写真をファブリックパネルで飾る!その飾り方や自分で手作りする方法は?




スポンサードリンク

写真をファブリックパネルにする時の作り方は?

さて、自分でお気に入りの写真や絵になりそうな写真を飾ってみたくなったらどうしたらパネルにできるでしょうか。意外と簡単にパネルにできますので挑戦してみませんか。

パネルの作り方についてまとめると、発砲スチロールの板の厚さが1cmちょっとあるような厚いものを準備します。それに写真を貼るだけで作ることができて簡単です。

写真は、プリンターで写真用紙に印刷するときれいに出来上がりますのでそれを発砲の板の裏まで折り込んでパネルにします。

写真を印刷するサイズは裏に折り込む分も予定に入れて印刷するようにします。

裏に折り曲げる分と発泡スチロールの厚さの分を足した大きさが必要で、パネルサイズに合わせて曲げ、裏に折り曲げる箇所にはカッターで軽く切り込みを入れておきます。

fabric-panel_02

出典:http://ameblo.jp

また四隅の角などをキャラメルの箱のような折り方または上のような折り方で折り込みます。パネルの四隅の角がきちんと折れているかどうかは大事になります。

発泡スチロールの板に両面テープを貼って写真を折り線に従って折って貼り付ければ完成です。

写真用紙に印刷すればきれいな画質、芸術的な雰囲気に写真が仕上がりますので、それをパネルにすれば記念にもなり、部屋のインテリアにもなります。こんな手作りのファブリックパネルでの写真の飾り方は簡単でおしゃれでおすすめですよ。




スポンサードリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です