ダイソーの収納グッズを使った定番の収納法は?場所別にまとめたよ


クローゼット収納グッズソフトボックス

細かい日用品は、整頓してもいつの間にかバラバラになってしまう!

使いたい時に使いたい物がなかなか見つからないなんてことはありませんか?

ダイソーの収納グッズなら、便利な収納グッズがいろいろとあります。

今回は、場所ごとに便利なグッズや使い方のアイデアを紹介します。

キッチンがスッキリ!使える収納グッズは?

カラトリーは普段遣いを上段、来客用は下段に

ダイソーのクリアケースには、カトラリーにピッタリなサイズがあります。

種類ごとに分けて入れれば、仕切りの役割にもなって便利です。

浅型なので、このようにキッチンの引き出しに重ねて収納することもできます。

日常的に使うものは上段、来客用は下段にと使い分けるのもおすすめです。

ファイルスタンドを上手に使って収納力UP!

こちらのシンクの仕切りに使っているのは、ファイルスタンドです。

色々と収納したくなるシンク下は、上手に仕切ると使いやすくなります。

ボールやフライパンなどは、平置きすると場所をとるため収納が難しいです。

このようにスタンドに立てて収納することで、収納力がアップします。

「立てて収納」が取り出しやすいポイント

こちらもファイルスタンドを利用したフライパンを収納です。

重ねて平置きしてしまうと、下の物が取り出しにくくなります。

このように立てて収納すれば、使いたいものが取り出しやすいです。

キッチンの引き出しに収納すれば、ガス台周りもスッキリします。

ワイヤー棚DIYで高さ調節が自由自在

こちらはワイヤーネットを使ったフライパンや鍋のシンク下収納です。

収納棚にすることで、上部のデッドスペースを有効活用しています。

簡単に細工できるワイヤーネットは、収納をDIYすることができるので便利です。

簡易的な棚なので、重い物を載せると歪んだり壊れる場合があります。

収納する物の重量には注意しておきましょう。

使い勝手の良い壁掛け収納をDIY

ワイヤーネットと突っ張り棒で、壁掛け用のネットを作ることができます。

調理器具など細かい物やよく使う物を引っ掛けて使うことができる収納です。

こちらはフック付きのカゴをシンクの上に吊るしました。

ちょっとした水切りカゴも兼用しています。

よく使う物を手の届く範囲にまとめておけば、いちいち探す手間がありません。

S字フックや結束バンドを使って留めれば、好きなように吊るして使うことができます。

扉の裏側にワイヤーネットを吊るして収納力UP

こちらもワイヤーネットを使った吊り下げ収納です。

シンク下収納の扉に取り付けています。

吊るす収納は便利ですが、見えるのが嫌という場合もあるのではないでしょうか。

このように扉の裏なら見える心配がありません。

ちょっとした物の収納場所として活躍します。

粘着フックを取り付けるだけでも便利な収納に

吊るす収納が初めてなら、まずは粘着フックを利用してみると良いでしょう。

必要な数を貼るだけなので、手軽に試すことができます。

落下を防止するためには、粘着が強力なタイプのフックがおすすめです。

ガス台周りは湿気や油で、長く使っていると粘着が弱くなります。

重い物を吊るすのは避け、粘着フックは定期的に交換しましょう。

引っ掛ける収納で探しやすくなるアイデア

こちらは突っ張り棒とS字フックを使った吊るす収納です。

乾物の袋の留め具に使っている目玉クリップに、S字フックを引っ掛けています。

こうして見やすく収納すれば、使い残し防止にもなりますね。

身近にあるものを上手に利用したアイデア収納です。

スポンサーリンク

 

クローゼットを賢く収納する収納グッズは?

