foliage-plant-cricket_01
出典:http://theeverygirl.com

観葉植物を育てる際に、気をつけなければならないことは虫ではないでしょうか。もし、虫が部屋の中で育てている観葉植物に付いたらと思うと嫌ですよね。

そうならないためにはどうしたらいいのでしょう。知っておきたい駆除の方法や虫がつきにくい植物をご紹介します。

〈 目次 〉

  1. 観葉植物に虫が発生してしまったら…駆除の方法
  2. 害虫がつきにくいおすすめ植物5
スポンサードリンク

観葉植物に虫が発生してしまったら…駆除の方法

foliage-plant-cricket_02
出典:https://www.etsy.com

そもそも虫が付くのは、観葉植物の健康状態が良くないと思った方が良いでしょう。風通しがよくきれいな水をあげていればあまり虫が付くこともなくなります。

foliage-plant-cricket_03
出典:http://balconygardenweb.com

例えば、葉の汚れを取ったり、枯葉を取ったり、土のゴミをのぞいたり、鉢の下に敷いているトレイの水を溜めないように清潔にしていれば、虫もあまり付かないですみます。また、できるだけ葉水を心掛けると予防になります。

そして、一度発生してしまったら、どんな駆除をしたらいいかですが、まずどんな虫なのかを分析する必要があります。

多いのは、カイガラムシやアブラムシ、ハダニで、一番多いカイガラムシは小さくてプチプチしていて、葉っぱを黒くススのようにします。

※虫の画像はこちらをクリックしてください
出典:http://kagu-note.com

対策としてはカイガラムシは歯ブラシのようなもので細かくこすってあげます。黒くなった葉っぱも拭きとってあげるといいでしょう。
アブラムシは、小さいので葉水をする際のスプレーで吹き飛ばし葉をきれいにふき取ってあげます。

※虫の画像はこちらをクリックしてください

出典:http://gardenstroy.info

ハダニは一つずつ見つけてはつぶすと言った方法になります。

いずれも駆除した後は、葉っぱを拭いたりしているので風通しのいい所で管理します。

こうした虫の発生は、早めの対処が一番で、できるだけ毎日葉水をしながら葉っぱを観察していくことが大事と言えます。

≪害虫がつきにくいおすすめ植物5選≫は次ページへ