【マネしたい】小学生の女の子が満足するオシャレな子供部屋の作り方! 知っておくべき散らからないコツとは?


この記事のまとめ

小学生の女の子に与えたい可愛い部屋の作り方を分かりやすく解説!

特にオススメしたい可愛いインテリアスタイル4つを紹介します。

また、一人で管理出来るように、散らからない部屋の収納のポイントもまとめました。

これを読めば、子供ひとりで、可愛い部屋を維持できるようになりますよ!

小学生になったし、子供に部屋を与えてみたけど…どうやったら可愛い部屋になるの?

今回は、小学生の女の子が満足するオシャレな子供部屋の作り方を紹介します。

子供部屋は、テンションの上がるような可愛さも大事ですが、キレイさを維持することも大事です。

自分の部屋は自分で管理できる子になって欲しい!
大丈夫!子供が管理しやすい部屋にはコツがあるんだよ。

この記事では、「カワイイ」を維持できるおしゃれな子供部屋の作り方をまとめました。

\ 同じものを買うなら絶対タイムセールがお得 /

AMAZONタイムセール

\ 毎日更新!最安値をGET! /
楽天タイムセール

 

小学生の女の子が満足するオシャレな子供部屋の実例は?

姫系ガーリースタイル

物語の中にいるかのようなお部屋

まるでお姫様のお部屋かのような演出をしてくれるのが、天蓋(キャノピー)付きベッドです。

天蓋付きベッドは簡単にプリンセスの気分にさせてくれる万能なアイテムです。

しかし、天蓋付きベッドにプラスして、全体をピンクとホワイトのみでまとめると甘すぎる雰囲気になってしまいます。

実例のようにデザイン性の高いブルーのチェアや円形クッションを取り入れると、バランスがとれた素敵なお部屋になりますね。

 

プリンセスが好きな女の子が憧れるガーリーなお部屋

プリンセスに憧れる女の子にピッタリのガーリーなお部屋です。

部屋の中に屋根付きのお家が配置され、秘密基地のようなワクワク・ドキドキを感じられそうです。

使用するピンク色の比率はあまり多くないですが、可愛らしい家具とアイテム揃いなのでとてもキュートな印象です。

実例のような秘密基地のような空間を作るのはコストがかかりますが、カーテンやベット周りを変えるだけで姫系のお部屋へと変わります。

変えられそうなポイントから、キュートアイテム・カラーを取り入れてみましょう。

北欧スタイル

北欧らしい大胆なカラーを存分に取り入れた子ども部屋

北欧カラーが美しい子ども部屋です。

カラフルなストライプカーテンや壁紙、ブルーのベッドシーツなど多くの色が使用されていますね。

一見ごちゃごちゃしそうな組み合わせですが、白い壁の面積を広く取り、フロアカーペットをグレーにすることで引き締まって見えます。

北欧スタイルの子ども部屋にするには大胆なカラーが欠かせません。

アクセントカラーを失敗しそうで不安な方は、雑貨やクッションなどに色をプラスするのがおすすめです。

 

北欧ラグが際立つホワイトのお部屋

ホワイトが基調のお部屋に北欧ラグが映えるお部屋です。

ピンク色のワイヤーネットや木製棚を用いて壁面収納がされ、お気に入りの雑貨や写真が飾られています。

勉強机の上はゴチャゴチャしがちなので、実例のように壁面収納を用いるとスッキリとするでしょう。

デスク上にライトを置かず、その隣にフロアランプを配置するのも素敵なアイディアです。

ワークスペースが広くなるだけでなく、デザイン性の高い照明であれば見た目もおしゃれになりますね。

カントリースタイル

広いお部屋を子ども2人用に

家具や天井、フローリングが全て木製で統一されたカントリー風の子ども部屋です。

明るいトーンの木材はお部屋を広く見せたり、温かみを感じさせる効果があります。

また、他の色とのコーディネートもしやすいので、子どもが大きくなって好きな色が変わった時に便利というメリットもありますね。

この実例は兄弟姉妹との共同のお部屋で、写真の奥側にはもうひとつベッドやテーブルなどが配置されているようです。

広い部屋を区切る時は、実例のように中央に収納棚を配置するのがおすすめです。

 

