モデルルームのようなリビングの画像厳選20選!アイデアやコツまとめ




スポンサードリンク

モデルルームのようなきれいな部屋って憧れますよね。
シンプルで格好良いスタイルは、生活感がなくてまるでおしゃれなホテルのようですよね。

高い家具を使わなくても、ニトリ商品や100均を使いこなせば、
まとまりのあるモデルルームのようなリビングになります。

今回は、モデルルームのようなリビングの画像を厳選して20選集めました。
アイデアやコツを真似してみて下さい。

モデルルームのようなリビングの画像厳選20選!

出典:https://www.pinterest.jp

トーネットの曲木のダイニングセットと金属素材の照明、赤茶のサイドボードがミッドセンチュリーな雰囲気を醸し出しているリビングダイニングです。
ダイニング側にデザイナーズ家具を配置しているので、リビング側はそれを際立たせるため、シンプルで主張の少ないインテリアになっています。

出典:https://www.iesliving.com

マンションによくある横長のLDKの間取りです。
明るい色のフローリングにナチュラル色の家具を合わせると明るい印象になりますが、こちらのようにウォルナット系のダークブラウン色を合わせると落ち着いたシックな空間になります。
窓を背にソファを配置しているので、食事中や料理中の家族とも会話しやすいレイアウトです。
ホームパーティーで人が集まる際にも良いですね。

出典:http://lablife.jp

こちらは明るい色のフローリングにナチュラル色の家具を合わせた例です。壁や天井を白くし、部屋の奥に大きな鏡を置いているので、より広く感じられます。
こちらでも窓を背にソファを配置しています。
手前の畳スペースにいる家族とも視線が合い、コミュニケーションが取りやすいレイアウトです。

出典:https://homedesignlover.com

高層マンションで眺望が良い場合は、こちらのようにバルコニーまで視線が通るレイアウトがおすすめです。
視界を妨げない低い家具が、縦長方向のリビングに平行に配置されています。
イージーチェアやソファにオットマンを追加すると、より優雅な雰囲気が出ますね。

出典:https://hometoz.com

最近の戸建て住宅では、リビングに階段があり吹き抜けになっていることもあります。
その場合でも、こちらのように背が低い家具を選ぶと上方のスペースがより広く感じられ、解放感のあるコーディネートになります。
フレームを縦方向に並べて飾るのも、高さが強調されるのでおすすめです。

出典:https://hometoz.com

あまり広くないリビングにおすすめなのが、テイストや色を統一しつつもシンプルなインテリアでまとめる、ミニマルスタイルです。
こちらはグレーを基調としたリビング。
シンプルで小さめなスタンドライトやテーブルで、部屋に空白を残しています。
ウォールミラーは部屋を広く見せる効果があります。

出典:https://www.behance.net

巨大なグレーのソファが置かれた、贅沢なリビングルームです。
ダイニングとの間に収納を兼ねた壁を設け、ゾーニングしています。
細い脚付きの家具をチョイスすることで、床面の露出が増え、もともと広い空間が更に広く感じられます。
ダウンライトを用い、全体的に背の低い家具で統一しているので、上方にも空間の広がりが感じられますね。

スポンサードドリンク
 

出典:http://harlowejames.com

壁・天井が白い空間+グレーのソファを置く場合、その他のインテリア次第で多種多様なコーディネートになります。
こちらでは、キャビネットや小物にナチュラルカラーを用いています。
インテリアグリーンの効果もあって、明るく柔和な印象になっています。
ランプやフレーム、テーブルの細い部分に金色を使っており、女性らしさを感じるコーディネートです。

出典:http://www.home-designing.com

こちらも白い壁・天井+グレーのソファの例です。
カーテンや他の家具にダークな色を合わせることで、落ち着いた雰囲気になります。クリアな照明のアクセントになっている金色は、こちらではモダンな印象を与えており、壁の現代アートがよくマッチしています。

