赤ちゃんサークル(ベビーサークル)おすすめ6選

せっかく可愛い写真を撮ってSNSやネットで公開しようと思ったのに写りこんでしまう部屋の背景が残念!というのは悲しいですよね。
長く使うものになるので、出来れば部屋のインテリアにあったものにしたいものです。そこで厳選してベビーサークルを選んでみました。

私が買ったベビーサークル

この赤ちゃんサークルは本当に使い勝手が良いです!

赤ちゃんサークルは小さめのものよりも大きいものを買った方が良いです。
なぜなら少し成長するとサークルから抜け出したがってサークルから身を乗り出して泣き叫び、結局サークルの外で遊んでいる…という事になってしまうからです。

赤ちゃんをサークルの中で遊ばせるというより、触ってほしくないテレビやパソコン・暖房器具・ゴミ箱などを囲っておくほうが私の場合は良かったです。
たとえば、こんな感じです。

出典:roomclip

こちらのサークルは形が自由に変えられるんです。
ゆっくりご飯を食べたい時は、私がこのサークルの中に入って食べていました(笑)
あと、これを選んだ一番の理由ですが、シンプルな白のサークルがほしかったんですよね。
長く使うものなので、子供っぽいものではなく部屋に馴染むようなシンプルなものが個人的には気にいっています。

こちらも形が変えられるという点でオススメです。

このベビーサークルは折りたたみもできます!私的には白や茶色のサークルがあればなぁと思ったりしますが、折りたたみしたい方にはこちらが良さそうです。
こちらも自由に形が変えられるようです。


出典:https://item.rakuten.co.jp/

こちらは自立する木製のパーティションです。

間仕切りとして使えるので、部屋によってはこういうタイプを選んだほうが使い勝手がいい場合もあります。
ちょっとお値段が高いのが気になるところですが…^^:

スポンサードリンク

可愛らしいデザインのベビーサークルでおすすめなのが、こちらです

こちらは可愛らしいデザインだけでなく、パネルを組み合わせて自由に形を変えられるところが良いですね!


出典:https://item.rakuten.co.jp

このベビーサークルは今まで紹介した中でも1番自由に形が変えられるのではないでしょうか?
成長に合わせてサークルのサイズを変えたり出来るのはなかなか使い勝手が良さそうです。

こちらは、ベッドマットにもなり、赤ちゃんサークルにもなるという優れものです。

こちらも似たような機能ですがデザインが違います。

大きくなって歩けるようになった頃にサークルとして使うのは難しいかもしれませんが、マットは大きくなってもずっと使えるので良いですよね!

私も一番上で紹介したこのサークルと別にこのサイズピッタリのマットを購入していますが、これも買ってよかったものの1つです。

部屋によってはジョイントマットのほうが使い勝手がいい方もいらっしゃると思いますが、掃除したりする時に簡単に動かせたりするところがすごく良かったです。
はいはいの時から、今現在の1歳半までかなり役に立ちましたし、まだまだこれからもお世話になると思います。

なにより値段の安さも大事でした^^10,000円以内はベビーサークルではお手頃価格だと思います。

ベビーサークルを選ぶポイントとは?

意外と長く使うものなので、成長に合わせてサイズを変更できるものがおすすめです!
インテリア好きにの私にとっては子供っぽいカラフルなものよりもインテリアに合った白や茶色、黒などのシンプルなものがもっと増えてほしいなと思います。