女性で、1LDKのもうすぐお引っ越し/リビングについてのインテリア実例を紹介。出典:https://roomclip.jp

引っ越しの時期になると、部屋探しは結構大変です。納得のいく部屋を見つけるには結構時間もかかります。

1人暮らしの部屋探しのポイントや安く見つけることができる時期、部屋探しのおすすめのサイトについてまとめました。コツを知って上手に探してみませんか。

〈 目次 〉

  1. 一人暮らしの部屋探しのポイントは?       
  2. 部屋探しのおすすめサイトと安い時期は?
スポンサードリンク

一人暮らしの部屋探しのポイントは?

・いい時期は?

部屋探しのポイントは、やはり物件が一番多い時期に選ぶのが一番です。多くの選択肢の中から選ぶのが理想です。

また、もしいい物件に目星があるのであれば、空き物件が出やすい23月上旬に探してみませんか。サイトに登録しておいて細目にチェックしておくのもおすすめです。

特に3月上旬にはピークを迎え、沢山の物件が出ます。ただ、3月は少し時期を逸して中旬以降に遅くなってしまうとほとんどの物件がなくなってしまい注意も必要です。

・住む地域や家の選び方は?

一人暮らしとなると、まず女性の場合は治安なども考えた場所を選ぶことも大切です。治安や買い物などに便利な地域を選びます。例えば夜になると治安が悪い場所もあるので夜になって一度下見をしてみることも時には必要です。

また、女性の場合は、1階は防犯上の問題であまりおすすめとは言えません。

・間取りの選び方は?

男性で、1Kのフロアタイル/ラダー/インダストリアル/カフェ風/引っ越し/無印良品…などについてのインテリア実例を紹介。

出典:https://roomclip.jp

大事な間取りで言えば、自炊をするのかやバストイレが一緒でいいのか、リビングキッチンでいいのか、リビングの広さはどの位が欲しいのか、日当たりや動線がいいなど様々な点での検討が必要です。

意外と盲点なのが自炊をしたいのにコンロが狭くキッチンが狭いやお風呂の脱衣所スペースがないなどと言ったことが挙げられます。

また、一人暮らしの部屋の場合には部屋の形によっても大きな違いがあります。例えば1ルームなどの場合に長い1ルームなのか、正方形に近いのかによっても家具の置き方なども異なってきます。

壁側に荷物を置くことも多いのでシミュレーションしながら、実際に間取りを絵に書いて家具を配置してみることも大事です。自分の荷物や置きたい場所がどんな形の部屋ならば置きやすいのかを書いてみます。

あまり長方形過ぎる部屋も狭く圧迫感を感じることが多く日当たりが悪い場合もありますので注意が必要です。

≪部屋探しのおすすめサイトと安い時期は?≫は次ページへ