【4畳半レイアウト】部屋をおしゃれに広く見せる工夫&アイデア9選!狭い部屋の収納は?

収納スペースをL字型にした可愛らしい女の子部屋


この記事では最近増えているお部屋の4畳半スペースを最大限に活用する方法やアイデアを写真を交えて紹介しています。

家族のつながりを意識するレイアウトが増え、マンションや注文住宅ではLDKを広く取り子供部屋などを狭くしています。

参考になる4畳半のレイアウト実例を写真を交えて紹介し、知っておきたい工夫やアイデアもまとめました。

4畳半のレイアウト実例は?

4畳半のレイアウト実例をシーン別に紹介していきます。

四畳半の広さはメートルで表すと約2.7m×2.7mほどしかありませんので、収納やレイアウトの方法が大切になっていきます。

一人暮らし

壁面収納をうまく活用する

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

yuko/楽チンご飯(@_yu_ko.a.r)がシェアした投稿

こちらのお部屋は2段にした壁面収納がグッドアイデアですね。

一人暮らしは趣味のものが増えやすいのでデッドスペースを有効に活用しましょう!

 

スペースを取るテレビを壁掛けでスッキリと

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

グッドルームジャーナル | 賃貸インテリア・暮らしのコラム(@goodroomjournal)がシェアした投稿

テレビは壁掛けにするとおしゃれ感がグッとアップします。

テレビ台やレコーダーはスペースを使いがちですが、インターネット配信を利用するとテレビのみでも十分生活可能です。

写真ではさりげなくコード類を目隠しして、よりスッキリ見えるお部屋にしているのが印象的です。

 

子供部屋

階段下収納を有効活用

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

um(@um.rph)がシェアした投稿

階段下収納は現代の住宅の中で貴重な収納スペースです。

こちらのお部屋は2カ所の収納スペースがあるので、注文住宅を建てる際に参考にしたいレイアウトではないでしょうか。

仕切りを設けることで、子供部屋にも来客用の宿泊部屋にも自由に使い分けができますよ。

 

市松敷きがおしゃれな子ども部屋

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(@mido._.home)がシェアした投稿

琉球畳を市松敷きにしておしゃれな子供部屋に仕立てていますね。

奥には収納スペースがあり、必要なおもちゃだけを外に出すことでスッキリしたお部屋の印象に。

控えめなトーンの遊具たちが、自然と空間に調和しているのもおしゃれなポイントです。

 

収納スペースをL字型にした可愛らしい女の子部屋

収納スペースをL字型にすると、無駄なくおもちゃなどが片付けられます。

特に部屋の角に当たる場所には専用設計の家具が存在するほど、使い勝手も良好です。

こちらのお部屋は壁紙を張り替えるだけで、女の子らしい可愛らしいお部屋になっていますね。

 

和室

和室は定番のキッズスペースと来客用の宿泊部屋に

普段使う機会が減った和室を、キッズルームとして使っている読者は多いのではないでしょうか。

和室は収納スペースが広いことが多いのプレイルームや来客用の就寝部屋に向いていると言えるでしょう。

 

書斎

LDとつなげた書斎スペース

LDと続き間にした四畳半の書斎のレイアウト例です。

マンションや注文住宅でも要望が増えている続き間のレイアウトは、家族の気配や温もりを感じやすいのがメリット。

仕切りを締めればきちんとワークスペースになるので、仕事のオンオフを切り替えやすいのも人気の理由かもしれません。

 

寝室

余計なものを置かないようにベッドだけを配置

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kayano(@k__s.home59)がシェアした投稿

四畳半全てを寝室にした寝室レイアウト実例です。

家族でゆっくり休める空間にするため、余計なものを置かずおしゃれに見えますよね。

ついついものを増やしてしまう方は、こういった思い切ったレイアウトをしてみるのもおすすめです。

スポンサーリンク

 

部屋を広く見せる工夫やアイデアは?

部屋を広く見せる工夫やアイデア例5つをかんたんに紹介します!

頭の片隅に入れておき、家具などの購入時に役立ててください。

①ベッドは収納付きを選ぶ
②背が低い家具や鏡を配置すると部屋は広く見える
③折りたためるテーブルなどを使用する
④ワイヤーネットや引っ張り棒で吊るす収納
⑤フレームの細い家具は圧迫感が出ない

ベッドは収納付きを選ぶだけで家具を置くスペースを節約できるおすすめのアイデアです!

背が低い家具は部屋が広く見える錯覚を起こし、鏡は部屋が続いているように見えるので4.5畳とは思えぬ広さを感じます。

テーブルなどは、折り畳めると布団を敷いて就寝スペースにできますし急な来客にも備えられるでしょう。

ワイヤーネットや引っ張り棒を使ったデッドスペース活用収納は、低価格で入手できるのも魅力的。

フレームの細い家具を配置すると圧迫感が抑えられ、洗練されたお部屋の印象を受けますよ。

まとめ

今回は「4畳半レイアウト」に焦点を当てておしゃれなインテリア実例を紹介してきました。

またお部屋を広く見せる工夫やアイデアもお伝えしたので、お部屋の見直しや模様替えをしたくなったのでないでしょうか。

最大限にスペースを活用して、四畳半での暮らしを楽しみましょう!

当サイトのオススメ通販サイト 一覧ページ