フタ付きのソフトボックスにはラベルをつけよう

ダイソーにはクローゼットの天袋にピッタリの収納袋が色々とあります。

こちらはフタ付きのソフトボックスです。

取っ手が付いているので降ろしやすく、フタを閉めればホコリも防ぐことができます。

シーズンオフのアイテムや、出番の少ないアイテムを収納しておくのに便利です。

このようにタグを付けておけば、下から見てもすぐに中身がわかります。

収納する場所のサイズに合わせた収納袋を使おう

こちらはベッド下用の収納袋をクローゼットの天袋で使っています。

収納袋を立てたサイズと天袋がピッタリで、見た目も綺麗です。

薄手の寝具も入るサイズなので、来客用のアイテムや季節物の入れ替えに役立ちます。

PPバックで細々したものを隠してスッキリ見せる

雑誌や資料を収納するなら、PPバックがおすすめです。

サイズが数種類あるので、ピッタリのサイズに収めることができます。

素材がPPのため、角が当たっても破れにくく丈夫です。

クリアケースや紙類をまとめて入れておくのに向いています。

ペーパーボックスなら積み重ねて収納できる!

小物などを入れるなら、ペーパーボックスが便利です。

細かい物をまとめて収納することができます。

多少中身が雑然としていても、スッキリとした外見なので目立ちません。

フタ付きなので高さに余裕があれば、積み重ねたり上に別の物を置くこともできます。

フタ無しのプラスチックケースをちょい足し

マフラーや手袋などの冬物は、シーズン中の収納場所に意外と悩みます。

出し入れが面倒になって、出しっぱなしになりがちではないでしょうか。

チェストや衣装ケースに入れると、かさばってしまうという問題もあります。

そんなときにはフタ無しのプラスチックケースをちょい足ししてみましょう。

取り出しやすく、ケースからはみ出さないように収納すれば見た目もスッキリとします。

PPバックに収納でホコリを防ごう

クローゼットの中で場所をとるバッグは収納方法に悩むアイテムではないでしょうか。

こちらはPPバッグに入れて収納しています。

写真を貼っているので中身がわかりやすいです。

同じ柄のPPバッグで揃えれば見た目が整い、ホコリや汚れも防ぐことができます。

型崩れを防ぐために、バッグよりも大きなサイズにPPバッグに余裕を持って入れましょう。

カバンはフックに吊り下げ収納で取り出しやすく

こちらはS字フックにバッグを吊り下げて収納しています。

90度回転することのできる大型フックを使っているので、取り出しやすいです。

手持ちのバッグが見やすく、使いたい物をすぐに取り出すことができます。

取っ手の負荷を軽減するため、できるだけバッグの中身は抜いて軽くしておきましょう。

素材が布地以外の取っ手は、ハンカチなど薄い布を巻いておくと傷みの軽減になります。

突っ張り棒とワイヤーネットで高さ調節が可能な収納を

このようにワイヤーネットを使ってバッグを吊り下げる方法もあります。

突っ張り棒にS字フックでワイヤーネットを引っ掛けるだけで設置できるので手軽です。

バッグ以外にもベルトや小物カゴなど、色々な物を吊るしておくことができます。

突っ張り棒を動かすだけなので、高さや位置の変更も簡単です。

クリップ付きハンガーで賢くワイヤーネット収納

こちらはクリップ付きハンガーでワイヤーネットを吊るして作った収納棚です。

棚板になっている部分は結束バンドで留めています。

重い物は載せられませんが、かさばる帽子や軽いバッグの収納に便利です。

スポンサーリンク

 

散らかりやすいオモチャをきれいに収納!

