後編・予算400万DIYリフォーム!廃墟同然のもったいない家【劇的ビフォーアフター】

スポンサードリンク



20160131_02

2016年2月7日のテレビ朝日「大改造!劇的ビフォーアフター」で、廃墟同然の「もったいない家」後編が放送されます。
前回は前編が放送され、かなり低予算で建築材料を手に入れることができていました。

前回のリンクはこちら:!廃墟同然のもったいない家 前編

今回は完結編となりますが、低予算の400万円で築68年の廃墟同然の家が一体どんなリフォームを完成させるのでしょうか?

スポンサードリンク

前回まではどのようなリフォームを行ったの?

前回までに完成したのは、屋根工事(アスベスト除去工事)、床の防湿・コンクリートの打設などの床下防湿工事でした。
古い建物には屋根材にアスベストが使用されていて、その撤去作業にかなりお金がかかっていました。

写真 2016-02-01 7 26 04

アスベストの害が出ないよう確実に作業すると、専門の作業員や処分費用にかなりの金額がかかってしまいますが、健康のためでもあるので、仕方のない出費でした。

現在の使った合計金額は下記のとおりになります。

・アスベスト撤去工事 ¥315,000
・床下防湿工事 ¥44,072
・屋根工事 ¥112,494

現在の合計額 ¥471,566

さて、残り、約350万ほどになりますが、予算内に収まるのでしょうか?
またどんな裏技を使ってDIYするのか楽しみですね。

気になるかたはぜひ放送をチェックしてみてくださいね!

匠の節約術と技術者に助けられた400万円リフォーム

1軒を400万円リフォームということで、やはりいろんな人の協力や自分の力で造るというのがかなり多かったリフォームになりました。

写真 2016-02-07 23 26 27

写真 2016-02-07 23 26 41

自分たちでやれることは何でもやる!ということで、Wエンジンの江藤さんは3日間の講習に通い、アーク溶接の免許を取得、以前に取った免許で重機を使うなど、かなり助けられた部分が多かったように思います。

写真 2016-02-07 23 23 46

その上びっくりさせられたのが、依頼者であるダニエルさんが、電気の配線が出来るということでした。
オーストラリアでの免許を持っているそうですが、簡単な配線は全部自分で通されていました。

写真 2016-02-07 23 02 38

床板の木材も全部一人で組んだり出来るという、かなりすごい旦那さんでしたね。
英会話スクールの教師であり、プログラミングもでき、DIYも本格的に出来る・・・。
自分も頑張れば出来る!というレベルではない気がします。

写真 2016-02-07 23 01 59

ちなみにダニエルさんは子供用のベビーベッドも作られたそうで、かなりの出来栄えにびっくりさせられました。

写真 2016-02-07 23 32 36

≪400万ではもったいない?!海外で活躍する職人が大活躍!≫は次ページへ

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です