ファイル 2016-03-20 19 11 20

2016年3月20日の劇的ビフォーアフターで、山形県の農家に嫁いだ韓国人妻が住んでいる「雪かきしながらトイレにいく家」が放送されました。

今回の山田家は、築109年にもなるそうで、トイレが母屋に無く、冬にトイレに行くには雪かきしながらトイレに行かなければならないそうです。
また、カギも壊れており、つっかえ棒で猫が入らないようにしているだけという家になっていました。

一体どんなリフォームが行われたのでしょうか?

スポンサードリンク

リフォーム前・ビフォーはどんな状態?

ファイル 2016-03-20 19 11 20

4人暮らしにしてはとても広い家になっていて、使っていないスペースがけっこうあるようでした。そのため、思い切ってかなり減築したリフォームになりました。

写真 2016-03-20 19 39 59

また、山形県というとても寒い土地だということで、とにかく暖かい家づくりをキーワードに断熱材を入れたり、薪ストーブを新調したりされていました。

写真 2016-03-20 19 44 08
元々の基礎はこんな感じでした。

写真 2016-03-20 19 44 13
発泡スチロールを敷いた上に基礎コンクリートを打設しました

床面を断熱するだけでなく、屋根や壁面もかなりの断熱を施しています。

写真 2016-03-20 19 45 48
屋根断熱・付加断熱・充填断熱・基礎断熱

厚さ12cmの高性能なグラスウールを使用し、天井にはその断熱を2重重ねにして張られています。内側の壁だけでなく、外側にも断熱材を入れるという「付加断熱」という工法を使い、天井・壁面・床のすべてに手厚い断熱を施しています。

家全体がぐるっと断熱材で囲まれていて、魔法瓶のような家になっているそうです。

そして、室内の暖房設備は、以前と同じく薪ストーブにして、玄関に新しいストーブを設置されていました。
新しい薪ストーブの上部は水槽になっていて、薪ストーブの熱で温めたお湯を土間全体に行き渡らせ、床暖房のような仕組みになっています。

写真 2016-03-20 20 13 08

写真 2016-03-20 20 11 51

床材は高畠石(たかはたいし)という耐火性・保湿性に優れていて、穴が空いてボコボコとした多孔質な部分に蓄熱することができるそうで、暖かさを考えた石材を使っています。

写真 2016-03-20 20 06 42

作った農作物を仕分けするためのスペースとして土間を少し広めに確保し、物の出し入れも楽になるよう、入り口も広く作られています。

写真 2016-03-20 20 30 22

≪リフォームの全貌と費用・この家を作った匠は誰?≫は次ページへ