押し入れのリメイクが凄い!賃貸でも簡単にDIYできる方法は?         


男性で、、家族住まいのみせる収納/セルフリノベ/IKEA/団地部/押入れ改造/無印良品…などについてのインテリア実例を紹介。

     出典:https://roomclip.jp

押入れが使いづらいと思ったことがありませんか。

奥行きがあって上手に収納できなかったり、このスペースが他のスペースに使えたらいいのにと思ったことがある人も多いのではないでしょうか。

そこでここでは賃貸でも押入れを簡単にDIYでいろいろ活用できるようにリメイクした例をご紹介します。

また、その簡単なDIYの方法についてもご紹介していきます。

 

押入れのリメイク実例はこんなに凄い!

 

押入れの下の段と上の段を分けて活用

押入れを下の段と分けて活用する人が多くいます。

下は収納などにし、上は、キッズスペースにし、階段を付けて活用。

下の収納部分はカーテンで収納を隠しています。

押入れの味気なさを白い壁にしたり、ウォールステッカーで楽しい雰囲気にしているのも素敵ですね。

 

こちらは全部押入れをオープンにして上はキッズルームにし、階段で上がれるようにして、下は奥行きがあることを収納にきちんといかせるようにキャスター付きのラックを入れることで機能的に使っています。

収納とキッズスペースをきちんと分けて、上はすっきりと見せるスペースとなっています。

 

大人の押入れ部屋と言うイメージになっていますね。

これなら大人だってここでゆっくりしたくなります。

一部屋のように、デッキのように作って3段ボックスや鏡、照明まで付けて寛ぐ空間造りが見事です。

 

書斎として活用!

書斎のようにするのも素敵です。

奥行きがあるのでこんな使い方にもぴったりです。

上に棚があるのでこれも本やいろいろな物を飾れます。

ここだけを壁もウッド柄の壁紙などに張り替えると雰囲気がぐっと変わりますよね。

こんなDIYは真似したいものです。


こちらもレンガ調の壁紙を貼ることで押入れでないような雰囲気のある書斎が出来上がっています。

レンガ調の壁紙などはおしゃれでおすすめです。

全面に同じ柄を貼ることでこのスペースが元からあるようなそんな落ち着きと広がりをくれます。

 

こちらもレンガ調の壁紙を貼っていますが、男前なインテリアの雰囲気がたっぷりなコーナーになっています。

自分だけの空間造りができています。

こんな特別な空間の雰囲気づくりも目指したいものです。

 

キッチングッズの収納に活用

こちらは押入れの上部をキッチン用品の収納スペースにしているものです。

リビングの中の押入れならばキッチン用品を収納しても便利ですよね。

自分で棚を作って使いやすい収納を目指すことができます。

 

2段ベッドにリメイク

押入れを二段ベッドにする人も多いのではないでしょうか。

壁紙を貼り替えて素敵な色にしています。

上のベッドの下にはプラケースを土台に置くなどしてベッドにする工夫がなされています。

男の子の部屋にはこんなベッドもかっこいいですよね。

押入れリメイク!賃貸でも簡単にDIYできる方法とは?

 

3段ボックスなどの収納ボックスを中に設置

わざわざ釘を打ったりして棚を作るより3段ボックスを中に設置したほうがはるかに楽です。

そして、また模様替えしたいなと思ったら、3段ボックスだったら他の場所で活用することも出来ますよね。

この写真ではニトリの「カラボ」という組み合わせて使えるカラーボックスを使用されているそうですが、押し入れにぴったりのサイズだったようです。

しかし念のため、カラーボックスを買う前に押し入れに確実に入るかサイズを確かめておくようにしましょう。

 

こちらは、収納ケースを使った例です。

押入れに合うよう、奥行きがピッタリのものを購入すると収納スペースを最大限に活用できます。

使い勝手を考えると、積み上げて蓋を開けるタイプのものではなく、引き出しのタイプにするのが絶対オススメです。

 

こちらは、カラーボックスと100均でも購入できる白いボックスを使っていますね。

この写真ではダイソーのスクエアボックスを使用しているようです。

カラフルでもおしゃれになると思いますが、すっきり感を目指すなら、白で統一するとシンプルでステキです。


こちらも扉を取り払って中に3段ボックスなどを沢山入れて収納をしながら書斎部屋のような部屋の感覚を作っています。

収納ボックスを入れ込むだけでもできる簡単な押入れリメイクと言えます。

 

ワンポイントで、雑貨やカゴを飾るとナチュラルな雰囲気にもなりますね。

収納ケースの引き出しが透明な場合は、中に厚紙を入れたりして見せないようにすると生活感がなくなりますよ。

 

押し入れは、はだいろ(ベージュ)色の木の部分があるので、ナチュラルな色のカラーボックスでも合いますね!

