引越し先が失敗だった!引越し先を決めるときに大事にしたいこととは?【引越しの体験談】




スポンサードリンク

出典:www.recipe.com

せっかく引っ越しをするなら、今よりもっと環境の良い所に住みたいですよね。
引越しは、住んでしまってからではなかなか変えられないので新しい引越し先がどんな場所なのか知っておくほうが良さそうです。
引越し先を決めて失敗した!という体験談を紹介します。

スポンサードリンク

不動産の相続でやむなく新しい引越し先を見つけることに…

大阪に住んでいたころ、不動産の相続でやむなく、住んでいた土地を分割しなければならなくなりました。
自宅は土地の真ん中にあったので、自宅も解体して私の相続分の土地を売却して、そのお金で新しい新居を求めることにしました。
何よりも優先したのは豊かな環境です。子どもたちも小さく、教育には自然環境が大切だと考えたのです。

20160211_02
出典:www.themuse.com

また私の勤務先が大阪だったので、大阪から通える範囲内に引越しすることにしました。
結局、大阪市内から電車で1時間少しの田舎に引越しすることになりました。
そのとき重視したのは、駅から近いことです。いずれ、我々夫婦は年を取ることになります。ですから、いつまでも車に頼るわけには行きません。
そんなわけで、不動産業者にだした第一条件は駅から歩いて15分ぐらいの住宅という条件でした。
幸いにもよい住宅が見つかりました。周囲は自然に恵まれ、大阪とは比べ物にならないぐらい、ノンビリしたよい土地でした。
地域の人も純朴で穏やかな人がおおく、自然にその土地の行事に参加させていただきました。
大阪から連れて行った猫たちもこの自然に恵まれた環境に満足した様子でした。
ただ、大阪と比べて、少し気温が低かったです。
大阪と比べると、5度前後低いのです。それで、夏など、クーラーが要らないほどでした。
大阪にいたころはクーラーなしでは寝ることはできませんでした。
しかし、初めての冬を迎えたときは驚きました。何しろ、猫たちがみんな風邪を引いたのです。


20160211_03
出典:www.petstrends.com

大阪にいたころは、猫が風邪を引くなんてことはありませんでした。
おまけに、新しい家も大阪の家と同じように、猫たちがいつでも出入りできるように、猫専用の出入り口を作ったのです。
冬など、そこから、寒い風が吹き込んできます。その寒いこと、家の中の気温は1度、2度になることもあります。
あるときなど、家の中で氷がはりました。大阪と同じように考えたのが大きな失敗でした。気温まで考えるべきでした。
最近は、もっと暖かいところに引越ししようと思案しているところです。

出典:moving.about.com

いかがだったでしょうか?

引越し先は、隣りに住む隣人や治安などに気をつけるとはよく聞きますが、気候も大事なポイントかもしれません。

日当たりのよい住居に決めたけど、夏は暑すぎる土地だった!など思わぬ環境の違いに戸惑うことがないよう、事前にしっかり下調べをしたいものですね。




スポンサードリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です