洋服収納の実例5例!使いやすいたたみ方やアイデアは?


洋服の収納は量が増えていくにつれてとても大変になってきます。

洋服の種類もジャケットやシャツ、Tシャツ、パンツ、スカートなど様々な形のものとなっているので、それぞれに収納の仕方に工夫が必要です。

ここでは、洋服収納の実例5例をご紹介し、洋服によって分けて収納しながら、使う時にも探しやすいたたみ方や収納のアイデアをご紹介します。

 


やってみたくなる洋服収納の実例5例!

 

例1)洋服屋のように掛ける物とたたむ物に分けて収納

ハンガーに掛けてシンプルに作られたパイプにぶら下げる物と棚にずらっとたたんで収納する物にはっきり分けて収納しています。

シワになるシャツやジャケットは掛け、シワになりにくい素材のものやTシャツ類はたたんでというふうに仕分けし、お店のように収納することですっきりと見せています。

 

例2)ワイヤーネットでDIYするアイデア満載の洋服の引き出し

ワイヤーネットと仕切り板で引き出しを製作。引き出すだけで簡単に洋服が取り出せるようにDIYで作っています。

ワイヤーのために何が入っているのかは一目瞭然で、立てて収納しているために上からでも横からでも何が入っているのかよくわかります。

見つけやすいのが一番ですね。

 

例3)ファイルケースに立てて収納する技がアイデア

厚みがあり生地がしっかりしているジーパンなどは立てて収納すると見やすく取り出しやすくなります。

ストールやマフラーなどもこのように収納してもいのではないでしょうか。

立てているためにスペースの削減になり、また一度にわかるのが魅力です。

それぞれの洋服によって収納しやすい形を見つけてみるといいですね。

 

例4)丸めて収納しながら上手に小さなボックスも活用

私この収納の仕方好きなんです。

丸めて収納しながら、小さく丸まった物は別にボックスに分けて立てて収納しているのがすご技です。

こうすることで、中に埋もれたり、雑然とせずきれいに収納ができます。

それに特別収納アイテムを揃える必要はありません。自分の技術で行えます。

大きさによって分けるという事は大事ですね。

 

例5)まるでお店のようにおしゃれにディスプレイ

洋服も棚にきれいに種類ごとにたたみ、大きさを揃えています。靴もラックに飾りつけ、すべてが見せる収納になって楽しませてくれる部屋です。

雰囲気を作るように壁にリーバイスのポスターやパネルを飾ったり、周りも雰囲気づくりをしているのがこだわりの部屋となっています。

 

スポンサーリンク

収納術で参考にしたい有名なアドバイザーは?

こちらは無印良品でインテリアアドバイザーとして働く藤井さんの収納術です。

白で棚やボックスを統一して上段、中段、下段で収納を分けています。

一番よく見える中段によく使うものを見やすく収納しやすく置いています。

下段と上段はボックスにしてあまり使わない物を沢山収納できるようにボックスに収納。同じボックスに入れているためにすっきりと統一されています。

上段、中段、下段のスペースの有効な使い方は見習いたいものです。

 

収納王子コジマジックさんの立てて収納する技は沢山の物を一度に見ることができておすすめです。

沢山立てて詰め込む事できれいにも収納できます。

 

また、このように立てて収納できにくい柔らかい洋服は、プラスチックの書類ファイルのケースに入れて収納すると言うアイデアも素敵です。

プラスチックの書類ケースごと今度はこれを立てて収納できます。

 

まとめ

いかがでしたか。

洋服の種類や柔らかさなどによってハンガーに掛けたり、立てて収納したり、丸めたり、たたんだりの様々な収納方法があります。

それぞれに収納しやすい、見やすい、取り出しやすいなどを目指して機能的な収納方法に統一してみませんか。