狭い部屋のインテリア実例5例!広く見える工夫や収納は?


狭い部屋でも家具の配置や視線を変えるなどの空間の使い方や色使いなどによって広く見せることが実はできます。

狭い部屋の場合には、そうした工夫や収納術もとても重要になります。

ここでは狭い部屋の実例5例と広く見える工夫や収納についてご紹介します。

 


狭い部屋のインテリア実例5例!

 

例1)低い家具を置いて狭くてもおしゃれな雰囲気を作った部屋

テレビボードを極力低いものを選び、ソファも肘掛けや背もたれの低いものを選んでいます。

白いソファを選ぶことであまり圧迫感がないように工夫されています。

また、観葉植物を印象的に置くことで、シンプルな部屋をおしゃれに演出しています。

間接照明で下から照明をあてるのも狭い部屋に雰囲気を作ってくれます。

 

例2)小さなカフェテーブルが楽しい部屋に

窓際の小さなテーブルセットが狭くてもくつろぎの空間を演出しています。

丸い机は部屋を広く見せる効果もあります。

観葉植物の背の高いものを置くことで高さも演出しているために部屋に様々なアクセントがあって楽しめる部屋になっています。

狭くてもいかにいい雰囲気を作るかを目指すことが大事ですね。

 

例3)ベッドスペースをきちんと仕切った演出が素敵

ベッドスペースをキャビネットで仕切ってラグで雰囲気を作っています。

ベッドスペースを分けているので狭くて家具が一杯というようなうるさい感じがなくなり、インテリアの工夫もなされています。

大きな観葉植物も素敵で、またシャンデリアもこんなシャンデリアなら小さな部屋でも似合いますね。

 

例4)スタッキングシェルフを間仕切りにしてスペースを分けた部屋

こちらは無印良品のスタッキングシェルフをベッドとの仕切りに使ってスペースを上手に住み分けています。

収納にもなり、間仕切りにもなり、圧迫感もないのでおすすめです。

自由な形に組み立てられるのがいいですよね。シェルフがスッキリ見える形を工夫しながら置くことができるのが魅力です。

 

例5)キッチン周りの収納は壁面を有効活用して

狭いキッチンなのですが、壁を有効活用することで収納力をアップさせています。

棚を壁面に付けたり、かごをぶら下げたり、直接壁に調理器具をぶら下げたり、見せながら上手く収納をする技は大事ですね。

 

スポンサーリンク

広く見える工夫や収納は?

こうして見ると、狭い部屋の場合は視線が低くなるようにできるだけ低い家具を置き、ソファやベッド、キャビネットなどもできるだけ低いものを選んで買うのがコツです。

色も白っぽい色を選んだ方が膨張する色の効果があり、部屋を広く見せます。

また、観葉植物のグリーンなどで高さを加えると爽やかでおしゃれになりますので試してみませんか。

 

出典:https://kinarino.jp

寝室が別にない狭い部屋の場合には、キャビネットやスタッキングシェルフでベッドとの間仕切りを上手く行うのがベストです。

収納と間仕切りの役割を一挙に担ったものを置いてみてはいかがでしょうか。

 

さらに、その他の収納はできるだけ壁面を使った収納にし、あまり高さを取らずに収納することが重要です。

長さを長くしてもいいので、高さを抑えた収納をできるだけ行ってください。

また、意外に観葉植物のようなグリーンを置くことで狭い部屋が潤って見え、おしゃれにも見えます。

ぜひ狭い部屋こそ「グリーン」を活用してみられませんか。

一つは背の高いグリーンを置いてみるのもおしゃれです。

 

まとめ

狭くても部屋をおしゃれに使いたい!という方はとても多いと思います。

壁やインテリア、様々なものが活用することで部屋を広く見せる方法があります。

どうか皆様のお役に立ちますように。