節分の飾り付けの時期はいつから?100均やペーパークラフトの飾りも素敵


節分は、季節を分けるというそもそもの意味があり、大体2月3日のことが多いのですが、節分飾りはいつごろから飾ったらいいのか迷いませんか?また、あまり飾り自体をしない人も多いのではないでしょうか。

「節分の時に豆まきをして邪気を払う」という意味合いの節分ですので、玄関などに飾り付けをして春を迎えてみませんか。

簡単にできる100均やペーパークラフトでの飾りもご紹介します。

ちょっとした工夫で素敵な飾りをしてみませんか。

 

節分飾りはいつからどんな物を飾る?

節分飾りは、小正月と呼ばれる1月15日頃から節分まで飾るのがいいとされます。

正月飾りが終わったら節分の飾りを行うことになりますね。ただ、節分当日に飾るという人も多くいますのでそれでもいいかもしれません。

節分飾りには、邪気を払うということで「鬼は外福は内」にまつわる飾りや鬼が嫌いな鰯を飾り付ける「柊鰯」などがあります。

「柊鰯」は柊の葉と一緒に鰯を飾るもので、鬼が嫌いと言われている鰯の頭を飾ります。

節分飾りと言ってもあまり形に捉われずにこのような物を玄関やリビングにちょっと飾ってみることがおすすめで、おしゃれな飾り方をまとめました。

 

節分飾りのおしゃれな飾り方例

お膳やお盆を用意してその上に鬼や福のお面を飾って椿などの季節の花を飾るだけでも素敵ですね。

お膳やお盆などのを準備するだけで和風なイメージが出来上がりますよね。また、エッグスタンドに豆を入れるのもちょっと今風でいいですよね。

 

こちらのように枡に豆を入れるのも節分って感じですよね。枡にひもや毛糸などを結び付けたりしたりすると味わいも出ます。

また、「柊鰯」も柊をブーケのように束ねてみませんか。和紙などの上に置いてみると雰囲気がありますね。

 

豆の飾り方で言えば、桝に飾ったり、こんな風にテトラ型のティーバック風を作って枝に飾ってみるのも面白いアイデアですね。

テトラ型のティーバック風に入れるだけで豆もおしゃれです。

 

100均やペーパークラフトなどのアイデア飾りは?

 

100均のフォトフレームやエッグスタンドを活用

100均に売っているフォトフレームは何でも絵にしてくれますよね。

フォトフレームのフレームだけを活用して、その上に「柊鰯」の飾りをこのようにしてみてはいかがでしょうか。

豆を入れているエッグスタンドなども100均にも売ってありますので活躍しますよ。

 

竹かごやお面を買ってきて置くだけでも節分飾りに

立春大吉、福よ来い。開運:節分:豆:二月 100201risshun.jpg:

出典:http://www.glitty.jp

こんな形の竹かごはないかもいれませんが、100均にあるかごに和紙や懐紙などをちょっと敷いて豆や小さな和菓子を置くと、和の雰囲気が盛り上がりますよね。

そこに柊や鬼や福のお面を飾るだけでいい演出となります。

スポンサードリンク

柊と和紙の「折形」だけでも美しい飾りに

節分・柊

出典:http://musubicafe.com

柊を和紙で包み、こんな風に包むだけで玄関などの壁に飾れば、それだけでも節分気分が味わえます。

「木花包み」という「折形」がされています。

 

まとめ

折り方によっていろいろな贈り物や飾り物をする時のデザインをするのが日本の伝統的な「折形」と呼ばれるものです。

紙の折り方の違い、折り方の角度で美しいデザインを作る日本ならではの美しい紙の使い方ではないでしょうか。

最近ではこんな折り方をあまり知らないことが多いのですが、こんな機会に知ってみるのもいいですよね。

 

スポンサーリンク