【インテリア映え】植木鉢のおすすめは北欧風?室内と屋外別の選び方や捨て方は?

植木鉢 北欧風


おうち時間を充実させるため生活にグリーンを取り込みたい方は多いと思います。

今回は北欧デザインを中心に、室内と屋外におすすめなお洒落な植木鉢11個を紹介しています。

意外と知らない植木鉢の捨て方もお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

室内に置きたい植木鉢のおすすめは?

DULTON ソリッドプランター キューブ L

本物のコンクリート素材で作られたDULTONのプランターです。

ソリッドなデザインで力強く落ち着いた印象を受けます。

風合いやクラックなど同じものが存在せず、個性を楽しめるのも魅力ですね。

アルマー コニック

上質なインテリアを演出するスパンバンブー素材の植木鉢です.

バンブー(竹)をスパン(回転・紡がれた)させるベトナム熟練の職人技で作られています。

ナチュラルな風合いの本体と編み込みが、穏やかなグリーン空間を提供してくれそうです。

アマダ 11 シリンダー ゴールド

底穴がないためサボテンや多肉植物を飾るのにおすすめな「アマダ 11 シリンダー ゴールド」です。

筆者は切り子模様が大好きなのですが、この模様が北欧インテリアにも非常にマッチすると感じました。

静かなグレーとアクセントに入ったゴールドが可愛らしく感じますね。

AQUA CULTURE VASE アクアカルチャー ベース

植物の種類によって上部の皿が取り外し可能なフラワーベースです。

皿がある状態なら繊細な多肉植物などを乗せて、直接触れることなく水の交換ができます。

上部の皿を取り外せば生花を楽しめるので、2通りの飾りかたが楽しめます。

Botanique リサイクルウッド プランターカバー

今あるプランターを入れるだけで大きくイメージチェンジができる、新しいタイプのプランターです。

リサイクル材のパインウッドを使用しているので同じものはなく、釘跡などが無骨な印象も与えます。

別売りの天板を装着するとちょっとしたテーブルとしても使え、インテリアの幅が広がりそうです。

Floating Vase / RIPPLE

植木鉢とは異なりますが「波紋」のような形をした水に浮かべて使う一輪挿しです。

水を張ったお気に入りの器にそっと浮かべると、かすかな風の動きでふわふわと位置や見え方を変えていきます。

一輪挿しですので子どもと一緒に道端にお花を探しに行くのも楽しそうですね。

スポンサーリンク

 

屋外に置きたい植木鉢のおすすめは?

KINTO キントー プラントポット ダークグレー

ドライでマットな質感がたまらない植木鉢です。

ミニマルなデザインとカラーが北欧の世界観にマッチしています。

受け皿もセットになっているので室内でも使用可能ですよ。

セメント丸陶器鉢・S

ころん、とした丸いフォルムが可愛らしいセメント素材の陶器鉢です。

キズやカケ、色ムラといった表情が楽しめ受け皿のデザインも良いです。

数点購入して寄せ集めると、より可愛さが引き立つかもしれません。

ジョウロ形 植木鉢

サビや褪色の心配がない陶磁器製の植木鉢です。

飾り気のないシンプルなジョウロ型デザインで他のアイテムにも合わせやすいですよ。

重量があるので強風などで倒れにくいのも大きなメリットと言えるでしょう。

【Lサイズ】インテリアのポイントになる北欧風デザインのポット

おうち時間を充実させる、北欧デザインを取り入れたポットです。

表面のリーフ柄は凸凹に処理されていて、手彫りで掘ったような暖かさがあります。

本体カラーは4色展開されているのでお気に入りのポットで玄関先を彩ってみましょう。

ムクエッグS 受皿付 10cm×11.5cm

アカシアの無垢材をくり抜いて作られた珍しい卵型の木製ポットです。

自然木を使用しているのでひとつひとつ表情の違う、ナチュラルな木目が楽しめます。

木製の植木鉢には珍しく防水処理が施され、屋外はもちろん室内でも安心して使用できます。

スポンサーリンク

 

植木鉢の捨て方は?

植木鉢 北欧風

植木鉢を何十個も持っている方は多いのではないでしょうか。

植木鉢のサイズが30cm以下の場合、「不燃ごみ」として出すことができます。

木製やプラスチック製のものは「可燃ごみ」に分類されるので覚えておきましょう。

また、サイズが30cmを超える植木鉢は「粗大ごみ」として捨てることになります。

廃棄はいずれも各自治体の指示に従い、持ち運びが難しい場合は業者への依頼も検討してみてくださいね。

まとめ

北欧 プランター

いかがでしたか、今回は北欧デザインを中心とした植木鉢を11個紹介しました。

木製や陶磁器、ガラス製と色々な材質の植木鉢が販売されています。

北欧インテリアが好きな方はぜひ参考にして、緑に囲まれた生活を楽しみましょう!