おしゃれな北欧インテリア・コーディネートにするための3つのテクニック

スポンサーリンク

優しい雰囲気なのにちょっと大人びた雰囲気のある北欧のインテリアは好きな方も多いですよね。

そこで今回は大人っぽい北欧インテリアをまとめました。

 

北欧インテリアのコーディネート


オシャレなコーディネートにしようと思っても、なかなか北欧っぽいインテリアにまとまらないのが難しいところ。

そこで今日は北欧インテリアの雰囲気にできるポイントを3つ紹介します。

 

北欧インテリアの特徴はシンプルスタイルがベース

北欧インテリアの特徴は「シンプルスタイル」がベースとなっています。

白をベースにしてインテリアをまとめ、ポイントになる色を統一しクッションや小物などの雑貨でアクセントを付けると一気に北欧っぽい雰囲気になります。

 

出典:Flickr

床が白っぽい色のほうが北欧っぽい雰囲気になります。

難しい場合は、床に大きめのラグを敷くことで広い面積が白っぽくなるので、薄いグレーやベージュ色などのラグを敷くのもおすすめの方法です。

 

差し色で北欧っぽくまとめるとかっこいい

基本は白で広い面積を埋め、ポイントで色を入れるとかっこよくなるのが北欧インテリアです。

おすすめの配色をまとめてみましたので、是非参考にしてください。

ちなみに、差し色は3色までにしたほうが綺麗にまとまると思います。

 


20160104_03

出典:trendenser

白✕黒✕グレー✕黄の組み合わせです。黄色はかなり強い色なので、ポイントとして少量使うのがコツです。

 


白✕グレー✕黒✕ピンクの組み合わせです。

ベースは白とグレーで部屋をまとめ、差し色として黒の小物とクッション、そしてワンポイントで薄いピンクのクッションがいい味を出しています。

ピンクのクッションがなければ、シンプルな部屋でまとまってしまうところですが、ピンクがワンポイントに入るだけで、おしゃれな雰囲気になるのが素敵ですよね。

このインテリアなら男性にも女性にも合いそうですよね。

 


白✕紺✕橙の組み合わせです。大人っぽい色の組み合わせですがなかなかおしゃれですね。

紺とオレンジ色がはっきりしているので、比較的、白の割合を増やし、ワンポイントで使うと明るめなインテリアになりますね。

 

小物や家具を選ぶなら木製やちょっと良い物をチョイス!

北欧インテリアは、シンプルな中にもワンポイントになるようなこだわりの雑貨がよく似合います。

また、沢山飾るのではなく、ポイントとして目を引くような雑貨を飾るとシンプルだけどおしゃれな雰囲気としてまとまります。

 


20160104_01

出典:cocokelley

個性的なブラックの照明がシンプルな中にひときわ目立っていますね!

少し高くてもおしゃれなワンポイントを入れることで、一気におしゃれな雰囲気になります。

机も天然素材を使ったようなナチュラルなものを選ぶと、素材感が出てとても暖かい感じになります。

 


20160104_07

出典:MY ATTIC

差し色が多めですが、ひとつひとつのものが個性的でうまく調和していますね!

特に目を引くエメラルドグリーンのテーブルがいい色で全体がさわやかな雰囲気になっています。

 

まとめ

北欧インテリアはとにかくシンプルが大事です。

部屋を一度シンプルデザインに変えてからお気に入りの雑貨や差し色を加えるとスムーズにイメチェンできそうです。

シンプルがベースなので掃除もしやすく、模様替えするにも小物を取り替えるだけで変化を加える事ができるので、

おすすめのインテリアです!

 

スポンサーリンク