出典:https://architeworks.com

こちらではインテリアがグレーと白で統一されています。
飾り棚をの壁面もグレーで塗ることで、白いフレームが際立っています。
ウォルナット材でしょうか、濃いブラウンのサイテーブルがアクセントになり、ぼやけがちなコーディネートを引き締めています。

出典:https://www.roomandboard.com

黒いレザーソファなど、モノトーンと木の色で統一された中に、ディスプレイされた様々な色の本がアクセントになったリビングルームです。
異なる形のソファやチェアを置くことで、変化が生まれます。
ヘリンボーンの床は、コーディネートをワンランクアップさせてくれますし、レザーとの相性もとても良いです。

出典:https://www.futuristarchitecture.com

中央に置かれたレザーのソファが目を惹くリビングです。
ほとんどのインテリアがモノトーンで統一されているので、明るい色のソファが際立っていますね。
L字状にLDKがつながった間取りですが、ソファをダイニングに背を向けて配置することで、はっきりとゾーニングされたレイアウトです。

出典:https://homewowdecor.com

こちらもレザーのソファが置かれたリビングです。
ガラスのフロアライトや特徴的な脚のラウンジチェア、オレンジのクッションなどを用いた、ミッドセンチュリースタイルの空間になっています。
ユニークなデザイナーズ家具は集めるのも楽しいですが、あまり詰め込みすぎず間を開けて配置するのが、それぞれの良さを活かすコツです。

出典:https://roomclip.jp

こちらではレザーのソファや、コンクリート調のアクセントウォール、アイアンのインテリア、電球のペンダントライトを用いて、インダストリアルスタイルなコーディネートに仕上げています。
LDKがつながったレイアウトなので、金属調のキッチントップにもこだわりが感じられます。

スポンサードドリンク
 

出典:http://refopedia.jp

こちらのリビングでは、テレビを配置する壁の上下、ダイニングの上方に間接照明が取り付けられています。
凹凸のある壁材を用いることで、光を落とした際に陰影ができ、コーディネートに変化が生まれます。
間接照明の演出を際立たせるため、他の部分はダウンライトでシンプルに仕上げています。

出典:https://hughome.net

こちらもテレビ側の壁を間接照明で演出したリビングの例です。石調の壁紙がアクセントになっていますね。
勾配天井の場合、天井に照明を付けると、メンテナンスや照らしたい場所との距離感の調整などが難しくなりがちです。
こちらのように壁面レールのスポットライトにすると、すっきりとしてメンテナンスもしやすいですね。

出典:http://lightingkarla.neeseesdresses.ru

こちらではテレビの下方と、窓の上方に間接照明を設置しています。
光が石調の床や、柔らかなカーテンに広がり、温かみと高級感を演出しています。
ソファの上部に取り付けられたダウンライトは、ウォールデコレーションを照らすスポットライトの役割も担っています。

出典:https://i.pinimg.com

リビングの照明をダウンライトにすることで、上方にも視線が通り、空間が広く感じられます。
マンションにありがちな梁も、こちらのように壁とは違う柄で装飾することで、また違った印象になります。
落ち着いた色味の家具には、毛足の長いラグを敷くと、コーディネートが引き締まり、シックな雰囲気になります。

出典:http://refopedia.jp

こちらもダウンライトを用いたリビングの例です。
電球色の照明と木のインテリアが組み合わさると、温かく優しい印象のコーディネートになります。
読書など、少し明るさが足りない場合には、フロアライトやテーブルランプなど、局所的に明るさを足すと良いでしょう。

出典:https://reclasy.jp

ダウンライト+デザイナーズ照明を用いたリビングです。天井面をすっきりさせることで、高さの取りにくいマンションでも背の高いフロアライトを置くことが出来ます。
バーチカルブラインドは、天井から吊り下げると高さを強調することができ、モダンなコーディネートにもぴったりのアイテムです。

スポンサードドリンク




スポンサードリンク