ムートンラグが臭い!ダニは大丈夫?クリーニングや洗い方など手入れの方法は?




スポンサードリンク

a0142778_00493900.jpg

出典:http://chichacha.exblog.jp

ムートンラグはふわふわして肌触りも良く温かいのですが、敷いたままにしておくとへたったり、湿った感じになったり、毛足が長いのでほこりやゴミが入り込んだりしますよね。そんな時にきれいにするにはどうしたらいいのでしょうか。

お手入れが難しそうだと結構思っていませんか。意外と簡単にできるお手入れ方法を調べてみました。お手入れすることでいつも心地よいムートンラグを目指すことができますよね。

また、ムートンラグをきれいにするにはクリーニングをしなければならないと思っていることと思います。もちろん定期的なクリーニングも必要ですが、実は様々な日頃のお手入れも大事です。

〈 目次 〉

  1. 大事に使うための日頃の手入れ法は?
  2. ムートンラグはクリーニングする?その洗い方は?
スポンサードリンク

大事に使うための日頃の手入れ法は?

毛にゴミやほこり、また湿ってきた場合のちょっとしたお手入れは?

例えば、毛の中にゴミやほこりが入っている場合や毛が湿っている場合には、どうしたらいいのでしょうか。

「ムートンラグ 陰干し」の画像検索結果

出典:https://moutons.jp

まず、毛を乾燥させるために風通しのいい所で陰干しをします。表と裏を冬場ですと長くて1時間位ひっくり返しながら干します。長時間干しますと日光で色褪せしますので夏は20分位で大丈夫のようです。

湿気を取り除いたら、次にゴミやほこりを掃除機で吸い取ります。湿気を取り除くとゴミなども取りやすいですよね。

そしてまた、ムートンを干した状態にして布団たたきなどでホコリも再度軽く叩き落としすようにします。

こういった手入れを定期的に行うことでムートンも長持ちさせることができるようになります。清潔なムートンがこんな手入れをすることで蘇るのです。

毛がへたってきたら?

また、毛がへたっている時には、濡れタオルや霧吹きなどで一度毛を濡らします。毛を傷めないように濡らしてから、専用のブラシで倒れた毛をブラッシングしながら起こしていくようにします。そして、その後充分乾燥させたら大丈夫です。

ただ、この濡らす部分はムートンの毛の部分だけにして皮の部分は濡らさないような注意も必要です。

≪ムートンのお手入れ専用ブラシ≫は次ページへ




スポンサードリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です