ニトリのベッドパッドやマット・シーツの評価は?ベッドの下取りはあるの?


寒い時暖かく、暑い時涼しく。温度調整ベッドパッド (セルソリューション)

出典:https://www.nitori-net.jp

ベッドパッドを湿気対策や保温のためにしている人は多いと思いますが、最近では夏にも冬にも活躍するベッドパッドがニトリにあり好評です。

他にもマットや沢山の種類のシーツがニトリから発売されていて、ニトリで様々なコーディネートができるのを楽しんでいる人が多くいます。

引っ越しシーズンや新生活などに人気となるニトリ商品。そんなニトリの寝具関係の評価などをまとめました。

 

ニトリのベッドパッドやマット・シーツの評価は?

 

ベッドパッドも種類が豊富!

汗を吸ってすばやく乾く。吸水速乾ベッドパッド(NT3)

出典:https://www.nitori-net.jp

ニトリのベッドパッドは種類も様々なものがありますので、ニーズに合わせて選ぶことができます。

ベッドで寝ている際の湿気を防ぐには、汗を吸ってすばやく乾く「吸水速乾ベッドパッド」がおすすめですね。

安くて2,000円以下からできるのが人気です。

「驚くほどリーズナブルなお値段で買えるのに、品質はちゃんとしていておすすめ」「家で選択できるのも清潔」という声が挙がっています。

汗を吸って、すばやく乾くという、通気性、吸水性、速乾性に優れた生地が自慢のベッドパッドとなっています。

 

寒い時暖かく、暑い時涼しく。温度調整ベッドパッド (セルソリューション)

出典:https://www.nitori-net.jp

また、寒い時暖かく、暑い時涼しくというニトリの「温度調整ベッドパッド」が好評です。

特殊繊維使用の「温度調整わた」が使われていて、ドイツ発明賞を受賞したものです。

このわたが快適温度にコントロールすることができるという優れものです。

寝ている間に熱がこもる背中を快適な温度にしてくれるため年中快適な寝心地が自慢な商品です。

「敷布団の上でも使えるので自分に合わせた使い方ができる」という布団でも使える良さも評価されています。

 

マットレスも低反発から高反発まで種類が豊富

ニトリのマットレスについても、とにかく種類が豊富で、低反発ウレタンから固めまで沢山の種類が揃っています。厚さも12cm~35cmまでの豊富さです。

適度な硬さでしっかり体を支え、寝返りが打ちやすいマットレスが好評です。

マットレスによってしっかりとした体圧分散ができるものもおすすめです。

 

コーディネートしやすいシーツカバー

ベッド用ボックスシーツ(イージーストライプ)

出典:https://www.nitori-net.jp

ベッド用シーツもデザインが沢山です。ベッド用ボックスシーツ(イージーストライプ)は、掛け布団や敷布団とコーディネートしやすくなっているのが好まれています。

買った人からは肌触りがツルツルして気持ちがいいという感想も寄せられています。北欧風でコーデイネートすることができ、女性や男の子女の子にも良さそうなデザインです。

 

ベッド用ボックスシーツ(ライン)

出典:https://www.nitori-net.jp

シンプルモダンを目指す人にはベッド用ボックスシーツ(ライン)などもおすすめです。

掛け布団や枕、クッションなどとコーディネートできます。

 

ベッド用ボックスシーツ(ベリーズ)

出典:https://www.nitori-net.jp

ベッド用ボックスシーツ シングル(ベリーズ S)などは、女性のベッドに華やかさを添えます。

女性にはこんなコーディネートができるボックスシーツも素敵です。

 

ベッド用ボックスシーツ(ジェノア)

出典:https://www.nitori-net.jp

また、ベッド用ボックスシーツ シングル(ジェノア S) なら、滑らかな綿100%のデニム風生地となっていて、最近はデニムのカバーが流行っていますのでニトリで揃えられるなど様々な種類が人気の秘密です。

 

ベッドの下取りはあるの?

女性で、1DKのニトリ ベッド/照明/手作り/雑貨/家具/一人暮らし…などについてのインテリア実例を紹介。

出典:http://roomclip.jp

ニトリではベッドももちろん販売していますが、引っ越しや模様替えなどでベッドを入れ替える場合に今までのベッドをどうするのか困りますよね。

高額なベッドや新品同様のベッドならば買い取ってもらえることもあり、リサイクルショップに相談してみるのも手です。ただ、使用したベッドの場合はあまり買い取ってもらえず、不用品として処分することも多いと思います。

ニトリで購入したベッドを処分したいと考えた場合の処分方法についてもご紹介しておきます。

スポンサードリンク

不用のベッドを処分してもらえる?

一番いい方法は新しいベッドを購入した際にそのまま古いニトリのベッドを引き取ってもらう方法です。それには、条件があり、配送員設置でお部屋まで納品希望をした場合に引き取ってもらえることが可能です。

つまり商品購入時のみのサービスとなっていて、配達で届けてもらった配送員の方にそのまま引き取ってもらうという方法です。

購入したベッドと引き取り処分をお願いしたいベッドが同じ数もしくは同じ容量までならば、1注文につき3000円(税別)などで引き取り処分をしてくれたりします。

引き取りが可能な地域や詳しい価格については、ニトリのホームページのお問い合わせフォームから問い合わせたり、もしくは電話をしてみる方法がありますので確認をしてみるのがいい方法です。

 

スポンサーリンク