ヘリンボーン柄のクッションフロアと壁紙で全体をゴージャスに

写真 2016-01-06 8 07 31

ヘリンボーン柄のクッションフロアに換えて一気に雰囲気を変化させていました。
貼るときには、賃貸でも大丈夫な貼ってはがせる両面テープを使用されていました。

ヘリンボーンというのは互い違いに木材を組んで模様がつけられた床の模様のことで、実際に作るとなるとかなり費用がかかります。
イギリスでは木材を修復しながら何十年と長く使われているそうです。

写真 2016-01-06 8 18 14
写真 2016-01-06 8 18 30

また窓にはステンドグラスシートを使用し、ゴージャスな雰囲気に変化させていました。

このステンドグラスシートは水に濡らすと簡単に貼れるそうで、初心者でも簡単にできそうです。
ちなみに、失敗しないための裏技として水に少し中性洗剤を混ぜていました。そうすることで、シールの滑りがよくなり簡単にずらせるため、失敗せずに貼ることができていました。

写真 2016-01-06 8 58 36
写真 2016-01-06 8 57 45

また、壁紙もブリテッシュインテリアの雰囲気がでるように花柄を使い、ゴージャス感が出るよう、トリムボーダーという細長い壁紙も貼っていました。
壁紙同士のつなぎ目や天井の際に貼るとかなり効果的です。

スポンサードリンク

カラーボックスで暖炉?TV台と収納に早変わり!

写真 2016-01-06 8 20 31
写真 2016-01-06 8 42 51

棒を均等に板に貼り付け、塗料で塗った板を蝶番でカラーボックスと固定します。
6段の長いカラーボックスを2つに切断し、4段に縮め、木材をチョコレート色に塗ります。

写真 2016-01-06 8 46 21
写真 2016-01-06 8 48 16

トリマーという木材の端をアンティーク風に加工する工具を使い、洋風の板に変身させ、大中小3枚の板を造ります。

カラーボックスの上に板を渡して固定したあと、その上に4段のカラーボックス、中、大の板を重ねます。

写真 2016-01-06 8 51 21

あえて大きさの違う板を重ねることによって、ゴージャスな模様になっていましたね!

クルーガンで作った装飾と、板でカラーボックスを目隠しし、暖炉風のアーチを完成させていました。

写真 2016-01-06 8 55 28

奥に天板、天板にはカッティングシートを貼り付け、奥の天板にTVを取り付けTV台にされていました。

劇的ビフォーアフター!ゆいPの部屋のインテリア

写真 2016-01-06 7 10 03
写真 2016-01-06 7 10 51
 


写真 2016-01-06 7 11 51

ヒロミさんが1日かけて作ったブリテッシュカントリー風のリノベーションのビフォー・アフターはこんな感じになりました!

写真 2016-01-06 9 00 15
写真 2016-01-06 9 00 57

壁紙は1面のみ変えていましたが、かなりまとまっていますね!
また、雰囲気が出るよう、照明もシャンデリアに交換されていました。

写真 2016-01-06 7 41 40

ネジ外しの時に使っていたプラスチックマグトレーがかなり便利そうでしたね!
釘を入れても裏に磁石が取り付けられているのでネジが散らばらない優れものでした。値段も324円とかなりお安いのでDIY好きの方におすすめです。
ちなみに高いところの作業では、冷蔵庫やレンジフードにもくっつくなどかなり作業が捗りそうです。