出典:https://www.pinterest.jp

カラーボックスの他の使い方として、こんな感じに使うのもおしゃれですよね!
ちょっと三角の屋根をDIYするだけで子供らしいスペースになります。

写真の男の子もカラーボックスの中に椅子を置いて座っていますが、子供って結構狭いところ好きですよね(笑)


出典:https://www.pinterest.jp

カラーボックスを窓際にうまく配置して、収納スペースとソファーを作った例です。
狭いスペースでもカラーボックスをうまく使いこなしていますよね!


出典:https://www.pinterest.jp

こうやって、長いソファー兼収納スペースを作るのもいいですよね!
家具を低いもので揃えることで部屋を広く見せることが出来るんですが、低い家具だけだと収納スペースが足りないことがありますよね。
しかし、こうやってたくさん並べることで大容量の収納を確保できますね。

スポンサードリンク


出典:http://roomclip.jp

こちらもカラーボックスを使った例です。
カラーボックスは、私も子供のために買いましたが、とてもおすすめのアイテムです。
子供はどんどん高いところに手が届くようになるので、高さがあるカラーボックスの上の方に触られて困るものを置いたりしていました。
ベビーの時は横置きにして、つかまり立ちが始まったら縦置きにするのがおすすめです。


出典:https://www.pinterest.jp

お客さんがよく来るから、子どもスペースはさっとしまいたいという方にオススメのアイデアです。
トランクひとつを買って、その中を子供のおもちゃ入れとして使う方法です。

掃除するときもこの中に入れて移動してしまえば簡単なのでおすすめです。

出典:https://roomclip.jp

ベビーベッドの下にかさ張るおむつなどの日用品を置いて収納スペースにしてみましょう。
この中に置いておけば、赤ちゃんがイタズラすることも出来ないので一石二鳥です。

ベビーベッドも木製のこんな雰囲気のあるものでしたら、北欧の雰囲気も漂い素敵です。
サークルの形も木の雰囲気もかわいい感じで、北欧風に色をナチュラルな色だけに抑えているのも安らぐインテリア性の高い空間を作っています。