白で統一して広く!すっきりした部屋

oneroom-layout-simple_010
出典:poesiepixel.com

白い色や薄い色は部屋を広く見せてくれる効果があります。
この部屋はベッドカバーも壁も、収納棚も一面同じ色の白色で揃えて、広く見せています。

収納が確保できず、置き場所がないため部屋がごちゃごちゃしてしまうことがありますが、そうならないためにも収納は広く確保したほうがよいです。
また、すっきりを保つために、収納にはいらない分は捨てるといったような定期的な整理整頓も大事になってきそうです。

ベッドスペースを本棚で仕切ってスッキリ!

oneroom-layout-simple_007
出典:marblebuzz.com

お部屋全体から木の安らぎを感じれるお部屋です。
本棚で部屋を仕切ることで、収納とスペースを分けるパーティションの役割を果たしています。

ソファーのそばに沢山の本があり、本を読み始めると時間が経つのを忘れてしまいそうです。

カラフルなアイテムを部屋の奥に!目線を誘導

oneroom-layout-simple_008
出典:melmorenaboutique.blogspot.jp

部屋のメインカラーを白でまとめていますが、部屋の奥にカラフルなアイテムをまとめることで、視線を誘導され部屋を広く見せています。

壁や棚に、カラフルな小物入れやインテリアが上手くマッチして、毎日を前向きに、明るくしてくれそうです。
こんなお部屋なら休日の日も何かしてみよう!という気持ちになることでしょう。

収納は壁に沿うように設けてスッキリな部屋

oneroom-layout-simple_009
出典:imaginationforbreakfast.com

壁に沿うように収納棚を設けることで部屋をスッキリ見せています。
ごちゃごちゃした部屋にならないために、高い家具は入り口より一番遠い場所に配置すると部屋がすっきりと広く見えます。

家具やベッドは低くしてスッキリレイアウト

oneroom-layout-simple_011
出典:architecturendesign.net

家具やベッドを低いタイプのものに揃えて、床でゴロゴロするスタイルのレイアウトです。
高い家具が無いため圧迫感が無く部屋が広く見えますね。
収納はクローゼットの中に入れてしまい、シンプルな空間を保っています。

ベッドの横に机のレイアウトがおすすめ!

oneroom-layout-simple_012
出典:planos-de-casas.net

ベッドの横に机を配置すると使い勝手もよく狭い空間でもフロアスペースが広く確保できます。
デスクで使用するライトと、ベッドで使うライトを兼用できるのでかなり使い勝手が良さそうです。

大事なのは、ベッド下の収納や机の引き出しなどが、ちゃんと開くことの出来るレイアウトにすることです。
家具にぶつかって引き出しが開かない状態だと、片付けたり取り出したりするのが面倒になり、部屋が散らかりやすくなります。

どうしても引き出しが家具に干渉して使いにくい部分は、普段あまり使わないものを収納すると良さそうです。

最後に

いかがだったでしょうか?
シンプルなレイアウトにするためには、大容量の収納を設けて壁側に沿わせるように家具を配置することで狭い部屋でも広く見せることが可能ですね!
また、家具やベッドの色を合わせてすっきりと見せることも大切になってきます。
ぜひ部屋のレイアウトの参考にしてみてくださいね!