レンアイ漫画家(刈部清一郎)のインテリア部屋まとめ!家具・家電・椅子のブランド店はどこ?

レンアイ漫画家・刈部清一郎のインテリアキッチン


2021年4月からスタートしたドラマ「レンアイ漫画家」の主人公である刈部清一郎のインテリアが話題です。

天才漫画家の仕事部屋にはたくさんの物が置かれていますが、細部までこだわりのある部屋となっています。

今回は、レンアイ漫画家で使用されている大人の作業部屋に合う家具・家電・椅子などのブランド店をまとめました。

レンアイ漫画家・刈部清一郎のインテリア部屋のポイントは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】レンアイ漫画家(@renai_mangaka)がシェアした投稿

天才漫画家ということで、まず目につくのはオブジェや物がが多いというところですね。

彫刻が4種類、そして、本棚に本、テーブルの上にも平積みにされています。

壁の色はグレー系、家具は黒・茶・明るめの茶色を使っていますね。

忙しく部屋のインテリアには無頓着に思えますが、ごちゃごちゃしていても細かい小物に統一性があり、作業部屋っぽい雰囲気になっています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

YAMAGIWA / ヤマギワオフィシャル(@yamagiwa_official_)がシェアした投稿

少しレトロな雰囲気を感じさせるのは、窓枠やカーペットを使用しているからかなと思います。

落ち着いた大人の部屋の雰囲気ですね。

キッチンの方は、男っぽい無機質な家電が多く使われていておしゃれですね。

 

刈部清一郎の部屋で使われていた家具は?

ベージュ色の作業チェアー

ドラマで多々登場する刈部清一郎のベージュ色のイスは、エグゼクティブチェア(イームズ)です。

高級感があり、かっこいい男のインテリアにも合いますね。

リビングにあるグレーのソファ

刈部清一郎のリビングに置かれているソファはブランドはHUKLA(フクラ)MAJESです。

イタリアンモダンなデザインでどの部屋に置いても合いそうなデサインですよね。

 

刈部清一郎の部屋で使われていた照明は?

リビングのフロアランプ

ブロックと板が柔らかい光を作ってくれるおしゃれな間接照明です。
和室にもモダンな部屋にも合う人気の高いフロアランプです。

商品名は、Frank Lloyd Wright TALIESIN 2((フランク・ロイド・ライト タリアセン)です。

実はいろんなドラマに使われていて、過去には

・恋はDeepに
・天国と地獄
・結婚できない男
・BG~身辺警護人~
・正義のセ

いろんなドラマで見ることができます。

置いてあるだけで部屋がおしゃれに見える間接照明だと言えますね。

リビングルームのペンダントライト

リビングルームのローテーブルの上には、北欧の名作として名高い照明、ルイスポールセンのPH5が使われています。
現在ではカラーが13種類もあり、テレビや雑誌でもよく見かけるペンダントライトです。

ドラマでは、PH5を3つ使っています。

刈部清一郎の部屋で使われていた雑貨は?

実験器具のようなコーヒースタンド

ウォールナットとプラス素材を組み合わせたおしゃれなコーヒースタンドは、「THE COFFEE REGISTRY キュレーターポーオーバースタンド」です。

オールド感を感じるデザインは、飾ってあるだけでもおしゃれですよね。

刈部清一郎の部屋で使われていた家電は?

リビング部屋の空気清浄機

リビングにあるシルバーの空気清浄機はダイソン Pure Hot + Cool 空気清浄ファンヒーターです。

花粉対策製品としても認証されているこのダイソンの空気清浄機は、冬はファンヒーターに、夏は空気清浄ファンとして使うことができ、1年を通して使用することができる優れものです。

言うまでもなくデザインもかっこいいですよね。

まとめ

レンアイ漫画家・刈部清一郎のインテリア部屋の部屋のポイントは、

・色を黒/灰色/茶色に統一して派手な色は使わない
・個性的でポイントとなるような雑貨を取り入れる

落ち着いた、茶色、黒などを使いつつ、ゴールドや白などの目立つような小物を取り入れると良さそうです。