おかずクラブのゆいPのアパートが「有吉ゼミ」でリフォームされました。

写真 2016-01-06 9 00 57

予算は10万円で、1日でブリティシュカントリー風の女の子らしい彼氏が呼べる部屋に生まれ変わりました!

ゆいPの部屋(7帖)の問題点、ポイントは3つあります。
1 無機質すぎるテーブルで殺風景
1 段ボール製の収納の見た目が良くない
3 床に直置きされているテレビ

果たして1日でリフォームができるのでしょうか?

スポンサードリンク

ブリティシュカントリーの部屋とはどんな部屋なの?

写真 2016-01-06 7 33 37

ブリティシュカントリーの部屋は、手の込んだ装飾が施された、アンティーク風の家具が特徴で、壁などに描かれた花柄が特徴的な部屋のスタイルで、英国貴族の邸宅のようなスタイルのインテリアです。

無機質すぎるちゃぶ台を重厚感のあるテーブルに変化!

写真 2016-01-06 7 11 51

まず、テーブルの足のネジを取り外し、装飾がされたテーブルの脚材にチェンジします。
脚の部分に装飾がつくと一気に雰囲気が変わって豪華に見えます。ゆいPの部屋で使われた脚材は1本1980円のものでした。

写真 2016-01-06 7 39 39

次にテーブルの脚、テーブルの天板の裏にペンキで色を塗ります。塗る時のポイントは一定方向に向かって塗るとムラになりにくいそうです。

写真 2016-01-06 7 50 45
写真 2016-01-06 7 48 18

ブリテッシュインテリアは、古い家具で重厚感がある方がまとまりやすいため、濃い目のペンキで塗っていました。

次に手芸で使うシリコン製の型に、クルーガンの樹脂を流し込み、2分ほど乾かすと樹脂が固まり型が作られます。

写真 2016-01-06 7 53 01
写真 2016-01-06 7 54 47

それを木工用接着剤で木材にはり、上からペイントします。

写真 2016-01-06 7 56 05

まるでアンティーク家具のレリーフのような装飾がついてゴージャスになります。これはいいアイディアですね!

シンプルな椅子をゴージャスに変化させるDIY

写真 2016-01-06 7 59 11

硬さの異なるウレタンシートを2種類用意し、椅子の座面の大きさに合わせてカッターでカットします。

写真 2016-01-06 8 00 57

次に椅子の座面を取り外し、座面の上に2種類のウレタンシートを重ねます。2種類のウレタンを使うことでクッション性がアップしてふかふかになるそうです。

写真 2016-01-06 8 00 25
写真 2016-01-06 8 02 40

上から花柄の生地で包み、タッカー(建築用のホチキス)で生地と座面を固定します。

写真 2016-01-06 8 03 32
写真 2016-01-06 8 04 49
椅子全体をテーブルと同じチョコレート色で塗装して、座面を椅子の脚に固定して出来上がりです。

写真 2016-01-06 8 05 52
写真 2016-01-06 8 06 12

≪壁紙とクッションフロアで全体がゴージャスに!≫は次ページへ