床色を変えたい!賃貸でも簡単にできる方法とその効果とは?


床によって随分部屋の印象は変わるものです。

床の材質や色を変えたいと思っている人も多いのではないでしょうか。そんな際に賃貸でも簡単に変える方法をまとめました。

床色を変えることで実際に得られる効果も実例を見ながら参考にしてみませんか。

 


貼るだけ、置くだけの床材を活用して無垢の床に

女性で、3LDKの鉢カバーDIY /URGE&AJIKO/グリーンのある暮らし/モンステラ…などについてのインテリア実例を紹介。

出典:https://roomclip.jp

最近人気の塩系インテリアを目指して「貼るだけ簡単フローリング ヴィンテージ」と言った商品を使って床を貼り替えています。

幅101mm×長さ914mm ×厚さ2.5mmの1枚1枚を貼るタイプなので1枚が軽くて女性でも簡単にシール感覚で貼れるものです。

また木のように見えてPVCと言った耐久性に優れた素材なのがいいですよね。それでも見た感じは天然無垢浮作り風仕上げとなっていて無垢の木そのものようです。

厚さも2.5mmと薄く、上から貼ってもほとんど違和感がない厚さです。これなら賃貸でも上から貼って良さそうですね。

接着加工がすでにしてありますので剥離紙を剥がして床に貼るだけでそのままシールのように貼るだけです。貼った後でも貼り替え可能です。

カットはカッターナイフ1本で簡単に行えるというのも魅力的です。

こんな落ち着いたヴィンテージ感がある玄関はおすすめですよね。グリーンともよく合う床の色合いとなっていますね。

 

こちらはサンゲツの床材クッションフロアを貼った実例です。裏面が滑り止め加工がしてあるために接着剤も要らずにただ置くだけでいいと言ったまさに賃貸には最適の床材です。

このようなスクラップウッド風やアンティークな雰囲気、キューブ柄やモザイクタイルなど様々なデザイン床にすることができます。カフェ風になったりして素敵ですよね。

実際に貼った部屋のイメージを画像で確認しながらネットで注文できるのも嬉しい点です。

また意外と安くできるのもいい点です。これなら模様替えのような気軽な気分で張り替えも簡単にできますね。

 

ビニールのクッションフロアなどが使ってある洗面所やトイレをこんな雰囲気のあるアンティークな床材に貼り替えるのもいいでしょう。

ユーズド感があっておしゃれです。

洗面所全体をそうした床材の雰囲気に合わせて洗面台の扉やミラーの縁取りなどにも床材を活かしながら雰囲気を統一しています。

最初からそんな家だったかのように貼り替えでイメージを変えていますね。

 


Pタイルでおしゃれなタイル貼りの海外風床に

ホワイト化計画の元、床も「Pタイル」を貼って光沢のあるオシャレな床にしています。

「Pタイル」とは、塩化ビニール樹脂や炭酸カルシウムなどの原料を混ぜて、薄い板状に形成した床材で薄いため貼りやすい物です。

床に貼って海外風のインテリアを目指してみてはいかがでしょうか?マスキングテープや両面テープでも付けられます。

 

キッチンの床をDIYで「サンゲツ」の「フロアタイル」でおしゃれな雰囲気に変身させています。こんなフロアタイルならば落ち着いていてシックですよね。大理石調など様々な種類のフロアタイルが売られています。

「フロアタイル」とは、塩化ビニール樹脂など、硬質素材を使ったプラスチック系の床材です。「塩ビタイル」とも言われていて正方形や長方形のタイル状で耐久性に優れているので好まれています。

水周りなどに特におすすめで、デザイン性も高い床になります。またカッターで簡単に切れるのも施工しやすい床材と言えます。

 

〜おわりに〜 床色を変えて床の質感や雰囲気もイメチェンを

女性で、3LDKの鉢カバーDIY /URGE&AJIKO/グリーンのある暮らし/モンステラ…などについてのインテリア実例を紹介。

出典:https://roomclip.jp

いかがでしたか?

無垢材の質感を出したり、タイル調のモダンな海外風な雰囲気を出したり、床材一つ変えるだけで雰囲気は変わるものです。

賃貸でも床材によるイメージチェンジを簡単な方法で図ってみるのもいいかもしれませんね。