ベッドのコーディネート例20選!おしゃれなホテルや海外風にするには?


ベッドのコーディネートってなかなか難しいですよね。

ベッドは広い面積なので、 インテリアにも大きく影響します。

海外のようなおしゃれなベッドのコーディネートにするにはどうしたらよいのかまとめてみました。

 


ベッドのコーディネート例20選!おしゃれなホテルや海外風にするには?

例1

アースカラーでまとめられた可愛いらしいコーディネート。

ラタンの家具がレトロな印象を醸し出しています。

虹が描かれた大きなタペストリーと、カラフルに編み込まれたベッドカバーがお部屋の温かみをより一層感じさせます。

 

例2

乙女なカラーリングとアイスのモチーフでポップな可愛らしいベッドルームになっています。

壁にかかった同系色のタッセルとポンポンはすぐに作ることができそうなアイテムです。

また、壁全体がピンクではなく、黒のドットと合わせることで甘くなりすぎずに引き締まっています。

 

例3

子供のベッドルームですが、大人にもしっくりくるモノトーンをベースにしたコーディネートです。

極力シンプルな中で、惑星や宇宙をテーマにした本やモビールが子供心をワクワクさせます。

ベッドサイドのランプも使いやすそうです。

 

例4

モロカンテイストをスパイスとして効かせたモノトーンなベッドルーム。

全体的に落ち着いた大人の雰囲気です。

ベッドサイドには電球のみをL字金具に取り付けてあります。

一緒に鑑賞植物も吊るすことでドライな中にも温もりを感じさせるインテリアに仕上がっています。

 

甘い色で統一し、優しい雰囲気に

例5

可愛いモチーフでいっぱいですが、全てブラウン系で統一することで、甘くなりすぎないコーディネートになっています。

ぬいぐるみは一緒に飾るとガーリーになりやすいですが、こういった色味であれば主張せずに大人な雰囲気がキープできますね。

 

例6

シンプルな木製のベッドフレームに白い壁。

ベッドカバーの大きなタッセルと壁面に飾られたマクラメ編みのタペストリーがコーディネートのポイントになっています。

部屋に大きな観葉植物をひと鉢置くのもいいですね。

空気を新鮮にしてくれそうです。

 

例7

清潔感のある白とグリーンと基調としてあります。

壁にはサボテンが描かれた大きな布をタペストリーとして飾っています。

大きな絵は一瞬にして部屋の印象を変えてくれますし、布をピンで固定しているだけなので、模様替えも容易にできますね。

 

スポンサーリンク

例8

キッズベッドコーナー。

ビタミンカラーでコーディネートされています。

壁には子供の肖像画が飾られています。

このお部屋に住んでいる子でしょうか。

可愛いポップな色味とレインボーのクッションは子供本人も気に入りそうです。

 

例9

黄色のポップなカラーが印象的なヘッドボード、自分でDIYで作ってしまうのも手です。

こちらは滑り止めシートに好みの糸を挟み込んでいるだけ。

大きいので仕事量はありますが、作業は意外とシンプル。

初心者でも挑戦できそうです。

 

スポンサーリンク

いつかはやりたいロマンチックな部屋飾り

例10

こちらはライティングが印象的なベッド。

オーガンジーのカーテンでベッド周りを覆って、壁一面に照明がつるされています。

まるでお星様のよう。

また一緒に吊るされた月の満ち欠けをイメージしたモビールも可愛いです。

 

例11

壁に飾られた戸棚とクロスのモチーフたちはアンティーク感漂う落ち着いた雰囲気。

ベッドカバーはネオンカラー。

取り入れるのはちょっと上級者な感じがします。

しかし基本のベースカラーはシンプルに、ポイントとしてビビッドなカラーを使えばうまくいきそうです。

 

例12

山小屋の雰囲気漂うベッドコーナーです。

白いベッドリネンにシンプルなボーダーのカバーがポイントになっています。

また、手前に取り付けられた長いカーテンが可愛らしいです。

お部屋を簡単に仕切ることもできて便利そう。

 