カラーボックスが入らない隙間にも、突っ張り棒をすることでデッドスペースをなくすことが出来ます。

 

下部分にカラーボックスを付けるならキャスターを付けると引き出しやすく便利になります。

よく使うものは特にキャスターを付けておくと良さそうです。

押入れdiy!棚を簡単に作ってしまおう

押し入れの中に棚を作るととても使いやすくなります。

これからご紹介する方法は押入れの例ではありませんが、この方法を使うことで、押し入れに棚を簡単に作ることが出来ます。

棚を作るのはちょっと面倒…賃貸でもOKなDIYは?という方におすすめな作り方です。

 

カラーボックスで簡単に棚をDIY

 

カラーボックスに板を渡すだけで棚を作ることが出来ます。これなら簡単ですね!

安全のために、棚とカラーボックスを固定するとさらに頑丈になります。

これなら、部屋を傷つけなくても出来ますね!

 

こちらは板の代わりにカラーボックスで棚を作っています。

掃除機とか、どうしても高さが合わないものの収納にはこういった技を使うとすっきり収納できますね!

 

ブロックでも、本でも、工夫次第で棚にすることが出来ます。

ものによっては強度には問題アリかもしれませんが、とてもおしゃれな雰囲気に仕上がっていますね!

ウォールシェルフなどで棚を増設

ウォールシェルフを使って壁に直接棚を付けてもいいですね。

押し入れは、本の収納としてはとても良い場所ですよね。

 

押入れの簡単なリメイクの方法ですが、まず扉を取り払うのが一番で、そのことによってオープンなスペースにすることができますのでそこから使う用途によっていろいろ考えるのがおすすめです。

書斎にする場合に棚が不足するならば自分でウォールシェルフを付けて棚にします。

いつも見せたくないスペースにしたいならば写真のようにカーテンを付けてもいいですよね。

急な来客時でもすぐにカーテンで隠すことができます。

 

押入れをdiy!カーテンを付けて雰囲気をUPさせよう

押し入れは見せたくない派の方におすすめなのが、カーテンを取り付けることです。

そして簡単に取り付けたいなら、一番おすすめなのは突っ張り棒です。

突っ張り棒であれば、壁や柱を傷つけることなく設置することが出来ます。

カーテンを通しても出来ますが、目隠し程度であればクリップで止めるだけで簡単にカーテンを付けて目隠しが出来ます。

 

好きな布を買ってきて、上側を少し手縫いするだけでも簡単にカーテンを取り付けることが出来ますね。

洋風っぽい!おもしろ押入れDIYアイデア

普段あまり使わないものを収納するなら、下部分は扉を作って塞いでおくのもステキです。

下が塞がっているだけで、押し入れではなくおしゃれな棚のように見えますね。

 

扉をつけるというアイデアですが、こんな感じの雰囲気も可愛いです!

子供のミニハウスになっているそうですが、大人もくつろげそうな雰囲気ですね。

ちょっと狭い空間って読書とかしたくなるんですよね(笑)

 

リラックス空間としてソファーを置くのもアリだと思います。

頭上に注意が必要ですが、狭い部屋を有効活用するにはいいアイデアです。

 

押し入れは隠したいのであれば、襖をひと工夫することで押し入れっぽい雰囲気を消すことが出来ます。

リメイクシートや好きな壁紙で洋風にもイメチェンできそうです。

 

まとめ

ここまでご紹介しましたが、まずは押入れの扉を取り払う事で奥まったスペースをオープンなスペースとして活用することが大事です。

次に壁紙を貼り替えたりしながら雰囲気を変え、新たに棚を付けたり、収納ボックスで仕切ったりすることでスペースの有効活用をしてみます。

押し入れは、寛ぐスペースや書斎にしたり、ベッドにしたり、リメイクによってどんなスペースにもできる活用性があるスペースです。

有効活用できていない方はぜひ押入れDIYをやってみて下さいね!

 

スポンサーリンク