沖縄・波照間島の赤瓦の古民家「雨も土も降る家」の変身が凄い!【ビフォーアフター】

スポンサードリンク



before

2016年3月6日の劇的ビフォーアフターで、人が住む日本最南端の島である波照間島で、古民家再生のリフォームが行われたそうです。

築56年で、沖縄の伝統的な古民家である赤瓦の家は雨が降るととんでもない雨漏りが起こってしまって困っているそうです。

雨も土も降る家は一体どんなリフォームが行われるのでしょうか?

スポンサードリンク

リフォーム前・ビフォーはどんな状態?

20160306_01

雨が降るととんでもない雨漏りが起こるそうなのですが、その原因は屋根に群生しているアフリカの草が原因のようです。

20160306_02

しかし、日本最南端の島には工務店も資材もないそうで、どうやってリフォームを行ったのか気になるところです。

屋根の状態は相当悪そうで、少し草を抜けば瓦が剥がれるほど脆くなっており、天井からは雨だけでなく土も降ってくる有様なんだそうです。

20160306_03

写真 2016-03-06 19 07 53
小屋裏には雨水が滴り、雨漏りがいろんな場所で発生していました。

写真 2016-03-06 20 24 03
瓦の下まで根が張ってしまった外来種の雑草がびっしり生えています。

写真 2016-03-06 20 24 29
天井はダンボールで補強されていました。

宮里家の広さは72.43㎡で、「伝統的な沖縄の古民家を残したい」という依頼内容でした。

写真 2016-03-06 19 03 03
沖縄独特の間取りですよね。

「雨も土も降る家」のリフォーム後!

やはり沖縄伝統の赤瓦って沖縄らしくていいなと思える回でしたね!
しかし、職人が居ないことや、本土から材料を調達するのにコストがかかって最近は伝統的な赤瓦屋根が減っているという現状に驚きました。

写真 2016-03-06 20 25 57
生えているのは錦蝶(きんちょう)というマダガスカル原産の常緑多肉植物だそうです。

写真 2016-03-06 20 26 01
雌瓦と雄瓦が一体になっているS型瓦を使用されていました。

赤瓦はクチャという粘土質の土から出来ていて、高い吸水性と放熱効果に優れているそうで、実はトタンや和瓦よりも屋根の熱を遮熱する効果が高く、沖縄の暑い気候に合った屋根材なんだそうです。


写真 2016-03-06 20 26 28
元々の沖縄の家の造りに加えて全部開放できるサッシを取り入れました。

写真 2016-03-06 20 26 54
網戸も付けられ、台風の時に活躍するサッシも軽いアルミサッシになりました。

≪今回のリフォームで活躍した職人さんは誰?≫は次ページへ

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です