魅力です。

こちらはA4サイズの書類ラックと隙間トレーを、食器収納に利用しています。

トレーは引き出せるので、奥の食器の取り出しが簡単です。

食器だけでなく調味料などもまとめて収納できる、便利なシンク下になっています。

100均グッズは強度を見定めて使おう

こちらはファイルボックスを食器スタンドとして使っています。

グラス類を収納しているのはボックス収納です。

100均のアイテムには強度が弱い物もあります。

1ヶ所にたくさん収納するのではなく、このように小分けにするとよいでしょう。

まとめ

食器収納は、スペースを上手に使うことがポイントです。

いつもの収納に人気アイテムを足すだけで、収納力がアップするのではないでしょうか。

置き方を少し変えるだけで、使い勝手も良くなります。

収納アイテムとアイデアで、お気に入りの食器をスッキリ収納したいですね。