女性で、1Kの無印良品/1K/1K ひとり暮らし/一人暮らし/シンプルインテリア/シンプルホワイト…などについてのインテリア実例を紹介。

出典:https://roomclip.jp

部屋探しは意外と大変なものなのでできるならば物件が多い時期に探すのが一番ですよね。

新年度に向けて3月後半が新しい部屋への引っ越しが一番多くなる時期です。つまりこの頃には多くの人が引っ越し先を決めているということでもあります。

実際にどんな時期に部屋探しをするのが良いのでしょうか。おすすめの時期と注意点についてご紹介します。

〈 目次 〉

  1. 部屋探しのコツは?使える部屋探しサイト
  2. おすすめの時期や注意点とは?
スポンサードリンク

部屋探しのコツは?使える部屋探しサイト

様々な物件の中から部屋探しを行うのは大変ですが、なるべく多くの部屋を見て比較して探したいものです。

そのためには、最初は自分で部屋探しのサイトを見て探すのがおすすめです。

女性で、1DK、一人暮らしの間取り図/間取り/ロフト付き/1DK/賃貸/一人暮らし 賃貸…などについてのインテリア実例を紹介。

出典:https://roomclip.jp

部屋探しサイトにはとにかく多くの物件が掲載されていますので、その中からいくつかの候補を選んだ上で、不動産会社に実際に詳細を訪ねるという方法が最もおすすめです。

その部屋探しサイトで自分の希望に近い物件を何件かピックアップすることのいい点は、例えば遠方への引っ越しでも部屋探しサイトを見るだけで、遠くからでも物件をネット上から見て探すことができる点です。

部屋探しサイトを使って

例えば、全国の700万件以上の物件から探すことができる物件数No.1の不動産・住宅情報サイト「HOMES」では各部屋の写真が何枚も掲載され、外観や部屋のイメージが掴みやすくなっています。

また、その家の地図も掲載され、それを見るとGoogleマップで周辺の画像なども実際に眺めることができます。土地勘がなくても町の雰囲気を知ることができるので便利です。

また、全国600万件の賃貸物件を誇る部屋探しサイトSUUMO(スーモ)もあり、こちらも詳細は写真やGoogleマップで確認することができますので探しやすいサイトです。物件数の多いサイトに行ってまずは調べてみましょう。

また、町の雰囲気がわからない時もそうしたサイトから情報を得たり、どの地域が学生、社会人、家族世帯が多いのかもネットで調べてみるのもおすすめです。

買い物や交通の便なども事前にネットで調べてどこの地域を選ぶのかの基準にしてください。

おすすめの時期や注意点とは?

女性で、4LDK、家族住まいの雑貨♡/DIY/アイアン/北欧モダン/北欧/ナチュラル…などについてのインテリア実例を紹介。

出典:https://roomclip.jp

どんな広さの部屋を探すかにもよるのですが、一人暮らしの部屋を探す場合は、学生や新社会人などが部屋を探し始める3月初めがピークとなります。

物件が沢山出る頃でもあり、また探す人も多い時期ですので、この時期はなるべく早く探して決めるのがおすすめです。

また、2DKなどの広い部屋は35月頃の春の結婚シーズンと910月の秋の新居用や転勤のための引っ越し用に多く出てくる傾向にあります。

10月完成物件と言うのも多く、実は秋も転勤シーズンで引っ越しが多い時期になります。9月頃も新築物件などが多く実は部屋探しのいい時期となっています。

こんなことに注意!

また、部屋探しの注意点としては、3月後半の春と秋の引っ越しシーズンには引っ越し代も割高になってしまうことは念頭に入れておく必要があります。

さらに、自分の引っ越したい時期と部屋の空き状況が上手く合わないこともあり、早くから契約をしなければならないなどと言ったことも発生します。

また、引っ越したいのに部屋が空かないなどもありますので、部屋が空く時期をきちんと確認することは部屋探しの重要な要素となります。

できるならば、引っ越したい時期に上手く契約が合うような物件を探すことがベストです。

早めに部屋探しサイトで候補となる家をいくつか挙げ、不動産屋に自分のニーズをよく伝えてみることが大切です。自分の条件に合うような物件を逆に紹介してもらえるようにもなります。

女性で、1R、一人暮らしの間取り図/一人暮らし/部屋全体についてのインテリア実例を紹介。

出典:https://roomclip.jp

具体的にどんな地域のどんな広さの物件がほしいのか、どこを重点に選ぶのか、リビングやキッチンやお風呂周りのスペースや大きさを重視するのか、バストイレ別がいいのか、お風呂の脱衣所の有無など、これは外せないというポイントをまとめて不動産屋さんと一緒に検討しましょう。

理想に近い部屋探しのためにはまず自分の希望の条件を洗い出し、優先順位を付けてみませんか。

そして日頃から、部屋探しサイトを見ながら詳しく部屋の広さや間取り、明るさなどをチェックしてみませんか。理想の候補選びをして事前に目星をつけておくのもいいのではないでしょうか。