和室をおしゃれにインテリアコーディネートしたい!小物次第でモダン・北欧風に早変わり!




スポンサードリンク

なかなかおしゃれにしにくい和室。砂壁や畳、ふすまなどで思ったようなインテリアにならないと思いがちです。

写真 2016-01-05 8 13 30
しかし、あえて和室の素材を活かすことによって、部屋全体のイメージがとても良くなるので、いまいち和室のインテリアがまとまらないと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

和室は家具の使い方でイメージを変える!

写真 2016-01-05 8 11 28
和室では家具の使い方が大事なポイントになってきます。家具のイメージを統一することで印象がぐっと変化します。特に畳に座って生活するスタイルに変えると落ち着きが出てきます。その際、家具の高さは低めにして、畳中心の生活スタイルにしてみると雰囲気が良いです。

黒い色の家具だとモダンっぽいイメージになり、落ち着きが出るのでおすすめです。

ナチュラル感が大事!畳に合わせて使いたい家具や小物

写真 2016-01-05 8 11 46

和室は柱や障子など、天然素材をたくさん使用した造りになっています。
そんな和室と相性が良いのはやはり木の家具が合わせやすいです。これから家具を揃えるなら、落ち着いた色の木目調の家具で統一することをおすすめします。
木目意外の素材の家具は、上から布をかけて目隠ししたり、目立たない場所に配置するなどで部屋に統一感が生まれます。
また、観葉植物や照明を加える事で、暖かい雰囲気になりますよ!

写真 2016-01-05 8 11 57
また、木目調の家具がないときに手軽に利用したいのが、コルク製品や段ボール製の収納箱などです。
どちらも和室の色にしっくりとなじむ素朴な色をしているので、部屋の雰囲気に馴染みやすいです。

和室が小物次第で北欧風!ナチュラルイメージもアップする

写真 2016-01-05 8 12 33
小物を置くなら、やはりナチュラルな素材の物のほうが綺麗にまとまりやすいです。
藤や柳を編んだバスケットは収納にもなり、インテリアのアクセントとしても馴染みやすいです。
和室の部屋に馴染みにくいスチール製の棚も、バスケットなどの天然素材を置くことで雰囲気がまとまってきます。

写真 2016-01-05 8 13 04
また、砂壁の色に近い、麻素材の布を雰囲気の合わないテーブルクロスに使用したりすることで、家具の雰囲気を統一させることができます。北欧インテリアも天然素材の小物が多いので、取り入れてみるとしっくりとまとまりそうです。

写真 2016-01-05 8 12 53
パイプ製の家具であっても、木の小物を使ったり、机の天板を木製に変えるだけでかなりナチュラルな雰囲気になります。黒い家具が所々入っても、逆に全体を引き締めてくれるアクセントになってくれます。

スポンサードドリンク

色のバランスも大事!和室でも明るい印象の部屋になる!

写真 2016-01-05 8 13 30
すっきりとまとめるために、色のバランスを考えるのも大事です。
3~4種類の同系色を使ってインテリアをまとめると簡単に統一感が出るのでおすすめです。

色の組み合わせパターンは様々で、オレンジ✕黄色✕白だと爽やかなイメージになります。

20160105_01

シックな和風で落ち着かせたいときは、紺✕黄✕オレンジの配色で、藍染めの布を使ったり和食器の組み合わせるとよさそうです。

20160105_02

女性向けのロマンティックな雰囲気の部屋にしたいときは、焦げ茶✕ベージュ✕ピンクの優しい色合いにするとまとまります。
20160105_03

写真 2016-01-05 8 13 49 20160105_04

緑(青)✕茶✕オレンジというバラバラな色の組み合わせですが、色のトーンでまとめるとバランスが良いです。
明るい色なら明るい色で、地味な色なら地味な色で合わせたほうが統一感が出やすいです。

スポンサードリンク

障子がイメージに合わない!ならこんな方法も!

簡単にモダンになりおすすめなのが、障子のインテリアです。

写真 2016-01-05 8 14 45
障子の枠の裏に紙を貼って色をプラスするだけで、明るい雰囲気やモダンなイメージになります。色は、室内に使っているカラーに近いものにすると統一感が出やすいです。
また、使う紙は光を通しやすい和紙にすると、部屋が暗くなりにくいので和紙がおすすめです。また、障子紙に水彩絵具などで絵を書いてもワンポイントになりそうです。

スポンサードドリンク




スポンサードリンク