庭の目隠しは簡単にDIY出来る!おしゃれな施工例とタープ活用法


庭にも目隠しが必要な時ってありますよね。

例えば広い敷地の中で庭を目隠ししたい時や外からの視線から守りたい時にはどうしたらいいでしょうか。

どんな物を作ったらいいのかなどちょっと考えてしまいます。そうした時に自分でDIYをしておしゃれに目隠しを作ってみませんか。

タープで外からの視線を隠す方法もまとめてみました!

 


庭の目隠しは簡単にDIYできる!

 

カフェ風なウッドフェンスはいかが

敷地が広い場合には目隠しでこんな目隠しをするのもおすすめです。ナチュラルな雰囲気のウッドフェンスをDIYして自分で2度塗りをしてペイント。

カフェ風に英文字をつけただけですが、なんだか優しいいい雰囲気のウッドセンスが完成していますよね。

土台もコンクリートの土台をホームセンターなどで購入することで簡単にしっかり立てることができます。

結構、思ったよりも簡単にできるウッドフェンスを作ることができますよ。

広い庭のアクセントにもなると思います。

 

白い板壁でかわいく飾ることもできる目隠し作り

白い板壁でおしゃれなフェンスを作るのもいいのではないでしょうか。

雑貨や植物など様々なものを飾ることができるフェンスを庭と玄関の仕切り、目隠しとして作ってみるのもおすすめです。

この仕切りの壁一つで自分の庭という空間造りができ、グッと雰囲気を作りあげてくれます。

ナチュラルグッズを一杯掛けて楽しい感じの目隠しの壁作りを目指してみませんか。

横板にすることでたくさんのものを掛けて飾ることができますね。

 

スポンサーリンク

タープで目隠し効果を

「タープ」というとキャンプなどで日よけ効果で使う事も多いのですが、おしゃれなキャンプ用品などの「タープ」を庭の目隠しに使うのもおすすめです。

大きな「タープ」を張れば部屋の中への遮光効果と外から見えない目隠し効果の両方を担うことができます。

大きなタープをできるだけ空間を広げて張れば、部屋の中から見ても開放感を味わうことができます。むしろリビングがオープンリビングとして外に広がって繋がっている感じも受けることができますよね。

もちろん、大きなタープは外からもおしゃれで目隠し効果も抜群です。

 

庭のフェンスまでタープを広げて張る

こちらの実例は、庭のフェンスまでタープを伸ばしてフェンスに結び付けて固定しています。

これによってデッキにいても圧迫感もなく日除け効果が得られ、外からの目隠しもできるという一挙両得の優れたものになっています。

こんな風にタープを広々と張ってみるのはおすすめです。

おしゃれなデッキ空間ができあがりますよね。

 

タープを張ってオープンリビングの感覚に

こちらも庭に向かって大きなタープを張り、その下にテーブルとチェアを置いています。

まさにタープの下に明るい風通しのいいオープンリビングが誕生した感じです。

部屋の中も明るく保てるのもいい特徴です。

 

タープに自分で英語を描き入れてオシャレに

こちらは目隠しシートのタープを張っているのですが、無地のシートに自分で英語を書いたことで雰囲気がまたおしゃれになっています。

英語を描き入れたり、木製フェンスにも英語の文字を貼りつけたりするちょっとしたことでおしゃれになるというのですから不思議ですね。

DIYする際にはぜひ真似をしてオリジナリティを活かしながらおしゃれにしてみたいものです。

 

まとめ

目線隠しは庭以外にも、玄関まわりや、道路沿い、裏口がお隣さんのリビング窓から丸見えなどの場合の対策としても応用できます。

DIYで行うことで、業者に頼むよりも安く済むうえにオリジナリティや、自分流をだすことができます。

今回の色んな例を参考にぜひ、目隠しDIYに挑戦してみましょう。