大きめのカゴで散らかるオモチャをスッキリと

ぬいぐるみをまとめて収納するなら、容量の大きいカゴを利用すると便利です。

見た目がおしゃれなだけでなく、中に入れていくだけで場所がスッキリと片付きます。

中が見えるのが気になるなら、上に布などをかけて目隠しするとよいでしょう。

種類で分類したいなら、サイズ違いのカゴを用意すれば大まかに分けることができます。

使わないときはたたんでおけるランドリーバスケット

ランドリーバスケットもぬいぐるみ収納として活躍します。

おしゃれな柄のバスケットは、部屋に置いても違和感がありません。

容量が大きいので収納力があり、使わないときは畳んでおけるのも便利です。

見やすくコンパクトにしまえる仕切り付きの小物入れ

こちらは仕切り付きの小物入れを、小さな人形の収納に使っています。

人形本体が入るだけでなく、着せ替え用の服も一緒です。

仕切りがあるので、持ち運ぶときもグチャグチャになりません。

見やすくコンパクトな収納です。

透明ケースにすれば子供も探しやすい収納に

シューズ用の透明ケースは、鉄道や車のオモチャを収納するときに便利です。

小物入れよりもサイズが大きいので、レールなどもはみ出さずに収納することができます。

パーツごとに分けて収納しておくと、遊ぶときにもわかりやすいです。

大量のオモチャはカラボ×プラスチックケースで

深型のプラスチックケースは、カラーボックスとの組み合わせにピッタリです。

高さのあるオモチャや幅のあるオモチャも、そのまま入れることができます。

細かいオモチャをまとめて収納したいときにもおすすめです。

ケース自体に高さがあるので、目隠しにもなってくれます。

持ち運びやすい!オモチャをマルチバックに収納

こちらはオモチャの種類ごとにマルチバッグに収納しています。

小分けにすることで、1度に取り出す量が少なくなり後片付けが楽です。

マルチバッグに入れるだけで簡単なので、子供でもすぐに片付ることができます。

クーポン対象 【10センチ単位】ブラック 生地 布 リーフ パターン 柄 綿オックス コットン100% 北欧風 手芸 入園入学 ハンドメイド 商用利用可 葉っぱ 植物 黒

子供にも取り出しやすい高さのアイデア収納棚

こちらは手作りのオモチャの収納棚です。

ワイヤーネットと突っ張り棒、フタ付きコンテナを組み合わせています。

突っ張り棒の高さを前後で段違いにしているのがポイントです。

コンテナが斜めになって、中身が取り出しやすくなっています。

簡単に作ることができて収納力抜群の、アイデア収納棚です。

子供一人ずつ!専用の子供棚をDIY

こちらもワイヤーネットで作った棚です。

バスケットやプラスチックケースを組み合わせて、大容量の収納になっています。

下にはキャスターを付けているので、掃除するときにも安心です。

遊ぶときにはケースだけ抜き出して持ち運ぶことができます。

お風呂場のオモチャはワイヤーネットでカビを防ぐ

お風呂のオモチャ収納もワイヤーネットで作ることができます。

こちらは曲げたワイヤーネットをフックで吊るして棚にしました。

メッシュ状になっているので水が溜まる心配がありません。

カビが心配なお風呂の収納にピッタリです。

スポンサーリンク

 

