100均リメイクシート(ダイソー・セリア)のDIYが凄い!知っておくべき注意事項は?


100均リメイクシートDIYアイデアキッチン

100均には、おしゃれな柄のリメイクシートが種類豊富に販売されています。

貼るだけで手軽なリメイクシートは、DIYの強い味方です。

リメイクシートを使ったDIYアイデアと、注意しておきたい点を紹介します。


ダイソー・セリア(100均)にあるリメイクシートとは?

リメイクシートとは、木目や石柄などがプリントされたシートです。

壁や扉、カラーボックスなど、貼るだけで様々な場所を簡単に変身させてくれます。

100均では、1枚のサイズが90cm×45cmのシートが主流です。

裏面が方眼紙のようになっていて、好きなサイズにカットして貼ることができます。

シール付きのシートが多く、そのまま貼ることができて便利です。

貼ってはがせるタイプなら、賃貸の模様替えにも使うことができます。

細かい場所にはマスキングテープタイプのシートもあるので、使い分けると良いでしょう。

100均リメイクシート(ダイソー・セリア)のDIYアイデアが凄い!

リメイクシートを使った素敵なアイデアを紹介していきます。

キッチンの扉汚れも防ぐ!賃貸にもOKなリメイクシート

こちらは、キッチンの扉に木目のシートを貼っています。

無地のキッチン扉が、リメイクシートで個性的になりました。

一般的なキッチン扉にはない柄を使えるのも、リメイクシートの魅力です。

はがせるシートを使えば、賃貸住宅でも安心してDIYできます。

無機質な冷蔵庫をリメイクシートでイメージアップ

冷蔵庫にもリメイクシートが使えます。

こちらに貼られたシートは、キッチンの色に合わせた淡い色の木目です。

空間がナチュラルな雰囲気で統一されました。

冷蔵庫は面積が大きいので、色や柄でキッチン全体の印象が変わります。

ストライプでおしゃれなリメイクシートを冷蔵庫に

こちらも冷蔵庫の模様替えです。

涼し気なストライプのリメイクシートを貼りました。

ステッカーや黒板シートも組み合わせています。

ステッカーやシールは、はがせるシートの上から貼ってみましょう。

こうすると冷蔵庫本体に跡が残りません。

はがすときには、シートごと綺麗にはがすことができます。

冷蔵庫の側面をおしゃれにリメイク

同じく冷蔵庫ですが、側面にリメイクシートを貼っています。

木目調のシートを貼ったことで、家具と並べても違和感がありません。

素材が違うアイテム同士でも、リメイクシートを使えば統一感を出すことができます。

キッチンの違和感がある場所に統一感を!

こちらもリメイクシートを使って雰囲気を合わせています。

後付けの食洗器の前面に、木目のリメイクシートを貼りました。

キッチンの色とシートの色を揃えているので、まるで備え付けのように見えます。

色が合わせにくい場合は、全体にリメイクシートを貼るのも効果的です。

洗面台の扉もリメイクシートでおしゃれに変身

洗面台の扉もリメイクシートを使うと雰囲気が変わります。

キッチンと柄を揃えてみるのも、水回り全体に統一感が出て素敵ですね。

リメイクシートは色柄が豊富なので、好きな色柄を探す楽しみもあります。

トイレの壁の汚れ対策にも!レンガ柄のリメイクシート

こちらはトイレの壁にレンガ柄のシートを腰壁風に貼りました。

シートの上に貼ったタイル風のシールもおしゃれです。

はがせるシートなら汚れたら貼り替えができるので、壁の汚れ対策にもなります。

ちょっとした小物部分にもリメイクシートでアレンジ!

リメイクシートは小物にも使うことができます。

こちらはトイレのペーパーホルダーに、ラタン風のシートを貼りました。

シンプルなプラスチックも、見た目で印象が変わります。

リメイクシートをアクセントに使ってみる

リメイクシートを部分的に貼る使い方もできます。

こちらは玄関の壁にモロッカンタイル柄のシートを貼りました。

タイル柄のように細かい柄は、全面に貼ってしまうと圧迫感が出ます。

印象が強くなりすぎるようなら、アクセントとして部分使いするのがおすすめです。

リメイクシートでカフェの階段のような雰囲気に

こちらはカフェの階段のようなレンガ柄がおしゃれです。

面積が狭いので貼りやすく、細かい柄でも圧迫感がなく綺麗に見えます。

初めてリメイクシートを使う人におすすめの場所です。

階段を1つ黒板に変えてみるのもおしゃれ!

