女性で、4LDK、家族住まいの連投すみません/簡単で安上がりなリメイク/貼っただけ/セリア同好会/フレームで窓枠風…などについてのインテリア実例を紹介。

出典:http://roomclip.jp

ニトリのクッションカバーはとにかく種類が沢山なのが嬉しいポイントです。クッションカバーは簡単に替えられ部屋のイメージチェンジにもなる嬉しいアイテムです。

季節ごとにクッションカバーも変えて部屋の雰囲気の変化を楽しんでみませんか。

また、クッションはいくつも置いている物なのでそれぞれの組み合わせによっても様々な雰囲気を作ることができます。

ここでは実例5例とクッションのコーディネートのコツをご紹介します。

〈 目次 〉

  1. ニトリのクッションカバーを使った部屋の実例5
  2. クッションコーディネートのコツとは?
スポンサードリンク

ニトリのクッションカバーを使った部屋の実例5例

例)キリムのクッションカバーでエキゾチックな雰囲気を演出

女性で、のグリーンのある暮らし/観葉植物/ニトリのクッションカバー/ナチュラルインテリア/ニトリ…などについてのインテリア実例を紹介。

出典:http://roomclip.jp

キリム風のクッションカバーは模様が素敵で温かい雰囲気を出すことができ、皮のヴィンテージ感あふれるクッションにも似合います。柄や色違いでいくつか揃えておくときれいに見せることができます。

例)西海岸風インテリアに海をイメージしたクッションを並べて

女性で、4LDKのビール瓶/サリュランタン/ペンキ塗り/サーフボード型まな板/シェル/トタン風の屋根…などについてのインテリア実例を紹介。

出典:http://roomclip.jp

夏はこんなコーディネートが最高です。ヒトデのデザインのクッションカバーとヤシの木のデザインで夏気分満載です。ニトリのクッションでカリフォルニアスタイルを存分に満喫できます。

例)手作りっぽい雰囲気を持った温かい雰囲気のカバーも魅力的

女性で、Other、家族住まいのニトリ/渋ナチュ/渋ナチュ系インテリア/卑猥組/オルテガ柄/男前インテリア…などについてのインテリア実例を紹介。

出典:http://roomclip.jp

INジョギア」という柄のクッションカバーです。手作りのような雰囲気のあるフリンジの付いたクッションカバーでデザインが素敵です。グレーのような色のソファなどのシンプルな温かいイメージの布ソファによく合います。

例)ヴィンテージ感のあるソファにモザイク模様のクッションカバーで雰囲気を演出

女性で、4LDK、家族住まいのにこちゃん◡̈⃝︎⋆︎*/ソファー/カフェ風/扇風機/ピエリア扇風機/ピエリア…などについてのインテリア実例を紹介。出典:http://roomclip.jp

モザイク模様のデザインが雰囲気があって素敵です。なんだかエキゾチックですね。ヴィンテージ感のあるカリモクソファのようなソファにはよく似合うクッションカバーです。

例)モダンなソファにはシンプルなクッションですが、それでもアクセントになるものを

女性で、のソファー/フランフラン/ニトリのクッションカバー/ニトリ/白い床/エアープランツ…などについてのインテリア実例を紹介。

出典:http://roomclip.jp

こちらは落ち着いたモダンな部屋に置くクッションの実例です。ファーやムートンのクッションカバーならばモノトーンのソファにも合い、アクセントとしてちょっとしたゴージャス感も出してくれます。

光るシルバーやゴールドっぽいクッションなどを置いてみるのも素敵ですね。

クッションコーディネートのコツとは?

女性で、4LDK、家族住まいのシンプルインテリア/リネンカーテン/ニトリ/シンプル/ニトリのクッションカバー/ホワイト ラグ…などについてのインテリア実例を紹介。出典:http://roomclip.jp

クッションはコーデイネートする場合に色が大事ですよね。この場合は、無地の赤とモノクロのデザイン物に黒の星形のクッションカバーを合わせています。白いソファに絵のように素敵にコーディネートされています。

色のアクセントとなる赤いカバーと形のアクセントとなる少し小さめの星形のクッションが上手にコーディネートされていて素敵な組み合わせです。

クッションカバー(AKマルチジグザク)

出典:https://www.nitori-net.jp

刺繍が美しいクッションカバーは色違いで揃えるとより魅力的です。グレーの柔らかい色のソファにもアースカラーっぽいカバーのコーディがよく合っています。秋などに特におすすめのコーディです。

クッションカバー(クロフト)

出典:https://www.nitori-net.jp

女性らしい部屋にはこんなクッションカバーの組み合わせがおすすめです。美しいデザインを活かすには、きれいなピンクの無地っぽいクッションを横に置くのがぴったりです。

クッションカバー(SEAジェノア16)

https://www.nitori-net.jp

西海岸スタイルを作るならばこんなクッションカバーのコーディネートがおすすめです。落ち着いたブルーの編み込まれたクッションカバーを一緒にコーディネートすることで優しさもプラス、落ち着いた雰囲気も演出しています。

女性で、Other、家族住まいのオルテガ柄/ニトリのクッションカバー/DIY/ディスプレイ/渋ナチュ/卑猥組…などについてのインテリア実例を紹介。

出典:http://roomclip.jp

夏と秋のクッションのコーディネートのおすすめ例です。

夏は海の青い色をイメージした西海岸風のカバーで、秋は温かい雰囲気のある手作り感も漂うカバーで柄物と無地の物を交互に飾り、無地のカバーは季節を象徴した色にするときれいに見えます。

女性で、のステンシル/ニトリ/ニトリのクッションカバー/ニトリのクッション/デイベッド…などについてのインテリア実例を紹介。

出典:http://roomclip.jp

こちらはヴィンテージ感を出すにはぴったりのコーディネートです。ロゴなどがデザインされたクッションカバーをモノトーンを基本に揃えましょう。ニトリならば沢山の種類から選べますのでこんな雰囲気もすぐに作ることができます。