インテリアコーディネート

ダークブラウン×白部屋のコーディネート実例19例!オシャレな雑貨の選び方

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

人気の組み合わせのダークブラン×白のインテリアだけど、どうやったらオシャレになる?

この記事では、ダークブラン×白色の部屋の差し色やコーディネート実例をまとめました。

ダークブラン×白色の部屋をオシャレにまとめるコツは、差し色!

差し色をどんな色にするかで、部屋の印象がガラッと変わります。

今回は、ダークブラン×白色のインテリアをオシャレにまとめた部屋の実例をまとめました。

\ 毎日更新中!見逃し厳禁! /

AMAZONタイムセール

楽天タイムセール


ダークブラウン×白がメインの部屋に合う差し色は?

ダークブラウン×白×黒

ダークブラウンと白だけでも落ち着いた雰囲気のインテリアを作ることができます。

しかし、そこに黒を取り入れることでさらにインテリアが締まりスタイリッシュな雰囲気に。

ラタンの家具や籐の雑貨、大きな観葉植物を取り入れるとリゾートチックなンテリアも可能です。

ダークブラウン×白×グレー

女性にも男性にもおすすめの差し色はグレーです。

小物使いによって部屋のフェミニンな感じにも、男っぽい感じにも変えやすいです。

 

ダークブラウン×白×ベージュ

ベージュを取り入れることで、ダークブラウン×白のインテリアにナチュラルさが加わります。

特にダークブラウンの木目家具を使っているインテリアでは、

ベージュを合わせてナチュラルなインテリアに仕上げるのがおすすめです。

ブラウンが多ければシックな雰囲気に、

白とベージュの割合が多くなればなるほど柔らかい雰囲気のインテリアになっていきます。

ダークブラウン×白×赤

ダークブラウンと白の落ち着いた組み合わせに、差し色として赤を取り入れるとぐっと存在感が増すでしょう。

赤は暖色なので、温かみのあるインテリアに仕上がりますよ。

また、赤を取り入れることで温かい雰囲気も演出できます。

ダークブラウン×白×ブルー

 

鎮静効果がある色とされているブルーを差し色として加えると、

ダークブラウン×白のインテリアにさらに落ち着きが加わりますね。

お家ではゆったりとした気持ちで過ごしたいという人におすすめの組み合わせです。

スポンサーリンク

 

ダークブラウンの分量でも変わる!インテリア実例

ほぼダークブラウンな部屋

ほぼダークブラウンなお部屋は、シックで落ち着いた印象です。

ただし、アクセントになるアイテムを取り入れないと暗い印象になってしまいがちなので

観葉植物やお花を飾って柔らかい雰囲気に仕上げるのがおすすめです。

半分ぐらいダークブラウンな部屋

ダークブラウンと白を半々くらいの割合でインテリアに取り入れると、

ダークブラウン特有の暗い雰囲気を解消できるでしょう。

白が増えることで緑がよりきれいに映えるので、この場合も観葉植物をインテリアに取り入れるのがおすすめです。

30%ぐらいダークブラウンな部屋

ダークブラウンを少なくすると、差し色として取り入れる色の存在感が出やすいです。

差し色が明るい色でなくても、うまくインテリアのアクセントにできますよ。

ネイビーやグリーンなど落ち着いた色を差し色にするのもおすすめです。

ほんの少しダークブラウンな部屋

ダークブラウンをほんの少し取り入れると、インテリアの締め色として活躍します。

特に白やアイボリーなどの淡色を基調としたお部屋はのっぺりしやすいので、

ダークブラウンをほんの少し取り入れてメリハリを付けるのがおすすめです。

スポンサーリンク

 

ダークブラウン×白色の部屋に合う人は?

ダークブラウン×白色の部屋が合う人は?

  • 落ち着いたインテリアが好きな人
  • シックなインテリアが好きな人
  • モダンなインテリアが好きな人

 

上記のような人にはダークブラウン×白のインテリアが向いています。

どの割合でダークブラウンと白を取り入れても、落ち着いた雰囲気のインテリアに仕上がること間違いなしですよ。

ダークブラウン×白色の部屋をやめておいたほうがいい人は?

  • ナチュラルなインテリアが好きな人
  • 個性的なインテリアを目指している人
  • フェミニンなインテリアが好きな人

 

柔らかい印象のナチュラルインテリアでは、ダークブラウンよりもベージュやグリーンと白を組み合わせるのがおすすめです。

また、個性派やフェミニンな雰囲気のインテリアにもダークブラウンはあまり合わないのでおすすめできません。

スポンサーリンク

 

ダークブラウン×白インテリア部屋の実例は?

パープルを差し色にしたインテリア

ダークブラウンと白をベースにしたインテリアに、パープルを差し色として加えています。

深みのあるパープルも落ち着きがあって大人っぽい色なので、

ダークブラウン×白のインテリアに馴染んでいますね。

ゴールドの雑貨で大人っぽく

白×ダークブラウンの部屋にゴールドやキャメルを合わせると、温かい雰囲気になります。

小物にゴールドのものを入れると大人っぽい雰囲気も加わってオシャレになります。

白と濃い色でまとめた部屋

白い壁とダークブラウンの床に、

家具や小物を濃い色でまとめたことで、落ち着いた部屋になっていますね。

クッションの差し色は失敗が少なくておすすめ

紫色のクッションがアクセントになっている部屋です。

ダークブラウンと白に合う色がわからない場合は、クッションやファブリックで一度合わせてみるのがおすすめです。

 

モダンな雰囲気のインテリア

ダークブラウン×白のインテリアに黒を取り入れて、モダンな雰囲気に仕上げたインテリアです。

白いレンガ調のキッチン壁も、レトロな風合いを醸し出していてとてもおしゃれですね。

明るめの部屋にしたいなら白を多めに

ダークブラウンは強い色なので、明るい部屋にしたい場合は、白の面積を多く取りましょう。

ポスターの枠や、チェア、テーブルなどに少しずつダークブラウンが入ることで全体のバランスが取れていますね。

スタイリッシュな印象のインテリア

ダークブラウン×白で落ち着いた雰囲気のインテリアでは、

照明も優しい灯りの間接照明がおすすめです。

黒を取り入れたダークブラウン×白のインテリアは、

間接照明にすることでよりスタイリッシュな印象に仕上がります。

グレーを入れると大人っぽい部屋に

ダークブラウンと白の差し色としてグレーを入れるのもおすすめです。

落ち着いた大人っぽい部屋ですが、取り入れる小物次第でいろんな雰囲気に変えやすいです。

上下で色を変えたインテリア

カーテンや壁を白、床や家具をダークブラウンなどの濃い色でまとめた部屋です。

色がごちゃごちゃしていないので、広々とした部屋に見えますね。

まとめ

白×ダークブラウンの部屋を作るコツは、

  • 明るい部屋にしたい→白を多めに
  • 暗いほうが落ちつく→ダークブラウンを多めに

まずどちらがいいか決めましょう。

その上で、自分の好みに合う差し色を1色選ぶことをオススメします。

  • 落ち着いた部屋にしたい→グレー、ブルー
  • かっこいい部屋にしたい→ブラック
  • 優しい雰囲気にしたい→ベージュ、グレー

上記の色でなくても小物次第で好きなテイストに変えることもできますが、どんな部屋にしたいか迷ったときは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

\ 毎日更新中!見逃し厳禁! /

AMAZONタイムセール

楽天タイムセール


 

-インテリアコーディネート
-