収納・掃除のアイデア

【運気↑】部屋の片付けかたや収納のコツは?どこからやればいい?できない時の代行業者の選び方は?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

部屋の片付けが苦手なんだけど、とりあえずどこから始めたらいいの?

実は、こういった悩みは、誰もが一度は通る道なんです。

部屋の片付けや収納には知っておいた方がいい、「コツ」があります。

「とにかく散らからない部屋の片付け方が知りたい!しかも簡単にできる方法で!」

という方のために、今回は、部屋の片付け方や収納のコツと、どうしてもできない時の代行業者についてもまとめました。

部屋の片付けかたのコツは?どこからやればいい?

①いるものといらないモノに分ける

まずは、「いる物」と「いらない物」に分けるところから始めましょう。

基準として、1年以上使っていない物はもうほぼ使わないと考えて断捨離していくのがおすすめです。

ここで分別のコツを知っておくと今後物が増えていくことを防げるので、散らかりにくい家作りができるでしょう。

 

②捨てるor売るorあげるに分ける

いるものといらない物に分けたら、次はいらない物の中で「捨てる物」「売る物」「あげる物」に分けましょう。

例えば、1年以上使っていないけれど捨てるにはもったいないと思うものは売るかあげる物に分類します。

もう使えない物や壊れてしまっている物は躊躇なく捨てましょう。

①の「いる物」と「いらない物」に分ける際にこの作業を同時に行うと効率が良いです。

各ジャンルに強い店で売るのがベスト!

③使う頻度で分ける

最後に「いる物」に分類した物を使う頻度に分けてしまえば片付けの完了です。

例えばクローゼットにしまう際は、一番使うものは取り出しやすい真ん中の段にしまいましょう。

普段はあまり使わない物は、高い位置にしまっても不便に感じにくいです。

使う頻度だけでなく、使うタイミングや用途によってケースを分けてラベリングしておくと分かりやすいでしょう。

スポンサーリンク

どこから掃除し始めるのがよい?

足の踏み場もない状態の時は?

まずは、部屋の入り口部分から掃除することをオススメします。

入り口のドアを開けて、その場に立ちましょう。

大きめのビニール袋や大きめのダンボールを3つほど用意し、「捨てる」「しまう」「売る」のラベルを貼りましょう。

手を伸ばして届くものから順に、「捨てる」「しまう」「売る」の中に入れていってください。

どのエリアから掃除するのがいい?

どこから片付けるか迷ったら、思い出の品が少ないキッチンや洗面台から始めましょう。

「いる物」と「いらない物」を分ける作業を比較的スムーズに行いやすいのでおすすめです。

スポンサーリンク

部屋の収納のコツは?

服をハンガーにかける際、色味を分けて掛けていくと見栄えが良いです。

パッと見てすぐに、どの服がどこにかかっているか分かりやすいというメリットもあります。

良く着る服のみハンガーにかけて、あまり着ない服や季節外れの服は衣装ケースにしまって収納するとクローゼットがすっきりするでしょう。

衣装ケースにラベリングしておくと、どの服がどこにしまわれているか分かりやすいですよ。

 

キッチン

キッチンは、作業スペースにはなるべく物をお行かないようにしましょう。

そうすることで、拭き掃除もしやすくなり綺麗な状態を保ちやすくなります。

頻繁に使う調理器具や家電製品以外は、こまめに棚や引き出しにしまうようにするとキッチンが散らかりにくいです。

 

調理器具

鍋やフライパンなどの調理器具は、立てて収納するのがおすすめです。

調理器具用のスタンドも売っていますが、100均でも購入できるブックスタンドも調理器具の収納にピッタリですよ。

ブックスタンドだけでは安定しにくい大きめの鍋の収納には、ファイルケースが便利です。

特に人気なのは、ニトリや無印のファイルケースがシンプルで人気があります。

ファイルケースは調理器具の他にボトル系調味料の収納にもピッタリで、キッチン下の収納をすっきりさせたい時におすすめのアイテムです。

 

生活雑貨

こまごました生活雑貨は、ケースインケースで片付けるのがおすすめです。

ケースインケースとは、1つのケースの中でもさらに小さなケースに分けること。

お気に入りのカゴにクリアケースで細かく分けた雑貨をしまうのもおすすめです。

他にも、100均やホームセンターでシンデレラフィットする収納ケースも購入できますよ。

 

洗面所

かさばりやすいタオルの収納に困っている方も多いのではないでしょうか?

タオルは、くるくると巻いて収納するのがおすすめです。

引き出しに突っ張り棒を設置すると、

くるくる巻いたタオルが崩れてくることなくすっきりと収納できますよ。

きれいに洗って乾かした牛乳パックも、タオルや洗剤類の収納にピッタリです。

 

冷蔵庫

冷蔵庫の中も、収納ケースを使って用途別に分けるとすっきりします。

また、奥の物も取り出しやすくなるため

「気が付いたら賞味期限が切れていた!」なんてことも起きにくいでしょう。

収納ケースは取っ手付きの物が取り出しやすいのでおすすめです。

スポンサーリンク

 

どうしても片付けできないときは代行業者にお願いしてみよう

「散らかり過ぎていてどこから手を付ければよいか分からない」

「本当に片付けが苦手で自分ではどうにもできない」

という方は、片付け代行業者に頼んでみるのが良いでしょう。

料金の相場は、2LDKで12万円~30万円、3LDKで17万円~50万円となっています。

片付け代行業者の料金は、1㎡のゴミの量で変動するので参考にしてみてください。

-収納・掃除のアイデア