こちらもリメイクシートを貼った階段です。

下の階から見上げて目に入るところに、黒板シートが1枚貼られています。

デコレーションにもメッセージにも使える、素敵なアイデアですね。

リメイクシートを張り合わせてオリジナルに

こちらはリビングの壁にレンガ柄のリメイクシートを貼っています。

英字のロゴと両面時計が、おしゃれな街角のようです。

ステッカーやシールも、雰囲気作りに役立ちます。

扉をリメイクシートで手軽に変身

リメイクシートを使えば、扉の色を変えることもできます。

こちらは白かった扉が水色に変身しました。

明るい色が、ナチュラルな部屋の雰囲気にピッタリです。

シンプルな無地のシートは、色を変えたいときに役に立ちます。

ドット柄のリメイクシートで子供部屋の雰囲気に

こちらも無地のリメイクシートを使っています。

シートを丸くカットして、子供部屋の襖にかわいらしいドット柄を作りました。

リメイクシートは、好きな形にカットして使うことができます。

高級感が出る石柄のリメイクシート

石柄のリメイクシートは、手軽に高級感を出すことができます。

こちらのドレッサーのテーブルに貼られているのは、大理石柄のリメイクシートです。

シートを貼っただけとは思えないような、素敵なドレッサーになりました。

汚れたら貼り替えができるのも安心です。

テーブルの天板をリメイクシートでアレンジ

こちらも大理石柄のリメイクシートを使っています。

ダークブラウンだった折りたたみテーブルの天板が変身しました。

天板の柄を変えるだけでも、雰囲気が大きく変わります。

ダンボールに見えない!引き出しのアレンジが素敵

段ボールもリメイクシートを使うと立派な家具になります。

こちらの引き出しは、梱包用の段ボールでした。

テレビ台のサイズに合わせてカットし、正面に木目のシートを貼っています。

おしゃれな引き出しが、簡単にできあがりました。

カラーボックスの扉をリメイクシートでアレンジ

こちらのカラーボックスの扉も段ボールです。

木製の扉に見えますが、リメイクシートを貼っています。

軽くて使いやすく、見た目も素敵なアイデアです。

スポンサーリンク

100均リメイクシート(ダイソー・セリア)を使うときに知っておきたい注意事項まとめ

リメイクシートを貼るときに、注意しておきたいポイントがあります。

 

貼ってはがせるリメイクシートでも、ノリが残ってしまう場合があります。

直射日光が長時間当たる場所や、高温になる場所は要注意です。

キッチンや窓際で使うときには貼る場所に注意しましょう。

どうしても使いたい場合には、様子を見ながら定期的に貼り替えると安心です。

貼る素材によっても、はがしにくい場合があります。

全面に貼る前に、小さく切ったシートで試してから使いましょう。

場所に合ったシートを貼ることも大切です。

トイレやシンクの周りなど、水回りに貼る場合には防水加工されたシートを選びましょう。

キッチンのコンロに近い場所に貼るときには、耐熱加工されたシートを使います。

普通のリメイクシートを使うと、劣化や火災など事故の原因となるため危険です。

特殊加工されたリメイクシートは、裏がシールになっていないタイプがあります。

両面テープなどで貼ることができますので、こちらも場所に合ったものを選びましょう。

 

広い場所にリメイクシートを貼るときには、継ぎ目の柄を合せる作業があります。

格子柄のように縦横がハッキリした柄は、ズレが目立つので難しいです。

同じ柄のシートでも、シート自体の柄が微妙にズレている場合もあります。

柄合わせをする場合は、ワンポイントの柄や縦に流れる柄が合わせやすいです。

横に流れる柄はズレが目立ちやすいので、避けたほうが良いでしょう。

まとめ

100均のリメイクシートを使えば、部屋の模様替えが簡単にできます。

小物に貼るだけでも、雰囲気が変わっておしゃれです。

リメイクシートを使って、気軽に模様替えを楽しんでみませんか。