ニトリのカラーボックスにカビが発生?!気になる臭いも?対策法は?


ニトリのカラーボックスに限らず、カラーボックスはカビやすいものもあるようです。

カビが生えるのは湿度や材質も関係するようですが、もしカラーボックスがカビてしまうとどうすれば良いのでしょうか。

そこで、気になる匂いやカビ予防の対策についてまとめてみました。

 

【Amazon.co.jp 限定】カビキラー 除菌剤 スプレータイプ アルコール除菌 キッチン用 本体 400ml +洗って使えるペーパータオル2枚付き
カビキラー

 


ニトリのカラーボックスにカビが生えた!どうしたらいいの?

ニトリのカラーボックスに限らず、カラーボックスの裏面は、合板がむき出しになっているために湿気を吸いやすくなる可能性があります。

組み立てたり、裏を見たりすることも多いと思いますが、コストダウンのために背面の裏板が加工されず合板のままになっていることがカビやすい原因となることがあるようですね。

乾燥しやすい南面の部屋などに置いておくといいのでしょうが、北側などで湿度の差が発生するような場所に置いた場合に、こうした合板に湿気やほこりが溜まるとカビが生えることも。

とくに最近では気密性の高いマンションなども多く湿気がたまりやすくなっています。

 

カビができた場合の対策は?

【Amazon.co.jp 限定】カビキラー 除菌剤 スプレータイプ アルコール除菌 キッチン用 本体 400ml +洗って使えるペーパータオル2枚付き
カビキラー

実際にカビがしてしまった場合は、早めにアルコールスプレーなどを使って取ってしまうことが有効です。

ただカラーボックスの場合は、裏板がざらざらしているので一度カビを拭きとってもまたカビる可能性が大きいんですよね。

どうしても取り切れないカビならサンドペーパーで直接削り取る方法もオススメ。 少しだけヤスリをかけるだけでカビは簡単に取ることができます。

 

スポンサーリンク

カビが生えないような対処法は?

ではどうしたらカビを防げるのかと言うと、カラーボックスを置く時に壁からちょっと離して置くことが秘訣です。

そのことによって湿気がこもることを防ぐことができます。 できれば壁から10cmほど離して置くなどというのが理想的。

 

もし、背面にスペースがなければ、裏を加工するという方法もありますね。

背面の裏板に写真のようなかわいい壁紙貼ったりすると個性も出ていい感じ。

一番いいのはカビ防止の塗装で塗ることですが、湿気を吸わないことが大事なのでこのように表面を覆ってしまえば効果はあります。

ちょっとしたDIYとして最初に工夫をしておくのも長く使う秘訣です。

 

背面がカビやすいなら外してしまうのも!

また、カビをどうしても取り切れなかった場合は、カラーボックスの裏側をボードを外して通気性がいいようにアミ状にしたりボードごと外して使うなどの方法を取るのもいいでしょう。

裏面のボードを外して使うのも、最近ではカラーボックスにピッタリハマるカゴもありますし、そうした使い方をしてみるのもいいですよね。

縦にしたり横にしたり、棚板も外したり、様々な使い方でスペースを埋めることもできます。

こうした自由自在に活用できるのがカラーボックスのいい点です。

普段の使い方から外れて、色々工夫して活用できるのもカラーボックスの素晴らしさだと思いますよ。

 

カラーボックスは工夫次第で色々使える

画像のような使い方もできます。

最近ではカラーボックスを様々なDIYの材料として使う人も増えていますが、裏板を外しても使うと組み合わせの幅が増えます。

安い上に大活躍してくれますし、色々と工夫して使ってみると新しい発見があるかもしれません。

 

スポンサーリンク

ニトリのカラーボックスのカビ対策〜まとめ〜

【Amazon.co.jp 限定】カビキラー 除菌剤 スプレータイプ アルコール除菌 キッチン用 本体 400ml +洗って使えるペーパータオル2枚付き
カビキラー

カビが生えたらまずはアルコールスプレーで除菌。これで大体は取り切れるはずです。

あとは、カビの原因になる湿度が溜まらないように通気性のいい場所に置いたりするなど、置き方を工夫してみましょう。

そしてどうしてもカビが心配な場合は、壁紙を貼ったりして最初に少し加工をして使うようにしてみるといいのではないでしょうか。

ニトリのカラーボックスは、多くの愛好者がいますよね!

収納家具としては比較的リーズナブルな値段で手に入るので、カビ対策をして有効に使ってみてくださいね。