和室でも洋室でも、華やかなロマンティクインテリアをどう作っていいのか悩む方は多いと思います。

写真 2016-01-08 17 02 20

シンプルな部屋から部屋全体を華やかにアレンジしたい方におすすめな方法を紹介します。

スポンサードリンク

やっぱり窓!カーテンのイメージはインテリアポイント

広い面積を占める窓は、やはりイメージが大きく変わる部分です。

写真 2016-01-08 17 00 58
カーテン変更前

特に床まである掃き出し窓であればかなり広い面積になるので、カーテンの布選びは慎重になることをおすすめします。
壁や床の色を考えてから、合うカーテンを選ぶのがコツです。

写真 2016-01-08 17 01 15
カーテン変更後

ロマンティックなインテリアはピンクを効果的に使うことが多いですが、ピンクと言ってもショッキングピンクと淡い色のピンクではイメージがかなり変わってきます。
少し落ち着いた雰囲気の雰囲気にしたいのであれば、茶色系が少し混ざった花柄の生地や、くすんだピンクの組み合わせがおすすめです。

また、ゴージャスになるように、上下にフリルを付けると雰囲気が出やすいのでおすすめです。

黒い家具でも大丈夫!布でピンクの面積を増やせ!

ロマンティックな雰囲気には合いにくい黒のローチェストをカーテンと同じ布を使ってベンチチェストに変えてしまうこともできます。

写真 2016-01-08 17 01 24
上のオーディオをおろしてチェストだけ使用します

黒の家具でもところどころピンクの布を付けてあげることで全体にまとまりが出て、部屋に馴染むようになります。

写真 2016-01-08 17 01 27

作り方は、ウレタンマットかクッション、またはタオルケットなどをチェストの大きさに畳んで乗せ、その上にチェストより少し大きめの布をかけます。
椅子用の頑丈な鋲などでチェストに止めていくことで簡単にベンチチェストに変身させることができます。

写真 2016-01-08 17 01 30

ウレタンマットを敷くことで作ることもできますが、お金がないのであれば普段使っていない毛布やタオルケットで代用できるところが嬉しいですよね。

また、多くのTVやTV台は黒だと思うのですが、それも簡単に優しい雰囲気に変えることができます。

写真 2016-01-08 17 01 44
TV台変更前

レースペーパーやレースをつけた布で台をカバーリングすることで少し優しい雰囲気になるのでおすすめです。

写真 2016-01-08 17 01 49
TV台変更後

ここでのポイントとして、テレビはあえて手を加えずにおくことで、くどくなりすぎないようにしています。

≪床を変えるならやっぱりこれ!気になるビフォー・アフターは?≫は次ページへ