【家キャン】アウトドアインテリア(ワンルーム)のカッコいい部屋実例9選!オススメ小物やレイアウトは?


キャンプ用品を使ったインテリアにしたいけど、なかなかオシャレにならない…。
今回は、センスあるワンルームのアウトドアインテリアをまとめました。

オシャレに見せるコツは、

・スチールなどの無骨でクールな男っぽい素材を取り入れる

など、選ぶアイテムが重要になってきます。

この記事では、センスあるアウトドアインテリアの実例や、失敗しないアイテムをまとめて紹介していきます。

スポンサーリンク

 

アウトドアインテリアのカッコいい部屋実例は?

アウトドアの魅力が詰まったお部屋

 

テントやキャンプチェア、ハンモックなど、まさにアウトドアルームという雰囲気です。

山や川などの自然に馴染むアースカラーでまとめられている中、アクセントとしてイエローやブルーがプラスされているのがポイントです。

レンガや壁に吊るされたリュックサックも無骨さを演出し、アウトドアの魅力が詰まったお部屋ですね。

 

家に居るのを感じさせないアウトドア部屋

 

こちらの実例ではお部屋に芝と砂利、木の板が敷かれており、本当にお外にいるかのように感じそうです。

カラーボックスやチェストなどの収納アイテムを使用せずに、トランクカーゴを配置したり、あえて置きっぱなしにしたりするとキャンプらしい雰囲気ですね。

また、カーテンではなくウッド調のブラインドを用いる点からも、アウトドアインテリアへのこだわりが見えます。

 

キャンプ用品を普段の生活に取り入れるのが◎

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ゆうり✿(@na.yu16)がシェアした投稿

サンドベージュでまとめられた、無骨でナチュラルなアウトドアルームです。

キャンプで使用するアウトドアワゴンの上に板を載せるだけで、とても素敵なテーブルになりますね。

キャンプの時だけしか使わずに片付けておくよりも、実例のように普段の暮らしに取り入れてみましょう。

テーブルやチェアがキャンプ風なだけで、いつもの食事がより一層美味しく感じそうですね。

 

キャンプギアは片付けずに見せて飾る

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kenken(@kenken_camp)がシェアした投稿

アウトドア用品がたっぷり詰まったキャンプ部屋です。

有孔ボードにフックを引っ掛けてキャンプ用品がおしゃれに吊るされています。

見ているだけで気分が上がるアイテムは、ボックスや棚などに片付けずに見せる収納がピッタリですね。

また、メンズライクなシルバのスチールラックもアウトドアインテリアに向いているので、ぜひ取り入れてみてください。

 

ナチュラルなアウトドアコーディネート

 

アウトドアすぎずに、シンプルにまとめられている実例です。

ヘリノックスのローチェアは座り心地の良さから人気を集めているアイテムです。

豊富なカラー展開がされているのもポイントで、お部屋の雰囲気を邪魔しない柔らかいカラーも取り揃えられています。

また、お部屋で長時間使用するのなら、見た目だけでなく座り心地も重要になってくるので、そこにも注目してアイテム選びを進めましょう。

 

大人も子どもも喜ぶアウトドアルーム

 

大人も子どもも喜ぶインテリアになっています。

アイボリーやグリーンなどのアースカラーでまとめられていますが、その中でも台車がモチーフになったテーブルが特に印象的です。

木製と台車のクールな組み合わせは工場のような雰囲気で、無骨さを感じるアウトドアインテリアに向いています。

また、その下に敷かれたキャンプマットもポイントで、模様ラグが1枚あるだけでアウトドア感を演出してくれています。

 

物を多く配置するとキャンプらしさがアップ

 

お部屋の一角にテントが張られ、秘密基地のようなワクワクを感じます。

スッキリと片付いたアウトドアインテリアも素敵ですが、ガーランドや流木、グリーンなどを多く吊るして、あえてごちゃっと見せるコーディネートもおしゃれですね。

テントやキャンプテーブルと、デニム生地ソファの相性も抜群で、かっこいいインテリアになっています。

 

ペンドルトン柄はアウトドアインテリアにピッタリ

アウトドアインテリアに取り入れて欲しいのが、ペンドルトン柄です。

ネイティブアメリカンの伝統的な柄で、存在感があるので一枚置くだけでお部屋のアクセントになります。

大きいサイズのものを選べば実例のようにチェアにかけたり、ラグとして活用できたりするのでおすすめです。

キャンプチェアや木製テーブルだけだと寂しい印象になりますが、ペンドルトン柄ブランケットがあるだけで洗練された印象になります。

 

グリーン×木製はアウトドア感満載

アウトドアインテリアに植物は欠かせません。

植物と木製テーブルの組み合わせは山岳部の雰囲気を感じさせ、まさに「自然と暮らしている」ようです。

グリーンを取り入れる際には、インテリアに合わせたプランターカバーを配置するのがおすすめです。

実例のように缶やタイベック製のカバーを用いて、カッコ良いインテリアを作り上げましょう。

 

照明を落とせば夜キャンプな雰囲気に

照明を落として薄暗くすると、夜キャンプしているような気分になりそうです。

整えすぎるとアウトドア感がなくなってしまうので、実例のようにあえてサイズや形が異なるチェア・テーブルを配置するのがおすすめです。

キャンプ用品はコンパクトに片付けられるので、普段は挑戦しないコーディネートを取り入れるのもアリですね。

スポンサーリンク

 

アウトドアインテリアのオススメ小物は?

アウトドアインテリアの代表と言えばテントやハンモック、アウトドアチェアなどですが、さらにかっこいいコーディネートにするためには小物にもこだわりましょう。

収納に活用できるアイテム

トランクカーゴ

トランクカーゴとはプラスチック製の収納ボックスです。
収納力もあり、色やサイズなどのバリエーションも多いので、部屋に合うものを探してみてください。

フォールディングバスケット

軽さと頑丈さがあり、折りたたみができるといった機能をもつフォールディングバスケット。
ランドリーバスケットやおもちゃ入れとして使ってもオシャレですね。

置くだけでおしゃれな小物

ランタン

飯ごう

丸太クッション

ワイヤーバスケット

グリーン

もっとアウトドア感を上げるなら

ファイヤーサイドテーブル

アウトドアワゴン

キャンプギアは強度があり、おしゃれなアイテムが多いので、いつものインテリアにも取り入れやすいでしょう。

 

まとめ

かっこいいアウトドアインテリアを完成させるには、

  • キャンプギアは見せる収納に
  • スチールやステンレスなどのクールな素材を取り入れる
  • メインカラーはオリーブやサンドベージュなどのアースカラーを

山や川などの自然をイメージして、コーディネートを進めていきましょう。