洗濯ハンガーの収納15選!ストレスゼロの絡まないアイデアやおすすめグッズは?


洗濯ハンガーの収納アイデア

毎日の家事で使う機会が多いハンガー。 意外と収納場所に困りますよね。

その上、取り出そうとすると絡まったり、 しまおうとしたら引っかかったりして意外とストレスがたまります。

そこで試してほしい収納法が、

「掛ける」収納方法!

ストレスから開放される洗濯ハンガーの収納改善アイデアをまとめてみました。

 


洗濯ハンガーの収納は「かける・吊るす」収納で決まり!

洗濯ハンガーを絡ませないためには、かける・吊るす方法で収納するのがおすすめです。

 

洗濯ハンガーを掛ける方法「アイアンバー」を使う

100均のセリアでも売っているアイアンバーを取り付けたアイデアです。

ハンガーが取り出しやすく見た目にもきれいですね。

 

洗濯ハンガーを掛ける方法「ワイヤーネット×フック」を使う

ワイヤーネットを取り付けることができれば、洗濯小物の収納場所が広がります。

ハンガーの種類ごとに掛けるのが絡まらないポイントです。

 

洗濯ハンガーを掛ける方法「100均の引っ掛けるグッズ」を使う

こちらは、棚に引っ掛けるタイプのアイアンバーを使っています。

ハンガーの量にもよりますが、キッチンのお皿収納アイテムも使えそうです。

 

こちらは、キッチンペーパーホルダーを使って収納しています。

あまりに重いと曲がってしまう可能性があるのでそのあたりには注意してくださいね。

 

洗濯ハンガーを掛ける方法「磁石」を使う

ダイソーに売っている傘かけを使った収納アイデアです。

100円でこの収納力…使えます!!

 

洗濯ハンガーを掛ける方法「棚受け金具」を使う

ハンガーを逆さに掛けている収納例です。

高い所に設置する場合はこちらのほうが取りやすいかもしれませんね。

 

洗濯ハンガーを掛ける方法「専用ハンガーグッズ」を使う

ハンガー専用のハンガーラックを使ってキレイに並べるとスッキリ見えます。

マグネットタイプのハンガー専用ラックも便利そうです。

ハンガーだけじゃなくて、タオル掛けやお風呂スリッパ収納もできる!

いろいろな使い方ができそうです。

 

「かける・吊るす」ができるキャスターラックを作るアイデア

かける・吊るすといったスペースがない場合は、洗濯小物専用のキャスターラックを作ってしまうアイデアもあります。

 

DIYで「かける・吊るす」ができる棚を作る

DIYしたり、カラーボックスを改造したりして、ランドリー専用のキャスター収納を作るのもおすすめです。

洗濯小物が多い場合は、専用のボックスにまとめてしまったほうがスッキリしますね。

 

 

ワゴン式の洗濯干しグッズを作る

メタルラックを改造して物干しキャスターを作った例です。

真ん中に、ハンガーポールの部品を取り付けています。

上に洗濯かごを乗せると、ちょうどよい高さで洗濯物が干せて腰が痛くない!!

 

キャスター付きのラックを使う

キャスター付きのラックを利用するアイデアもいいですね。

こちらは下段が掛ける収納になっていませんが、ワイヤーネットを使って掛けるスペースをつくるのもいいですね。

 

スポンサーリンク

かける・吊るす以外のアイデア収納方法は?

スペースの関係上、かける・吊るすができなければ、こういったアイデアもあります。

 

箱に入れる収納アイデア

同じハンガーごとに箱に入れると使いやすくてスッキリ見えますね。

箱は箱でも、DIYした段ボール箱でも使いやすそうです。

 

これだとハンガー同士が絡まるのを防げますね。

 

ファイルボックスを使った収納アイデア

取り出しやすさにこだわるのであれば、ファイルボックスもおすすめです。

 

取りやすい方向にファイルの向きを変えると一段と使い勝手が良くなりそうです。

 

ブックエンドを使った収納アイデア

100均で買ったブックエンドでも立てて並べることができます。

 

スポンサーリンク

洗濯ハンガーの収納が改善!絡まないアイデア

洗濯ハンガーを絡ませないためには

「かける・吊るす」方法で収納するのが一番!

 

掛けることができるアイテムをスペースに合わせて使うことで、ストレスなく洗濯ハンガーを使うことができますよ。

 

終わりに

 

いかがでしたか?

ハンガーは引っ掛けることができるし、収納もしやすいです。

しかし、それに甘んじて収納の工夫を怠ってしまうことがよくあります。

しっかりハンガーに向き合い収納に工夫してみるのもこうしてみるとやりがいがありますよね。