使用するカラー数を抑えればスッキリした印象に

 

ホワイトベースに青色のペイント家具が印象的な子ども部屋です。

壁面収納で子どもが描いた絵や小物、おもちゃが飾られており、子ども部屋らしい可愛い雰囲気を感じますね。

壁の一面だけミントグリーンとグレーのストライプになっていて、そこに星のガーランドが飾られているのも素敵です。

使用するカラーを少なめにすると実例のようなスッキリとした印象になるので、ごちゃごちゃしたお部屋にしたくない方は色の数にこだわりましょう。

 

 

ナチュラルスタイル

二段ベッドをおしゃれに配置

ホワイトと淡いピンク色でまとめられた子ども部屋です。

子どもっぽすぎない色合いなので、中学・高校生になっても快適に過ごせそうですね。

一般的な二段ベッドは同じ並びで重ねられることが多いですが、その場合は奥行きが感じにくく、のっぺりとした印象になりがちです。

しかし、実例のようにあえて向きを変えて配置すればメリハリが生まれ、逆にスッキリとした雰囲気を感じます。

また、高すぎる二段ベッドは上り下りが大変なので、高さはほどほどにしておくのが良いでしょう。

 

自然がいっぱい感じられる子ども部屋

濃いグリーンとホワイトをテーマにした自然を感じられる空間です。

グリーンのラグと壁紙、カーテン、クッションカバーなどに存分にグリーンが用いられ、とても自然を感じるお部屋です。

グリーン以外に用いる色をホワイトや木目にすることで、よりグリーンの美しさが強調されています。

色味の強いカラー同士を組み合わせると強調しあってしまうので、実例のようにメインカラー以外は落ち着いた色にするのがおすすめです。

 

 

スポンサーリンク

 

知っておくべき!散らからない収納とは?

ランドセルの収納はどうする?

1人ずつ区分けすると片付けやすい

兄弟姉妹がいる場合は、それぞれの収納スペースを区分けしましょう。

子どもが片付けやすい位置にフックを付ければ、片付けもしやすくなります。

また、見た目をスッキリさせたいからと言って扉をつけると、片付けにくくなってしまうのでオープンラックがおすすめです。

どうしても隠したいアイテムだけをカゴや扉付きの収納に閉まって、それ以外は見える収納にすれば出し入れがしやすく、部屋が散らかりにくくなるでしょう。

 

服の収納のおすすめは?

ハンガーのまま並べると見やすい収納に

子どもの洋服は、オープンラックに収納するのがおすすめです。

着用頻度が高いものは低い位置に、コートやジャケットなどの羽織ものは高い場所に配置しましょう。

また、下着や靴下など以外の洋服はタンスや引き出しに畳んでしまうよりも、ハンガーにかけたまま並べた方が見つけやすいですよ。

あの服どこだっけ?となりにくいので、おしゃれが好きな小学生女子の洋服はオープンラックにハンガーで吊るしましょう。

 

プリントや教科書本の収納は?

壁面収納なら見た目スッキリ&作業スペースを確保

教科書やプリントはデスク上や引き出しにしまうのも良いですが、壁面収納を活用するのもおすすめです。

実例では、引き出し付きのタイプと本や雑貨を並べられるフリーラックの2種類が使用されてます。

棚の上にさらに小物やお花が飾れるので、収納力も充分です。

壁面収納だと、学習中に教科書やプリントを取り出す場合は立ち上がる手間がかかってしまいますが、デスクを広く使えるので、伸び伸びと勉強ができますよ。

 

まとめ

様々なお部屋のテイストがあるので、自分の子どもに合ったコーディネートを選びましょう。

子どもが好きな色を取り入れたり、秘密基地のような部屋にしたりすると喜ばれるかもしれません。

子どもと一緒に相談し合って、お気に入りのお部屋を作り上げましょう。

当サイトのオススメ通販サイト 一覧ページ