洗面台やサニタリーを整理する小技

シンク下は半透明ケースで仕切って収納

ゴチャゴチャになりやすいシンク下は、このようにケースで仕切って収納してみましょう。

種類ごとにケースを分けているので、どこに何が入っているのかがわかりやすいです。

半透明のケースで中が見えるようにしているので、ストックの増減がすぐに把握できます。

ファイルケースで小分けにして取り出しやすく収納

シンク下で活躍するのは、平置き用のケースだけではありません。

こちらはファイルケースに歯ブラシやスポンジなどの小物を収納しています。

小分けにして立てて収納できるので、スペースに無駄のない収納です。

1つのケースの容量には限りがあるので、買いすぎ防止にも役立ちます。

積み重ねず突っ張り棒で2段にして収納

こちらは突っ張り棒と棚板を使って、シンク下を2段の収納にしています。

シンク下収納は上の空間が余ってしまいがちです。

突っ張り棒を使えば、手軽に余った空間を利用することができます。

細々した小物はウォールポケットで使いやすく収納

このように、扉の裏も小物入れとして使うことができます。

こちらはウォールポケットを粘着フックで吊るした小物入れです。

メイク道具やヘアピンなど、ちょっとした消耗品の収納場所として役立ちます。

マグネットシートで使いやすさ抜群の収納

こちらのブラシ立ては、傘立てを利用しています。

かさばるブラシ類も、立てて収納すれば省スペースです。

壁に貼り付けておけば、倒してバラバラになる心配もありません。

ヘアゴムやヘアピンなどの細々したものは、丸いマグネット缶にまとめています。

細かい物が多いメイク道具を上手に収納した、スッキリとした洗面台です。

かさばるドライヤーはドライヤーフックが便利

洗面所で場所をとるドライヤーは、ドライヤーホルダーを使うとスッキリと見えます。

吊り下げ式なので場所をとりません。

邪魔になりがちなコードも、一緒に引っ掛けることができるので安心です。

このようにステッカーやシールを使えば、シンプルなホルダーがおしゃれになります。

スポンサーリンク

 

机の引き出しのこまごました文房具も解決!

クリアケースを組み合わせて種類別に収納

引き出しの中の文房具をスッキリ収納するなら、上手に仕切ることがポイントです。

こちらはクリアケースを組み合わせて、種類別に収納しています。

それぞれのアイテムの場所を決めておけば、ゴチャゴチャになりません。

自由なサイズに仕切りを作れる間仕切りボード

収納したいアイテムのサイズがバラバラなら、間仕切りボードがおすすめです。

好きなサイズにカットして、自由に仕切りを作ることができます。

大小様々なサイズがある文房具にピッタリです。

使える!はがきケースで小物収納

小物の数が多いなら、まとめて収納できるハガキケースが便利です。

仕切りだけではバラバラになりやすいペンや付箋も、スッキリと収納できます。

半透明なので中身が見やすく、文房具にちょうど良いサイズです。

種類ごとにまとめておけば、使いたいものがすぐに見つかります。

フタ付きの収納缶で散らかるのを防ごう

こちらはマグネット缶を使って小物をまとめています。

輪ゴムやクリップなどは、引き出しの中で散らかりやすいアイテムです。

このようにフタ付きの収納にまとめると、バラバラになる心配がありません。

スポンサーリンク

 

片付けやすいリビングにする収納アイデア

TVボードはボックスやケースでスッキリと

リビングのTVボードには、ボックスやケースをサイズ違いで組み合わせると便利です。

リモコンなどの小物や雑誌、子供のオモチャなど色々と収納することができます。

組み合わせる時には、色や雰囲気を揃えるとガチャガチャした雰囲気になりません。

こちらは白とベージュを基調とした、ナチュラルテイストにまとまっています。

ソファー下の隙間のデットスペースも収納に

広々と使いたいリビングでは、ソファ下のスペースも有効活用したいものです。

こちらは浅型タイプのカゴを連結して、ソファ下収納にしています。

取っ手付きのカゴを使っているので、奥に入れていても取り出しやすいです。

表に出したくないけれど、よく使うものを入れておきたいときに役立ちます。

リモコンスタンドで収納場所を決めて紛失防止

散らかりやすいリモコンは、収納場所を決めておくと良いでしょう。

こちらは小物入れを背中合わせにくっつけて、6台入るリモコンスタンドを作りました。

使ったら戻す癖を付けておくと、紛失防止にもなります。

掃除が楽!ワイヤーネットにコードやルーターを収納

こちらTVのコードをワイヤーネットを使って整理しています。

全てTVの裏に収めているので、見た目にも綺麗で掃除がしやすいです。

コードはフックに引っ掛けてまとめ、ルーター用にカゴも付けています。

ハンディモップや粘着クリーナーも一緒に吊るしているので、掃除のときに便利です。

 

まとめ

用途別の便利な収納グッズは種類が豊富です。

他のアイテムと組み合わせたり、アイデア次第でさらに使い方が広がります。

収納グッズを上手に使って、スッキリとした部屋を作りたいですね。