ニトリのカーテンのオススメは?人気柄や失敗しないためのポイントは?


カーテンは既製品を買うかオーダーメイドにするか

カーテンは専門店やホームセンターなど、色々なところで売っていますが、

お手頃な値段で家具を買えるニトリは、実はカーテンの種類も豊富です。

ニトリのカーテンの選び方や人気の柄、選ぶときに注意したいポイントを紹介します。

遮光1級カーテン&レース 4枚セット(NリーガNV 100X178X4) ニトリ 【玄関先迄納品】 〔合計金額7700円以上送料無料対象商品〕

ニトリカーテンの選び方

既製品を買うかオーダーメイドにするかを決めよう!

 

ニトリでカーテンを買うとき、3種類のカーテンから選ぶことができます。

 

  • 幅とサイズが決まった既製カーテン
  • オーダーメードで作るオーダーカーテン
  • 既成とオーダーの間を取ったイージーオーダーカーテン

 

ニトリの既製カーテンはとにかく手頃なお値段が魅力です。

サイズの制限はありますが、既製品でも色々な機能が充実しています。

窓のサイズと合うようなら、お得な既成カーテンがおすすめです。

買ったその日に吊るすことができるので、いますぐカーテンが必要!という時にも大活躍してくれます。

 

ニトリのオーダーカーテンの生地は、なんと約400種類!

サイズの指定はもちろん、カーテンのヒダのボリュームも指定することができます。

ヒダの多い豪華なカーテンも、ヒダの無いフラットなカーテンも自由自在です。

他にもカーテンの柄の位置を揃えたり、機能のある裏地を付けたりと細かくカスタマイズできます。

オーダーカーテンなら自分だけのこだわりのカーテンを作ることができます。

 

 

既成カーテンで十分だけどサイズが合わないという人には、イージーオーダーがおすすめです。

イージーオーダーはカーテンの幅と丈を1cm刻みで注文することができます。

サイズ限定のオーダーカーテンですね。

ニトリの既成カーテンは、ほとんどがイージーオーダー可能です。

遮光レベルを選ぼう!

カーテンの機能を選ぶ時、光を通さない遮光カーテンが人気です。

ニトリでは遮光のレベルを3段階から選ぶことができます。

遮光
【1級】遮光率99.99%以上。人の顔の表情が識別できないレベル。
【2級】遮光率99.80%以上99.99%未満。人の顔、あるいは表情がわかるレベル。
【3級】遮光率99.40%以上99.80%未満。人の表情はわかるが、事務作業には暗いレベル。
※遮光級数と遮光率は「(社)日本インテリアファブリックス協会(NF)」の基準です。

引用元:ニトリ公式通販ニトリネット-カーテンの選び方

 

 

遮光1級はカーテンを閉じれば部屋が真っ暗になります。

昼間でも同じ部屋にいる人の表情がわからないくらいです。

夏のきつい日差しも遮るので、冷房効果を高める効果もあります。

遮光効果が高い分、黒やダークブルーなど濃い色の生地が多いです。

明るい色もありますが、同じ1級でも濃い色の方がしっかりと光を遮ります。

こんなときは遮光1級がおすすめ

  • 部屋を真っ暗にしたい
  • 日差しがきつい

遮光2級はまぶしい光を遮りますが、部屋は真っ暗にはなりません。

日常生活にちょうどいいレベルで光を遮ってくれます。

初めて遮光カーテンを買うなら、2級がおすすめです。

こんなときは遮光2級がおすすめ

  • 真っ暗までは求めていない
  • 初めて遮光カーテンを買う人

遮光3級は普通のカーテンと比べて部屋がやや薄暗くなるイメージです。

外の光や人のシルエットが、カーテン越しにうっすらとわかります。

遮光機能が弱めな分、ベージュのような薄い色の生地も豊富です。

こんなときは遮光3級がおすすめ

  • 部屋は明るめがいい
  • 薄い色や明るい柄のカーテンが欲しい

ニトリカーテンの人気柄3選

ニトリで人気のカーテンを3柄紹介します。

既成カーテン:遮光1級カーテン&レース4枚セット(Nリーガ)

遮光1級カーテンとレースカーテンのセットというお得なカーテンです。

さりげなく縦ストライプが入っているので、お部屋の天井が高く見える効果も期待できます。

遮光1級・遮熱・防炎・50サイズカーテン(ノーブル3)

ナチュラルな質感の無地なので、どんなお部屋にも合わせやすい多機能なカーテンです。

既製品ですが、なんと丈と幅の組み合わせを50サイズから選ぶことができます。

遮光1級カーテン(ステラ)

スタープリントがかわいい丈夫な生地の遮光カーテンです。

子供部屋はもちろん、遮光1級なので寝室でも活躍します。

ニトリのカーテンを選ぶときに気をつけたいポイント

ニトリでカーテンを選ぶときは、あらかじめ3つのポイントをチェックしておきましょう。

カーテンレールについて

住宅で使われる一般的なカーテンレールは2種類あります。

「機能性レール」は実用性重視のシンプルなレールです。

天井に付いている天井付けと、窓枠の正面や壁に付いている正面付けがあります。

機能性レールにカーテンを吊るすときは、レールをカーテンで隠すように吊ると綺麗です。

「装飾レール」はデザイン性を重視したレールです。

装飾レールは正面付けで、レールを見せるようにカーテンを吊ります。

ナチュラルな木製やアンティーク調のアイアン製など、素材もデザインも豊富です。

 

カーテンレールの種類と付き方によって、カーテンを吊るすフックが変わります。

複雑なので、困ったときはお店で聞いてみましょう。

お店に行く前にレール回りの写真を撮っておくと便利です。

カーテンのサイズについて

カーテンのサイズは、カーテンレールのランナー(カーテンを吊るす部分)で測ります。

測り間違えると、カーテンが閉まらなかったり短すぎたりするので、とても重要な作業です。

有料になりますが、ニトリでは家にサイズを測りに来てくれるサービスも行っています。

オーダーカーテンなど絶対に失敗したくない場合は、専門家にサイズを測ってもらう方がおすすめです。

部屋のインテリアについて

意外と重要なのが、カーテンを取り付ける部屋のインテリアです。

ニトリのお店に行くと、お部屋のディスプレイがあったり、沢山のカーテンを見比べることができます。

お店でいいなと思ったカーテンでも、いざ自分の部屋に取り付けたら色や柄が合わないなんてことも。

カーテンを買いに行くときは、お部屋の写真を撮っていくと失敗しません。

しかし、部屋に合わないカーテンを選んでしまったとしても、ニトリには返品サービスがあります。

これなら、万が一の場合でも安心ですよね。

ニトリのカーテンのインテリア実例12例!ニトリのカーテンの返品や取り付けについて

2016年8月28日

まとめ

ニトリのカーテンについて紹介しました。

お店でのカーテン選びも、種類や注意するポイントを押さえておけば安心です。

家具と一緒にお気に入りのカーテンを探しに行きませんか。