例13

シンプルなメンズライクなベッドルーム。

本来なら貨物の輸送に使われるヨーロッパパレットをつなげてベッドフレームとして使用しています。

サイドボード代わりに木製ボックスを置いています。

パレットは並べただけなので、模様替えも簡単にできそうです。

 

花や花柄を組み込んでナチュラルさと個性を出した例

例14

黒をメインにしたベッドルーム。

ベッドヘッドに飾られたビビッドなタペストリーが印象的です。

両サイドにはサイドボードや鏡、ランプが線対称に配置されています。

天井付近に取り付けられた棚にはたくさんの観葉植物が。

上に視線が行くことでお部屋の印象が広く感じられますね。

 

例15

めいっぱいに甘いベッドルームです。

やっぱり水色とピンクのコーディネートは乙女の王道ですね。

壁のバラ柄とクジャクのオーナメントが個性派ですが、全体的にはすっきりとして使いやすそうなお部屋に仕上がっています。

 

例16

黄色がメインテーマ。

壁にも同じカラーの小物を飾られて、元気がでそうなお部屋です。

ベッドリネンは3種類の花柄を使っていますが、全てカラーを合わせているので、ゴチャゴチャと雑然とした印象を与えずにまとまっています。

 

例17

アッシュトーンで大人びた色味のキッズスペース。

白いリネンに花束を模したクッション、天蓋がブラウン系のリネンなのも珍しいですね。

中に飾られた蝶々のモビールもとても可愛いです。

壁紙を真似するのは難しそうですが、こういった渋い色味であれば可愛くなりすぎず大人が真似しても良さそうです。

 

スポンサーリンク

例18

元気なカラーリングとグリーンを合わせたオリエンタルな雰囲気漂うコーティネートです。

壁を飾るポスターやカラフルなカゴも素敵。

ピローケースやベッドカバーもそれぞれに個性がありますが、うまく調和しています。

 

例19

カラフルですが抑えめのトーンで統一されているので、可愛い中にも大人らしさが漂います。

ペールトーンを中心に、渋目のピンクやブルーがポイントになっています。

壁にかけられたマクラメ編みもボヘミアンな雰囲気に一役かっています。

ハワイアン雑貨 マクラメ タペストリー ライン 約W24×TH48cm 壁掛け オーナメント 海 ビーチ マリンテイスト ビーチリゾート ハワイ インテリア インテリア雑貨 おしゃれ かわいい ディスプレー ギフト 西海岸 ナチュラル 北欧 ウォールデコレーション ビーチスタイル

 

例20

ベースはシンプルに、ピローケースのオリエンタルな柄が映えるコーディネート。 

大きなサイズのクッションがベッドヘッドボードとして壁につけられていますが、手作りでできそうです。

ビンテージゴールドのパイプとクッションについた革素材のループでかっこいい雰囲気に。

 

スポンサーリンク

ベッドのコーディネート例20選!おしゃれなホテルや海外風にするには?まとめ

ベッドのコーディネートは、部屋が赤なら赤、青なら青とメインにしたい色を使ってコーディネートするのが部屋がまとまるポイントになります。

柄物のベッドシーツやカバーは、たくさん使いすぎるとまとまりにくくなるので、 ポイントとして使うとおしゃれになりやすいです。

自分でベッドのコーディネートが難しいなと感じたら、ニトリや無印良品のコーナーでセット売りされているのを買うのも良いと思います。

部屋全体がカラフルなインテリアであれば、カラフルな色使いでベッドをコーディネートしてもいいと思いますが、かなり上級者向けのコーディネートになりますので、 なるべく同系色や単色でベッドのコーディネートを揃えた方がいいと思います。

また迷ったら、 シンプルに白やベージュ、 アイボリーなどの柄がついていないベッドカバーがおすすめです。

カバー1つでかなり雰囲気が変わりやすいですので、少し高くても、お気に入りのベッドカバーを買ってコーディネートしてみてくださいね。