押入れ・クローゼットの収納法!整理術やアイディア・改造で奥行きを無駄にしないコツ9例


 

物がクローゼットに入りきらなかったりして床に置きっぱなしということはありませんか?
必要な物がいつも見つからないなど、収納の悩みはいろいろありますよね。

どうしてそうなってしまうのか原因を探せば、今よりも使い勝手の良い収納ができるようになります。

押入れやクローゼットの収納法のコツ9例をまとめてみました。

 


1 きれいに並べることで見た目も使い勝手も向上する

同じ大きさの引き出しやクローゼットでも、入れ方によって収納力は変わってきます。

洋服をたたまず入れたりすると無駄な空間ができて、収納できる面積が減ってしまいます。

また、服は積み重ねるように収納すると着たい服を探すときにたたんだ洋服までぐちゃぐちゃになりがちです。

洋服をたたむのが面倒な人は、洗濯ハンガーに掛けたまま収納できるようなスタイルにしたほうが生活が楽になります。

 

2 置き場所を決めたら必ず同じ場所に戻すよう心がける!

急いでいる時に限って必要な物が見つからなかったり、家族が急に「ハサミの置き場所はどこ?」と聞くことはありませんか?
それは、あるべき場所に物がいつも置いてないから探すハメになってしまっているのです。

receipt-idea-armoire-closet_04

出典:www.buzzfeed.com

例えば、家にハサミがキッチンに1つだけしかなく、廃品回収の時にいちいちキッチンからハサミを持っていって作業するよりも、廃品回収をまとめるところのそばにもう一つ専用のハサミを買っておく方が物の移動がなくなって便利になります。

あらかじめ使う場所のそばに道具を置いておくと、同じ場所に戻しやすくなるので、道具は複数個置いておくのもおすすめです。

また、同じ所に戻すようにすると便利なことが2つあります。

一つはお部屋が散らからないこと、二つ目は一度きっちり置き場所を決めてしまうことで、どこに置こうかと考える必要がなくなります。

 

3 引き出しに小物を入れるときは仕切って収納しよう!

receipt-idea-armoire-closet_06

出典:www.ikea.com

掃除するときは綺麗に並べて収納していても、何回か出し入れしているうちに中の物がぐちゃぐちゃになりやすいのが小物を入れた引き出しです。

これを防ぐためには、引き出しの中に小物のサイズに合わせた仕切りを作っておくと使い勝手が向上します。

靴下や下着類は、百円均一などでも売られている仕切りを利用し、丸めていると探している靴下などが見つけにくいため、ラベルを貼っておくほうが無難です。

洗濯が終わったあとにはラベルの場所に戻すことで、探す手間が省けて便利です。

 

スポンサーリンク

クローゼットや押し入れには便利小物を活用せよ!

広い空間のわりに100%使いきるのが難しいのが、クローゼットや押入れなどの造り付けの収納スペースです。

特に押し入れは、大容量の収納スペースですが、奥行きが深すぎて小さい小物や洋服などをしまうにはちょっと不便な部分があります。

そこで活用したいのが、奥行きのある収納グッズや便利小物です。

とにかく奥行きのあるスペースは使わないものを奥に収納するならともかく、よく使うものは必ず手の届きやすい収納にしておかないと、物を探すときに不便です。

また簡単に引き出せるようにキャスター付きのものを使うのもおすすめです。

 

奥にしまい込む箱などにはインデックスを付けて

季節外の服やしばらく使わない小物などはダンボール等の箱に入れて、少し手の届きにくい押し入れの置くようにすると収納スペースが有効に活用できます。

しかし、この時に気をつけておきたいのが、必ず箱の表に何を入れたかを書いておいたりシールを貼っておくことをおすすめします。

そうしないと、いざ必要となった時にどの箱に入っているのか、一つ一つ開けて探すことになってしまいがちです。

見せる収納は統一性が大事!

小物を飾るときはおしゃれに見えるように置き方を考えたりするものですが、扉のない本棚などに並べている本などのインテリアについてはどうでしょうか?

部屋全体を素敵な雰囲気に見せるためには、こういう見える収納部分こそ気を配ることが大切です。

ブックカバーの色を揃えたり、雰囲気の似たものを並べたりすることで、部屋の調和がとれ、部屋全体が整うようになります。

 

スポンサーリンク

細かすぎるものはケース入れれば無くならない!

アクセサリーや髪留め、リボンなどの小さな小物はとても無くしやすく、どこに置いていたかも忘れがちです。

普段良く使うアクセサリーは見せる収納にして、いつも特定の場所に置いておくのもいいですが、100円ショップなどで小物ケースを購入しまとめて保管しておくほうがとても便利です。

receipt-idea-armoire-closet_11

出典:blog.mini-mono.net

外に出しておくとホコリが積もったり掃除が大変になるので、あまりマメに掃除ができるタイプでなければ、見せる収納にしないほうが良さそうです。

 

デットスペースはアイデアで解決せよ!

ベッドの下の空間や、本棚の上部分など、スペースはあるのに、使い勝手の悪い空間のことをデットスペースと呼びます。
しかし、狭い部屋ではこのデットスペースを生かすことで広くスッキリした部屋にすることが可能です。

手の届きにくいベッドの下におすすめしたいのが、キャスター付きの台を使って簡単に引き出せるようにすると、使い勝手が良くなります。

また、壁と壁の隙間にもキッチンなどでよく見るキャスター付きの細長い家具を使うことで、十分物を置くことが出来ます。

 

やっぱり物が多すぎるのも考えモノ

いくら収納場所やデットスペースを有効利用しても、部屋の面積には限りがあります。

そういう場合は、部屋の面積に対して物を持ちすぎているということが考えられます。

2シーズン使わなかった服や使わない小物、本当は無くてもいいような家具を沢山部屋の中に置いていませんか?

receipt-idea-armoire-closet_14

出典:www.moodymamasays.com

意外と、ここ2ヶ月で使った物というのは少ないもので、あまり使っていないものが部屋の中に置かれているということが良くあります。

2ヶ月か3ヶ月に1度ぐらい、一度も使ってない小物などは箱にしまって手の届きにくい場所に置いてみるとよく分かります。

それでも使うことがなければそのまま手の届きにくい場所に保管しておいたり、リサイクルショップなどに持って行って物を減らしてみるのもよさそうです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

押し入れやクローゼットの奥行きも、収納アイテムや普段あまり使わないものを収納しておくことで効率的に使い切ることが出来ます。

インテリアを整えるための第一歩として、まず収納場所の使い勝手を良くしてみるのがおすすめです。