普段の片付けがカギを握る?早まった引越しで悲惨な目に…【引越しの体験談】


 

急に遠方に引っ越してほしいと言われたら、直ぐに対応できる準備ができているでしょうか?

意外と普段使っているものというのは限られているものです。

引越しの日にちが早まってとても大変な目にあったという引越しの体験談を紹介します。

 

スポンサーリンク

普段からやっておけばよかった…モノの分類

東京から千葉へ引っ越すことになり荷造りを開始しましたがほんとに大変でした。

二人分の荷物をどうまとめたらよいのかなかなか手を付けられずにいたのですが、その間に引っ越しの日にちが早まってとりあえず詰め込むことになりましたが、いらないものばかり出てきて一度に7袋のごみ袋を二週にかけて出しました。

 

ゴミ袋の勢いで分類せずダンボールに!

とりあえずダンボールに詰め込んで引っ越しをしたのですが、急きょ早まった引っ越しで分類せずにダンボールに詰め込んだのが悪いのですが、片付けをするのが死ぬほど大変でした

あんなに大量のものを捨てたつもりがまだいらないものは出てくるし、適当に詰め込んだせいであっちこっち動き回理ながらの片づけで体力的にも疲れるしやることも多いしで荷物の片づけだけで2週間は忙しかった記憶があります。

もう当分引っ越す予定はないけれど、今でも引っ越しの準備は早めに始めてものはすぐに片付くように使う場所やしまう場所によって分けてしまっておこうと思いました。

 

私は専業主婦ですが旦那さんはほとんど休みがないサービス業をしていたこともあり、荷造りも片付けも私がすべて一人で行っていました。

腰は痛くなるし大変な思いしかしなかったなぁと今でも思っています。

引っ越して部屋も片付き、今ではいらないものはすぐに捨てますし、とにかく整理整頓をしてきれいに保っています。

引っ越すことに関しては楽しみだし、きれいなところに移って楽しい生活ができると思うと、わくわくしますが、その裏では大変な作業が行われているのです。

大きな家電などに関しては業者の方にお願いしたので何も問題なく行ってもらえたのでよかったです。
引っし業者の人も大変だよなぁと心から思いました。

 

スポンサーリンク

さいごに

なんでも早め早めの行動をして今後引越しをする際には今回の経験を生かすことができると思うので良い思い出です。
今は2人と3匹のねこちゃんとみんなで仲良く楽しく暮らしています。

捨てられない・もったいない!という気持ちもわかりますが、普段から使うものと使わないものを分けて生活すると意外と部屋がすっきりするものです。

1ヶ月使わなかったものを発見したら、箱に閉まって押入れに閉まっておくなどの癖をつけて、しまう場所を決めておくと良さそうです。