「窓が勝手に開く家」10坪の狭小住宅は成功or失敗?【劇的ビフォーアフター】

スポンサードリンク



beforafter

2016年11月20日の大改造!!劇的ビフォーアフターで、「窓が勝手に開く家」と称された10坪の狭小住宅のリフォームが紹介されます。

私も予告を見てちょっと笑ってしまったんですが、この家、カギをして寝ているのに窓が勝手に開いてしまうという怪奇現象みたいな事が起こる不思議な家です。

おそらく、家のどこかが歪んでいるんだと思いますが、一体何が原因なんでしょうか?

〈 目次 〉

  1. 「窓が勝手に開く家」10坪の狭小住宅のビフォーは?
  2. 今回のリフォームのビフォーアフターは?
  3. 今回の匠は誰?今回のリフォームは成功or失敗?金額は?
スポンサードリンク

「窓が勝手に開く家」10坪の狭小住宅のビフォーは?

beforafter

不思議な現象が起きる世にも奇妙な家とのことですが、外回りは怪しくもなく一見普通の家に見えます。

beforafter_02

問題の部屋はこの部屋のようですが、それにしても人が一人やっと寝れるぐらいのかなり狭いスペースだということが分かりますね!
収納もなさそうで、足元に生活美品が積み上げられているのが分かります。

beforafter_03

カギも少しかかりにくくなっているようですが、一応カギをして寝ているのに…

beforafter_04

beforafter_06

勝手に開いた(笑)
いや、住んでいる人にとっては笑い事じゃないと思うのですが、何で開くんでしょうか?

冬は寒いだろうし、泥棒にも入られそうだし、雨が降ったら最悪でしょうね…。

しかも、玄関ドアはものすごく固く開けにくい状態なんだそうです。

beforafter_07

これは、大掛かり的なリフォームになりそうな気がします。
どうも部屋の床も斜めになっているようで、バーベルらしきものも部屋の隅に転がってしまう状態だそうです。


beforafter_05

いったい今回はどんなリフォームが行われるでしょうか?
狭い家のリフォームを考え中の方は必見ですね!

放送終了後 追記

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-20-20-43-54

今回の「窓が勝手に開く家」ですが、なかなかの狭小住宅でしたね。
どうも28年前に、建坪10坪だったものを子供4人が生まれたために12坪に増築されたお宅だったようです。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-20-20-45-26

そのせいで、窓全体が斜めになっており、窓を締めても1、2階とも隙間ができてしまっていました。
増築のせいで、1階の床も大きく傾斜してしまったそうです。

なぜ、増築で歪んでしまったかというと、基礎・地盤に問題があり地盤沈下を起こしていたようです。
元々基礎を打つ前の地盤の状態が良くなかったようで、土がえぐれている部分がありました。

また、玄関の基礎を破壊していたため、特に玄関が歪んでいたようです。

子供が増えたり、ライフスタイルが変わることで増築することがあると思いますが、家が歪んでしまうというリスクもあるんですね。
地盤がしっかりしていればいいのですが、増築の際はその辺りに気をつけたほうが良さそうです。

≪今回のリフォームは成功or失敗?今回の匠は誰?≫は次ページへ

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です